FC2ブログ

ガンバロウ福大!行政の「結」

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震に端を発する東日本大震災をきっかけに、福島大学行政政策学類の教員有志でブログを開始しました。福大行政に関わる情報共有・情報発信の場として、このブログが、読者のみなさんとわたしたちの、また、みなさん同士の結節点になれば嬉しいなと考えています。一緒に手を携えて、この難局を乗り切っていきましょう。     (2012年3月26日記)

震災からのフィールドワーク

 こんにちは。行政政策学類教員の今西です。
 在学生・卒業生のみなさん、元気に過ごしていますか。
 そして新入生のみなさん、若干早めですが、ご入学おめでとうございます。
 キャンパスでお目にかかることを楽しみにしています。

 自分は福島市内の自宅が被害を受け、仮住まい先を渡り歩いたりしながら、この40日あまりを過ごしてきました。応急危険度判定を受けたり、罹災証明を申請したり、なかなか得難い経験をしました。社会調査論を担当していますが、主な研究テーマが都市計画ということもあって、この被災体験は研究にも通じる(自虐的な?)フィールドワークであったように思います。

 自分に限らず3月11日からの日々は、一人一人にとって重みのあるフィールドワークなのかも知れません。思い出したくない記憶を無理に呼び戻すことはないと思いますが、この日々を後々でも意味づけることが、本来ある「あたりまえ」の日々を見つめる手がかりになるはずです。

 この一人一人がすべき営みに、大学による「研究」や「支援」がどのように関わればよいのかということには、自分もまだよく考えがまとまりません。とりわけ、激甚な被害を受けた被災者との関わりは慎重にあるべきだと思います。道程は長くとも、復旧・復興は被災者自らの手に委ねられるべきだと思うからです。行政政策学類のスタッフも県内をはじめ、地域の復旧・復興に関わろうとしています。自分も都市計画を中心として何をすべきなのか、あるいは何をすべきではないのか、考える日々を過ごしています。

 去る4月18日、相馬市と新地町の被災状況を目にする機会を得ました。特に新地町では加藤憲郎町長に時間をいただき、詳しく状況説明をしていただくとともに今後の課題についてうかがいました。特に、これからの新地町を担っていく世代にこそ、復興のための計画づくりの中心的な役割を任せていきたいと話されていたことが印象的でした。「研究」や「支援」が前面に出るのではなく、そうした地域から立ち直ろうとする意欲を大切にしていくことを忘れずにいたいと思いました。

shinchi1.jpg
(加藤町長に説明をうかがっているところです。)

 相馬市や新地町には、震災以前にも仕事や観光で出かけたことがあります。その時に目にした風景が失われたことには心が痛みました。しかし、失われた風景のなかにこそ復旧・復興の手がかりがあるはずです。被災の現場に学びながら、この震災からのフィールドワークを続けていきたいと思います。

shinchi2.jpg
(新地町釣師浜海水浴場の近くで。)

 この4月18日の記録は自分のブログにも詳しく書きました。よろしかったらのぞいてみてください。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://311gyosei.blog39.fc2.com/tb.php/70-cdb0201f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)