FC2ブログ

ガンバロウ福大!行政の「結」

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震に端を発する東日本大震災をきっかけに、福島大学行政政策学類の教員有志でブログを開始しました。福大行政に関わる情報共有・情報発信の場として、このブログが、読者のみなさんとわたしたちの、また、みなさん同士の結節点になれば嬉しいなと考えています。一緒に手を携えて、この難局を乗り切っていきましょう。     (2012年3月26日記)

「ひろやすの部屋♪」~故郷女川の復興に向けて…今野順夫さんに聞く3(終)

○(ひろやす)今回の震災に対して、大学としてできることは何でしょうか?
(今野)どうしたらいいかすぐには思い浮かびません。自分の専門のことばかり考えていると狭くなるでしょう。被災した方々に寄り添っていて、向こうからどうしたらよいかと聞かれるくらいの信頼関係がないといけませんね。基本は人と人との関係ですから。

福島大学では、「うつくしまふくしま未来研究センター」を立ち上げるようですが、名前は福島でももっと大きく東北を視野に入れてほしいですね。僕は東北大学の出身だけど、残念ながら、東北大学は国際的なことには関心があるけれど地方に目が向いていない。そうであれば、私たちが東北の各大学と協力し合って、東北の自立や自治のあり方を考えていく必要があるのではないでしょうか。

いつまでも中央に考えてもらってありがたく頂戴しているだけではダメです。それでは東北はいつまでたっても自立をしません。地元で苦労している人たちの質を向上させること、地元の人が考え発信する能力をつけることが大切ですし、大学はその役割を担っています。

女川町の小中学校では、震災の3日後の3月13日には授業を始め、入学式も行いました。福大出身の教員がいて頑張っているようです。できれば、卒業生を中心としながら、東北地方の公務員のネットワークをつくりたいですね。基礎自治体のネットワークをつくり、教員、教員OB、卒業生や自治体が連携していくことが重要だと思います。

女川について言えば、皆がいられるような、出て行った人も戻って来られるようなまちづくりが大切だと思います。住居だけではなく、そこに住み続けることができる産業をつくっていくことが必要です。

いま大震災は大きく取り上げられていますが、1年後はどうでしょうか。次第に忘れられてしまうかもしれませんが、復興には何年も何十年もかかるでしょう。息の長い支援が必要です。でも、女川町を、福島を、東北を復興させていくことが、亡くなった方々の無念さの供養になるのだと思います。

*******

〔インタビューを終えて〕

前学長というとなんだか気難しい人のようですが、今野さんは気さくでいつも笑顔を絶やしません。大震災では何人もの親族を亡くされ、その悲しみはいかばかりかと思うのですが、何度もふるさと女川に通って物資と元気を届けています。
最後に、今野さんが講演会で子どもたちに語った「ハチドリのひとしずく」という詩を紹介しておきましょう。

 森が燃えていました
 森の生き物たちは われ先にと 逃げていきました
 でもクリキンディという名の ハチドリだけは
 いったりきたり くちばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは
 火の上に落としていきます
 動物たちがそれを見て
 「そんなことをして いったい何になるんだ」
 といって笑います
 クリキンディは こう答えました
 「私は、私にできることをしているだけ」

 今野さんも、女川の復興のために、「ハチドリ」のように、「ひとしずく」を運び続けているんですね。きっと多くの森の仲間が集まってくれますよ。がんばっぺ今野さん!

女川写真


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://311gyosei.blog39.fc2.com/tb.php/67-2597b4f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)