FC2ブログ

ガンバロウ福大!行政の「結」

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震に端を発する東日本大震災をきっかけに、福島大学行政政策学類の教員有志でブログを開始しました。福大行政に関わる情報共有・情報発信の場として、このブログが、読者のみなさんとわたしたちの、また、みなさん同士の結節点になれば嬉しいなと考えています。一緒に手を携えて、この難局を乗り切っていきましょう。     (2012年3月26日記)

熊本大学に行ってきました!

 こんにちは。ぴたです。

 先日、おやと一緒に、熊本大学に行ってきました。
 熊本県や大分県での大きな地震を目のあたりにして、この遠く離れた福島で自分にはなにができるのか、多くの人が悩んでいました。とくに、東日本大震災と原発事故によって、さまざまな形で傷つき、また、全国から多くの支援をいただいたふくしまに住む一人として、自分たちも何かしないといけないのではないか、と思っていました。

 とはいっても、なかなかどうしたらいいのか分かりません。

 ちょっとした何気ない言葉や態度に傷ついたりした経験を持っていたこともあり、声をかけることにも、また、訪ねていくことにも、臆病になっていたような気がします。

 そんななか、とても安易な方法かもしれませんが、いつかはもっと違ったかかわりができるから、と自分を納得させながら、義援金を集めて送ろう、という気になりました。
 熊本大学は、大学時代の友人が教員をしていることもあり、交流がありました。また、おやも、大学時代の先輩が熊本大学にいて、いろんな形で世話になっていました。そこで、二人で話し合い、行政政策学類内で有志の義援金集めを行って、熊本大学の法学部・ロースクールのみなさんに届けようということになりました。

 熊本大学の研究室でも、本棚が傾き危険な状態が放置されていると聞きます。
 熊本大学の学生さんたちも、各地で募金集めをしたり、避難所でのボランティアなど、活躍しているようです。
 そして、避難生活をされ、また自宅が何らかの被害に会われた方もいるようです。

 ぴたとおやの申し出に、行政政策学類の多くの人たちに賛同していただき、261,000円が集まりました。ありがとうございます。
 6月1日には、それをお届けしてきました。

 熊本大学では、法学部長の深町公信先生、法務研究科長の松原弘信先生、そして、魚住弘久先生(社会文化科学研究科)、また原島良成先生(法務研究科)、三谷仁美先生(法学部)にもご同席いただきました。皆さんからとても感謝していただきました。建物内で何人かの方々にお会いしましたが、その際にも、個々に感謝の言葉をいただきました。お届けした身としては、なによりでした。

熊本大学義援金お渡し


 ぴたは、南阿蘇村や益城町を車で走り、南阿蘇村の温泉施設で一泊してきました。
 建物の崩壊がひどい地域も目の当たりにして、言葉もありませんでした。
 特に、同じ集落でも、建物が壊れているところと、ほとんど無傷のように見える建物が併存しているところがあることに大きなショックを受けました。また、自宅が崩落していても世の中は刻々と動いており、壊れた自宅を前に、まずは片づけるところから始めなければいけない人々のまわりで、多くの車が走り、世の中は先に進んでいます。「何から始めたらよいのか…」と感じる人と、世の中は止まってはくれない、というギャップのなかで、多くの人が心の「焦り」に苦しんでいるのではないか、と思いました。

 また、外輪山の内側に暮らす人たちは、現在、阿蘇大橋の崩落などもあって、外輪山の外側に出るのに大変な時間がかかります。渋滞に加え、時には霧がかかって、熊本市内に出るのも一苦労のようでした。

 やはり、遠く離れたところからはわからないことがたくさんあるんですね。

 「義援金を集めて届けること」、以外の熊本とのかかわり方、今後も考えていきたいと思っています。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://311gyosei.blog39.fc2.com/tb.php/335-12c10272
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)