FC2ブログ

ガンバロウ福大!行政の「結」

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震に端を発する東日本大震災をきっかけに、福島大学行政政策学類の教員有志でブログを開始しました。福大行政に関わる情報共有・情報発信の場として、このブログが、読者のみなさんとわたしたちの、また、みなさん同士の結節点になれば嬉しいなと考えています。一緒に手を携えて、この難局を乗り切っていきましょう。     (2012年3月26日記)

「在学生の今」Ⅰ~大船渡での活動…大黒教養演習1年

 おはようございます。震災対策室の大黒です。
 これまでのブログ記事は、震災対策室メンバーの教員が作成していましたが、今後、少しずつ学生のみなさんや卒業生、そして新入生などにも、記事を書いてもらおうと思っています。
 いま各地にいるみなさんが、今どんなことをしているのか、どんなことを考えているのか、をお伝えします。
 もちろん、それぞれの記事をどう読むかはみなさんの自由です。「何かしたいけど、どうしていいのか分からない」という方の参考になることもあるかもしれないですし、「なるほど、そういう考え方もあるのか~」、という発見につながることもあるかもしれません。ただただ記事として面白かった(あるいはつまんなかった)、という感想でもいいと思います。
 誤解されることもあるのですが、こういう記事を掲載しているからといって、今、何かの活動、たとえば「ボランティア」などを薦めているというわけではありません。まさにドナルドの言っている通りです。
 日常生活では、いろんなしがらみがあってできないことがたくさんあります。しかし、震災と原発事故という状況のなかで私たちの活動には大きな制約がある一方で、こんな時期だからこそなんでも許される、やりたいと思うことを精いっぱいできるという側面もあります。もちろんボランティア活動もそうですが、仕事を精いっぱいする、勉強や試験対策に集中する、懐かしい友人に会いに行く、海外旅行で見聞を広めてくる、歌を歌う、できるだけ休養をとる、就職活動をする…などなど、今できることはたくさんあります。そしてどんな「今できること」にも、日本や福島の今の現状が、小さくとも何らかの形で反映されているのではないでしょうか。
 このブログでは、そんなみなさんの「今」を、できるだけ幅広く、多様に、お伝えできればと思っています。

 今日は、今回の震災で甚大な被害を受けた岩手県大船渡市出身の大黒教養演習の1年(今度から2年地域と行政専攻)生に書いてもらった記事をアップします。今回は画像がありませんが、また改めて送られてきたときには、掲載したいと思います。みなさんからのコメントをお願いします!

************

 僕は岩手県大船渡市出身です。今回の震災ではちょうど実家にいたので、地震・津波の被害を受けた市の様子を今まで見てきました。がれきや廃材は徐々に撤去され、少しずつ前へ進んでいます。

 その中で僕が今までやってきたことは、物資の搬入・積み込み・整理や、がれきの撤去や家具の移動の手伝いなどの市のボランティアになるのですが、先日の内容を少し紹介したいと思います。

 朝、友達と社会福祉保険センターで受付をすませると、案内を受けて被害を受けた家に行き、そこの家主の指示に従って、浸からなかったタンスやクローゼットを別の建物の2階に移しました。そしてそれが終わると保険センターに戻り、また指示を受けて移動しました。次は雇用促進住宅でがれきを指示されたところに移しました。しかし、行ってすぐに作業が終わり、また保険センターに戻りました。それでその日の作業は終わりました。

 次に、ボランティアをやってきて感じたことは、今回のような震災時には行政の役割というものが非常に大きいということです。

 震災から数日後に市役所で物資の整理・積み降ろしを手伝ったとき、現場ではあまり雰囲気がよくありませんでした。誰も体験したことがないような非常事態の中、冷静に余裕をもって行動し続けられる人なんていないと思いますし、それぞれ様々な家庭・勤務事情があります。家族・知人の安否を確認できないままの方もいたでしょう。しかしながら、明らかに体制に無理や改善できる点があるのに、それを変えていくことができないという状況に、職員でもないボランティアの自分も苛立ちました。現場監督は明らかに手が回りきっていない様子で、職員の方々も自分の提案が受け入れられていないこと、融通がきかないことに対して不満だったようです。

 1番感じたのは、人の使い方をもう少し考えるべきだということです。ボランティアは一般の方が中心なので、任せられる仕事も多くはないと思いますが、やり方だけわかれば役所の人を減らして作業することは可能です。今必要なものを市が全て把握することはできないかもしれないし、民間やボランティア団体の自発的な行動に任せざるをえないこともあるでしょう。しかし、市の復興の中心である行政ができるだけ多くの情報を扱って、わかりやすく市民に対してしてほしいこと、民間に頼みたいことを依頼できるようになれればより良いと思いました。リーダーの働きというものがいかに重要かが、少し分かった気がします。もっとも今は震災発生からひと月経ち、落ち着きを取り戻しながら無駄も減ってきているとは思いますが。

 僕自身ボランティアに参加している間に、やり方や手順に不満や疑問をもったことはたくさんあります。しかし、ボランティアに求められていることは単純に労働であり、自分に許される改善の余地はとても少ないです。そして人数が増えるほど、当然思い通りにはいきにくいです。そう考えると、自分たちは基本的には求められるように作業し、無理のない範囲で自分から効率化や改善をはかっていく事が大事なのかもしれないと思いました。

 最後に、元のような姿にはならないにしても復興までの道のりはとても長いものだと思うので、個人の支援は無理なく続けられるようなかたちで行うことが望ましいと感じました。それと当然のことですが、被災しなかった所では報道だけでは震災の大きさが実感しにくいことがあると思います。僕も実際に自分の目で確かめてみて、初めて実感できました。実感できないのなら無関心でも当たり前だと思います。なので不謹慎と思われるかもしれませんが、普段通りの生活を続けられる場合、できるだけ普段通りにお金を使うべきだと思います。カラオケでもボーリングでも買い物でも。お金は回るものなので。今気になることを、原発のことでも県や市町村の行政の仕組みでも何でも、知りたいことから調べていくのもいいと思います。

 それぞれが自身の現実を理解し、自分で考え、行動することが大事だと思います。

 まとまりませんが、以上にしたいと思います。長々失礼しました!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://311gyosei.blog39.fc2.com/tb.php/35-6bfa869c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)