FC2ブログ

ガンバロウ福大!行政の「結」

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震に端を発する東日本大震災をきっかけに、福島大学行政政策学類の教員有志でブログを開始しました。福大行政に関わる情報共有・情報発信の場として、このブログが、読者のみなさんとわたしたちの、また、みなさん同士の結節点になれば嬉しいなと考えています。一緒に手を携えて、この難局を乗り切っていきましょう。     (2012年3月26日記)

「在学生の今」Ⅲ~新潟でのボランティア活動…大黒教養演習1年

 こんにちは。昼の震災対策室から大黒です。
 人気シリーズ、「在学生の今」第三弾は、この4月から2年生(地域と行政専攻)になった方に書いていただきました。ボランティア活動は、被災地だけのものではないことがよくわかります。
 ボランティア活動だけではありません。みなさんの「今」を伝えられる記事をこれからも掲載します。
 うちの学類生はみなさん遠慮深い方のようなので、活動を自己申告してくれる人が少ないんです!友人で、「こんな面白そうな活動をしている人がいます!」ということがあれば、ぜひ「プロフィール」にあるメールアドレスまでお知らせください!「オレンジやきのり」か「ピンクたろう」が本人に直接取材依頼をします。
 みなさんのコメントもお願いします。

*********

 福島大学2年で行政の学生です。
 僕は地震のあと実家のある新潟に帰ってきました。数日後、避難区域に指定された場所に住んでいる方たちが自分の近所にも避難してきました。

 それから少しでも力になりたいと思いボランティアをはじめました。

 最初は支援物資を運搬したり掃除などの単純な作業でした。少し落ち着いてきたら各避難所を巡回して子供の相手をしたり被災者の方の話を聞いたりしました。
 被災者の方は顔にはあまり辛さはだしませんでしたがこれからどうしたらいいか分からないのが現状だそうです。慣れない環境でかなりストレスを感じているようでした。

 子供も友達と別れたり、学校に行けないことから少し行動や言動が激しくなっていることを感じました。

 新潟の地震でもそうでしたが震災による心のケアが大切だと思いました。

 津波の被害を受けた所に比べたら自分していることは自己満足かもしれません。しかし、避難所にも解決していくべき問題があることがわかりました。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://311gyosei.blog39.fc2.com/tb.php/48-2322d28b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)