FC2ブログ

ガンバロウ福大!行政の「結」

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震に端を発する東日本大震災をきっかけに、福島大学行政政策学類の教員有志でブログを開始しました。福大行政に関わる情報共有・情報発信の場として、このブログが、読者のみなさんとわたしたちの、また、みなさん同士の結節点になれば嬉しいなと考えています。一緒に手を携えて、この難局を乗り切っていきましょう。     (2012年3月26日記)

海外フィールドワーク実習~「オーストラリアの最新エコ事情」

 昼の震災対策室より、大黒です。こんにちは。
 行政政策学類には、他学類にはない特色ある授業がたくさんあります。
 新入生のみなさんに、少しずつご紹介します!

 まずは「海外フィールドワーク実習」です。2010年度に、「オーストラリアの最新エコ事情」をテーマに授業を担当した、村上さんに紹介してもらっちゃうぜ!
 そうそう、この実習は、毎年テーマや対象地域を変えて開かれ、2年生以上なら誰でも参加できます!

*****

2010年度より、海外の現場に出向いて調査を行う「海外フィールドワーク」が始まりました。初の海外調査地として、オーストラリア連邦クィーンズランド州の州都、ブリスベンとゴールドコースト周辺を選び、「オーストラリアの最新エコ事情」をテーマに調査しました。

現地に行く前に、「有機農場」、「国立公園」、そして「エコツーリズム」を調査する3班を編成、月に1度のペースで打ち合わせを行い、事前調査で得た情報を交換しました。また、裏磐梯国立公園でも調査を実施、ヒアリング対象者には予め質問事項を送るなどもしました。

urabandai.jpg
(国立公園裏磐梯ビジターセンター)

入念な事前調査を経て、2011年2月、7泊8日の日程でオーストラリアへ出発、ブリスベンでは郊外の有機農場を見学、農薬や科学肥料による健康被害や土壌汚染の実態を聴き、有機による土壌作りの大切さについて学びました。

有機農場
(有機農場のオーナー、バウアーさんの説明を聞く)

国際的なリゾート地として名高いゴールドコーストでは、エコリゾートを訪問、窓を閉めないとエアコンが作動しないなど、環境に対する細やかな配慮がされた施設を体験しました。

cooling and heating
(cooling and heating、クーラーの使い方、分かる?)

もちろん、エコの知識だけではなく、自然の雄大さも実体験してきました!

kaigandeasobu.jpg
(大自然体感中!)

さらに、世界遺産であるスプリングブルック国立公園を、エコガイドの詳しい解説と共に4キロほど歩きました。休憩時間にも多くの質問を尋ねるなど、現地でしかできない充実した調査ができました。

スプリングブルック国立公園
(スプリングブルック国立公園で、エコツアーガイドの説明を聞く)

*****

 今年度の「海外フィールドワーク実習」は、私こと、ピンクたろうが担当する、ドイツです。
 1年生はドイツ語勉強してね。
 そうだ、最後におまけの写真一枚。飛べない鳥でも上品に座れます、僕はエミューです。

エミュー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://311gyosei.blog39.fc2.com/tb.php/59-575aae0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)