FC2ブログ

ガンバロウ福大!行政の「結」

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震に端を発する東日本大震災をきっかけに、福島大学行政政策学類の教員有志でブログを開始しました。福大行政に関わる情報共有・情報発信の場として、このブログが、読者のみなさんとわたしたちの、また、みなさん同士の結節点になれば嬉しいなと考えています。一緒に手を携えて、この難局を乗り切っていきましょう。     (2012年3月26日記)

国内フィールドワーク実習~Sさんに聞いてみよう!

夜室長のひろやすです。こんにちは。
以前紹介された「海外フィールドワーク実習」と同じく、2010年度よりスタートしたアクティブ科目の一つに、「国内フィールドワーク」という授業があります。
昨年度始まったばかりの授業科目なので、今日は新入生のみなさんに(もちろん在学中のみなさんにも)、この授業の紹介をしたいと思います。
2010年度の授業について、本日はフィールドワークに参加したSさんに授業の概要や感想、意気込みについて伺ってみましょう。
質問者は、ひろやすゼミTさんと次期ひろやすゼミ長候補Kくんです。

*****

T:Sさん!「国内フィールドワーク実習」って簡単にいうと、何をする科目なんですか?

S:行政政策学類には、実習や演習で県内外の現場から学ぶ科目が数多くありますが、もう少し遠隔地で、ヒアリング、現地視察などを行う科目です。昨年度は、ひろやすゼミが企画して、教員2名、学生4名が参加しました。

K:学生が主体で企画・実施します。先生も学生に負けじと頑張っていたけどね。

カメラマンひろやす
(がんばるひろやす)

T:2010年度はどのようなテーマで、どんなことを調査したのですか?
S:「歴史的景観と生活の景観の関わり」をテーマに、裁判で争われている「鞆の浦」の埋立架橋紛争を調査してきました。

埋立架橋計画の場所
(埋立架橋計画の場所1)

埋立架橋計画の場所2
(埋立架橋計画の場所2)

K:でも調査だけではなく、いろいろお楽しみも。世界文化遺産の厳島神社にも行って、シカと遊んできました。

厳島神社にて
(厳島神社にて)

T:「鞆の浦」ってどんなところなんですか?

S:映画『崖の上のポニョ』の舞台になった広島県福山市にある歴史的建物が残る港町です。

鞆の浦を一望する
(鞆の浦を一望する)

展望台に続く坂道
(展望台に続く坂道)

K:こーすけ、だーいすき。あっ、ぼくキョースケ。

T:具体的にはいつ何をしてきたのですか??

S: 9月29日~10月3日まで、現地で聞き取り調査をしてきました。架橋案推進派である福山市役所、推進派反対派それぞれの住民の方々、訴訟を担当した弁護士さんにお話を伺ってきました。

福山市役所でのヒアリング
(福山市役所でのヒアリング)

K:緊張したよね。

T:実際、現地に赴いたからこそ発見できたことってありますか??

S:新聞やテレビなどに載る情報と現地で主張される「生の声」には違いがあるということが分かりました。

T:「国内フィールドワーク」全体の感想をお願いします。

S:ヒアリング調査の質問項目を考えたり、鞆の浦の景観訴訟の判例を読んだりと、現地に行く前の下準備が大変でした。帰ってきてからの学生論集『嶺風』の執筆も大変でしたね。でも、とても貴重な経験になりました。現地にいって、当事者の方々に直接お話を聞く機会なんて滅多にありませんからね。何事からでも学べることは多いんだなぁということを実感しました。

K:タヌキに襲われちゃったのも良い思い出だよね。

タヌキをからかうやきのり先生。このあとタヌキの逆襲が
(タヌキをからかうやきのり先生。このあとタヌキの逆襲が…)

T:ところで、参加するには条件があるのでしょうか??

S:2年生以上であれば、誰でもOKです。

K:君も是非参加しよう。新しい未来を切り開くのは君だ!

T:2011年度はどのような予定ですか?

S:その年によって、国内フィールドワークのテーマや数は変わりますが、今年はは、「農村景観」をテーマに、国内の「どこか」に調査しに行く予定です。楽しみですね。

K:どこかって内緒なの? 僕も一緒に行くので期待してください。

T:そーですね。そこそこに期待しています。それでは最後に、この記事を読んでいる皆さんに一言お願いします。

S:今この原稿を書いている「コラッセふくしま」展望ラウンジは、福島の盆地ぶりを堪能できるオススメの場所です。皆さんも是非。

K:山だ!山田!

T:どうしていきなりオススメスポットの話をしたのか真意は不明ですが、Sさんありがとうございました。以上、「Sさんに聞いてみよう」でした。

鞆の浦の象徴「常夜灯」
(鞆の浦の象徴「常夜灯」にて)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://311gyosei.blog39.fc2.com/tb.php/88-1e3fa9dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)