FC2ブログ

ガンバロウ福大!行政の「結」

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震に端を発する東日本大震災をきっかけに、福島大学行政政策学類の教員有志でブログを開始しました。福大行政に関わる情報共有・情報発信の場として、このブログが、読者のみなさんとわたしたちの、また、みなさん同士の結節点になれば嬉しいなと考えています。一緒に手を携えて、この難局を乗り切っていきましょう。     (2012年3月26日記)

「在学生の今」Ⅴ~「福Love」の子どもたち…佐々木専門演習4年

 昼の震災対策室より大黒です。こんにちは。
 在学生の活躍を伝える人気コーナー「在学生の今」はパートⅤになりました。
 今日は、あづま運動公園の避難所で活動する「福Love」の佐々木専門演習4年生に記事を書いていただきました。
 そんなことは一言も書かれてありませんが、4年生として、就職活動のことも気になりながらの活動なのではないでしょうか…それでもやろう!、という気持ちに頭が下がります。
 とはいえ、写真を見てると、子どもたちの笑顔、いいですよね~。こんな笑顔を見てると…学生のみなさんががんばっている理由がよくわかります。
 「応援してるよ!」
 ドナルドとプラッチュが、となりではしゃいでいます。

****
 
みなさんこんにちは。
震災から1ヶ月以上が経ちましたが、いかがお過ごしでしょうか。
私は行政政策学類4年の者です。「在学生の今」ということでこのような場にブログとして書かせて頂けることに感謝いたします。

私は福Loveという福島復興支援ボランティア団体で活動しております。

福島をもっと愛そう、そして県外だけでなく世界中の人に福島を愛してもらおうといったコンセプトのもと、大学生や若者を中心としたメンバーが集まり結成されました。

現在は避難所にいる方々の支援を重点的に行っていて、中でもあづま運動公園の避難所を中心に活動しています。

例えば4月13日は、避難している子どもたちを集めてサッカーや鬼ごっこを行いました。

あづまの子どもたちは元気いっぱい!

azuma.jpg

顔見知りの子から、初めて接する子まで一緒に遊んでくれました!

紹介はこの辺にして…この活動を通して小さな子どもからお年寄りまで、被災者の貴重な生の声を聴くことができました。

印象に残ったものを一つご紹介します。

浜通りからあづま運動公園に避難されている年配の方のお話しです。


4月の上旬のことです。

その方はあづま運動公園~まちなかをつなぐ無料のシャトルバスで買い物をしに来た方で、私はその方にまちなかを案内しながら買い物に同行させて頂きました。

「今一番欲しいものは」と尋ねると「お惣菜」とお答えになりました。

避難所の配給は、ごはんや菓子パンなどの炭水化物がメインで、あまりおかずが配られないそうなのです。

なので、私たちはまちなかのお惣菜屋さんに行きました。

私は買い物が終わるまで外で待っていました。

やがて数分もしないうちにその方はお店から出てきました。

私は「たくさん買えましたか?」と尋ねました。

もちろんお惣菜が足りないということだったので、たくさん購入して、ごはんの足しにするのかと思っていました。

気温もあまり高くないですし、いっぱい買っても日持ちするだろうと。

しかし返ってきた答えは違いました。

「最初はいっぱい買って帰ろうと思っていたけど、避難所の隣の人やご近所に申し訳なくなってあまり買わなかった。隠れて食べるのも忍びない。」

その方の手には小さいパックに入ったお惣菜がありました。

一刻も早く避難所の皆さんが落ち着いて暮らせる場所が必要だと思います。

現在、あづま運動公園には700人以上の被災者の方が住んでいます。

だいぶ人数は減りましたが、この先まったく見通しがたっていないという方もいます。

その方たちの気分が少しでもほぐれたり、少しでも楽しみを見つけられるように、自分のできる範囲でやれることを積極的に行っていきたいと思います。

拙い文章ですが、読んでくださった方ありがとうございました。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://311gyosei.blog39.fc2.com/tb.php/57-a8df2a33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)