FC2ブログ

ガンバロウ福大!行政の「結」

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震に端を発する東日本大震災をきっかけに、福島大学行政政策学類の教員有志でブログを開始しました。福大行政に関わる情報共有・情報発信の場として、このブログが、読者のみなさんとわたしたちの、また、みなさん同士の結節点になれば嬉しいなと考えています。一緒に手を携えて、この難局を乗り切っていきましょう。     (2012年3月26日記)

大学のゼミ(演習)ってなあに?―千葉大との合同合宿

 昼の震災対策室から大黒です。こんにちは。
 新入生のみなさんに(そしてそのご家族の方にも)、最も大学らしい授業である「ゼミ(演習)」についてお知らせします。
 ゼミではどんなことをするのかについて、去年の新入生に書いてもらいました(高畑くん、年取ったね~、いや、成長したね~!)。
 行政政策学類では、1年から4年まですべての学生さんが、「ゼミ(演習)」に所属することになっています。
 ゼミは教員ごとに開かれており、それぞれのゼミには1年間共通のテーマがあって、学生さんはそのテーマや担当教員のなかから、自分の興味にあったゼミを選択することになってます。
 高校の「クラス」のような存在ですが、大学のゼミでは、教員ではなく学生さんが中心になって運営されます。
 本を読んで討論したり、一緒にフィールドワークに出かけたり、飲みに行ったり…学生生活はゼミを中心に回っていくといっても過言ではありません。
 ゼミをいかに楽しい場にできるか=キャンパスライフをどれだけ楽しく意義あるものにできるか、です。
 では、高畑くん(たまごちゃん)、お願いします!

******

新入生の皆さんこんにちは!
そうでない方もこんにちは!
僕は昨年度、大黒ゼミ1年だった高畑です。

僕たちのゼミは人数が24人と多く(そのうち2人はドイツからの留学生!)、1つのテーマに基づいてゼミを4班に分割し、それぞれ活動を行っていくという形式で授業が進められてきました。

僕たちのゼミのテーマとは、『お金を介さない人との交流』!ばばん!!

例えば、ご近所づきあいや地域の付き合いなど、お金を使ったものではない交流を探していこう。
そこから僕たちの抱える問題の新しい解決策を見つけることはできないだろうか?
お金を介さない人々の交流を生かして、社会をよりよく変えていく…
そして「偉大な革命家」になろう!
そんなトッピョーシもないテーマだったのです。
そんな感じでしたっけ?
説明が違っていたらごめんなさい、たろうさん!笑

僕は4班に分けられたうちの1つ、『千葉大班』に所属していました。
『千葉大班』の役割とは大黒ゼミの学生と千葉大学の学生さんとの交流を深めるための計画やイベントを考える重要なポジションだったと自負しています。(自画自賛)

僕たちは、昨年8月に千葉大学・法経学部1年・魚住ゼミの学生さんを福島へ招いて合同合宿を行い、そのなかで、お互い共通のテーマで問題を提起・意見交換などを発表する勉強会を行いました。

seminar.jpg

このときの共通テーマは『地域の問題』で、僕たちは『遊休農地』に焦点を当てた発表を行いました。
このときのレジュメの冒頭を紹介しますと

私たちの選んだ「地域の問題」=遊休農地の拡大に私たちとしてどう取り組むか?
  選んだ理由・福島県は遊休農地(耕作放棄地)面積日本一(以下参照)
       ・「遊休農地」の拡大は多様な「地域の問題」を集約的にあらわす問題
       ・福島や東北地区だけの問題ではない全国的な課題(千葉との比較も)
       ・ゼミの多様な活動を紹介できる
(引用元:合同ゼミ合宿資料『UQ脳値 ~ゼミの生活の脆弱化と再建に向けて 2010.夏~』)

という感じです。なんとなく大学生っぽいでしょうか?

このような勉強会も、合宿全体のなかではその実3割、残り7割は遊びでした!WAO!!

安達太良山のふもとにあるコテージ・キャンプ場、『フォレストパークあだたら』での合同合宿↓

cooking.jpg
(みんなで料理中)

semai.jpg
(狭い…食事中)

鬼ごっこ

jikosyokai.jpg
(自己紹介中)

学類の重要会議が開かれるはずの大会議室の音響の良さを生かした映画鑑賞(言っていいのかな?)

浄土平登山↓

yamanobori.jpg
(山登り下から)

azumayama.jpg
(山登り開始90分後)

goshikinuma.jpg
(美しい五色沼)

chibadaiikemens.jpg
(下山後の千葉大ikemens、隠し撮り)

桃狩り↓

momo.jpg
(桃狩り)

などなど、イベントを通じて交流を深めることができ、有意義なものになったんじゃないかなー、と思っています。

僕たち千葉大班の活動はその他にも、事前に千葉大学へ合宿の打ち合わせに行き(=ディズニーシーを見学しました!)、
その旅費を稼ぐために、大学祭でおからドーナツ(地元金谷川さんの大豆を使った豆腐作りでできたおからを使っています!…すごい売れました!)を販売したりもしました。
もちろんゼミのみんなの協力あってですが。

以上が『千葉大班』の活動です。
こんなちゃらんぽらんな説明で大丈夫だったでしょうか?

遊んでばかりな部分をピックアップして書きましたが、僕たちの直面している問題に楽しんで取り組めるというのは、本当に貴重な経験だったと思っています。

この1年間で僕が感じたことです。
高校生までは教科書の問題に取り組むことが主でしたが、
少なくとも僕たちの取り組んできたテーマに模範解答は存在しないものであり、
それに対して『大学生としていかに取り組むか』ということを考えるのは、
とても新鮮でやりがいのあることだということです。

今回は『千葉大班』しか紹介できませんでしたが、その他の『藤巻班』、『遊休農地班』、『郷土料理班』も素晴らしい活動を行っていました。

拙い文章でしたが、読んでいただきありがとうございました。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://311gyosei.blog39.fc2.com/tb.php/97-922ef8eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)