FC2ブログ

ガンバロウ福大!行政の「結」

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震に端を発する東日本大震災をきっかけに、福島大学行政政策学類の教員有志でブログを開始しました。福大行政に関わる情報共有・情報発信の場として、このブログが、読者のみなさんとわたしたちの、また、みなさん同士の結節点になれば嬉しいなと考えています。一緒に手を携えて、この難局を乗り切っていきましょう。     (2012年3月26日記)

震災対策室の取り組み③―学生のメンタル・ヘルスをどう守るか

昼の震災対策室から大黒です。こんにちは。

今日の震災対策室は、奈良県からお客さんをお迎えしました!
佛教大学福祉教育開発センターの泉洋一先生です。

「私は現場の人間ですから」という言葉を何度も口にされましたが、私たちへのアドバイスは、どれも現場の悩みに寄り添う姿勢に貫かれていました。

泉先生は、ご自身や所属大学が今後福島県内でどのような活動ができるのかを調査に来られたのですが、私たち行政政策学類震災対策室のために、特別にお時間をとっていただきました。

izumisensei.jpg
(右端が泉先生、左にはひろやすと新村さんですね)

阪神大震災後の被災者や学生に対するメンタルケアのご経験から、今回の震災と原発事故後の学生や教職員のメンタルヘルスをどう守ればいいのか、アドバイスをいただくためです。

私たち教職員も学生さんも、「1000年に一度」の大震災と「絶対にあり得ない」といわれてきた原発事故という、これまで誰も経験したことのない未曾有の現実のなかにあります。
非日常的な事態のなかで、誰もが大きなストレスを抱えています。
そんな学生さんに直接かかわるものとして、教員が気をつけておくべきこと…それを学ぶことが今日の目的です。

人それぞれの受け止め方があるでしょうが、僕個人にとって印象に残ったアドバイスをいくつかご紹介します。

①初対面で教員と学生との間の信頼関係の構築が最優先課題の場合、学生の体験や意見を聞きだそうとするのではなく、まず最初に自分自身のことを話をするのが良い→ゼミの友人や教員に「ここまで話をしてもいいんだよ」というメッセージを送るとともに、相互の信頼関係を作ることが大切

②放射線の影響や原発の状況について、断固とした強い意見を言わないほうが良い→教員が抱えている不安についても率直に話をして、その問題をどう考え今後関わっていけばいいのか、一緒に考え行動していこうというスタンスが大切

③学生は集団として扱わないほうがよい→学生は過去の経験、今いる段階、そして現実を受け止める力といった点で多様であり、個別的な対応が大切

④「非日常」から「日常」にどう戻るのかを考える→笑いを抑えた生活から笑いのある日常へ、将来に対する不安から「今やらなければいけないこと」へと意識を向けることの大切さ

もっと大切なアドバイスもありましたが、優しい口調で話される先生の言葉は、とてもシンプルでありながら常に説得力にあふれたものでした。

上記のものを含め先生の貴重なアドバイスは、今後の授業や、震災後に大学生活を送るみなさんとのかかわりのなかで活かしていくことになっています。

最後に…

泉先生は、私たち震災対策室メンバー自身のメンタルヘルスにももっと目を向けるよう、アドバイスされました。
私たちが被災者の一人であること、そして、震災後の長期にわたるストレスのなかで支援を必要とする存在であることを指摘していただきました。
「足湯隊」(ご存知ですか?)や「マッサージ支援」など、積極的にボランティアによる支援をお願いするなどしてはいかがですか、とのアドバイスは、それだけで私たちの心も癒しました。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://311gyosei.blog39.fc2.com/tb.php/92-4f59c84b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)