ガンバロウ福大!行政の「結」

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震に端を発する東日本大震災をきっかけに、福島大学行政政策学類の教員有志でブログを開始しました。福大行政に関わる情報共有・情報発信の場として、このブログが、読者のみなさんとわたしたちの、また、みなさん同士の結節点になれば嬉しいなと考えています。一緒に手を携えて、この難局を乗り切っていきましょう。     (2012年3月26日記)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福大×上智大=??Part 3 フィールドワーク②震災と子供(福島市渡利)

 こんにちは。ぴたです。3月11日6年目を無事に過ごすことができました。なんだか心がざわざわして、この時期に放送される特集番組から目を背け、じっとしていました。こういう態度はどうなんだろう、という疑問はありますが…。放送された特集番組は(録画したので)これから静かに見ようと思っていますし、この時期に届いたお手紙やメールには、少しずつ答えていこうとは思っています。
 さて。
 ぴたの不手際で、すでにアップしていたフィールドワーク報告②震災と子供(福島市渡利)が、勝手に削除されていました!
 すみません。
 そこで、順番が逆になってしまったのですが、再度、掲載させてもらいます。
 今回は、「震災と子供」がテーマです。
 報告書には、いろんな画像があって、無邪気な学生たちと子供たちの楽しそうな笑顔に癒されるのですが、今回は、画像は削除のうえ掲載します。
 それにしても、大学生って…本当に自然に「子供」にもなって遊ぶこともできるし、「大人」としての客観性をもって分析することもできる、という絶妙な存在なんですね。ぴたも、そのなかから、たくさんのことを、おすそ分けのように学んでいます。
 
******

「震災と子供班」~交流企画について~
福島大学行政政策学類 大黒ゼミ
上智大学ドイツ語学科 木村ゼミ

○背景:
福島第一原発事故問題に関して、今後の復興発展のためにも人口問題、とりわけ子供について考えることは大切である。今回震災が子供に与えた影響はいかなるものだったのか。震災直後は、外で遊ばせれば放射線の不安、室内に留めると肥満の問題が付きまとう、避難したくてもできないなどの葛藤を持っている人がいるなどのあらゆる情報が流布した。そこで実際に事実と錯綜した情報の信憑性を、現場で確認する必要があると考えた。今回上智大学の学生と一緒に、福島県で子育てする現場(親・先生)の声を聴き、見ることにより理解を深めたいと考えた。


○目的:【事前認識との〝ズレ″を確認し、今後の課題展望を考える。】
渡利学童保育きりん教室は、普通の学校や児童館とは違い、父母の会主体で運営されている。また指導員自身も福島で子育てする保護者であるため、今回の企画に適していると考え、実際にお話を聞くことにした。
企画前に「震災と子供」に関する考えを福島大学生、上智大学生ともに整理しておいた状態で指導員の話を聞く。また親からの子供と実際に触れ合うことによって現在の福島の子育て事情を認識する。フィールドワーク後は各自の認識のズレを整理し、今後の課題を確認する。


○フィールドワーク内容
時期:2月13日(土)14:00~17:00
場所:渡利学童保育きりん教室
→※【きりん教室は、渡利小学校の東部、小学校から歩いて5分の借家に居を構えています。父母の会が運営主体で1979年から続いている学童保育です。築50年とも言われる古い民家に入りきらないほどの子どもたちが生活しています。2013年4月現在66人の児童が登録しています。平屋建てのせいか、東日本大震災で倒壊することもなく、今でも子供たちの生活の場になっています。】
※『あの日からもずっと福島・渡利で子育てしています。』P66
著:佐藤秀樹(指導員)かもがわ出版

活動内容:
・指導員佐藤秀樹さんから「震災と子供」に関するお話を聞く。
・子供たちと実際に触れ合う。
・保護者に事前にお願いしていたアンケートを回収する。

○話内容

震災直後は、政府などからの避難情報などの明確な指示はなかった。「放射能が飛散しているので子供は屋外に出ないこと」「マスクを着用することにより放射能を防ぐことができる」「長袖を着ることで放射能を防止できる」など不明確な情報が流れた。
3/14からきりん教室が再開した。震災直後2ケ月間は室内で飽きるほどゲームをする。この期間に子供たちはストレスを溜めていた。
毎年の恒例行事である5月の運動会は延期となり、秋から外で遊ぶことになる。(外で遊ぶ系統の行事は秋まで無くなる)また、6年生は中学校に上がる前に初めて主体となって経験するはずであった鼓笛パレード、陸上、水泳できなくなってしまった。
山は除染していないので、恒例の「散歩」(山や河川敷にまで歩いていき、遊ぶこと)がなくなる。歩かない生活をさせることが先生・親として心配となり2013年秋から散歩が再開される。しかし、幼稚園や保育園に通う時期に震災を経験した今のきりん教室の子供たちから「散歩」の経験はほぼ抜け落ちている。また、実際のところはわからないが、1,2歳のころに震災にあった子供たちは、以前は乗れたはずの三輪車に乗れなくなっていたり、坂道が登れない、顔から転んでしまったりが見受けられた。
親としても震災直後は子のためにどうしたらいいのか分からない状態が続いた。避難する人たちは皆さん自主避難の形を取っていた。
すべての行事を行うにあたって、放射線量ではなく、保護者の合意を大切にした。放射線問題に関する見解も人それぞれ違うので、外で遊ぶことを決定する際は親と子の納得できる一致点を探すことを目指した。(運動会など、一人でも外で遊ぶことに反対する親がいたのならば、全員が参加するために体育館で行うことになった。)
食に関して米・野菜も安心して食べている。不安な時は検査を実施する。

先生としてのストレスがかかる場面は、子供が除染していない場所を走ったり、触ったりしたときに注意しなければならないところ。(他県の子供が当たり前にしていることを、福島の子供はできないこともあるという事実。)
国や政府はもう信じられない。東電も国も本当の意味で謝っていないのではないか。
原発は数にならない、お金に換算できない被害を子供たちに与えてしまった。癌が出なかったから良いとするのではない。
子供たちから奪われたものは「日常」であり外部から与えられる「イベント」ではない。回復すべきなのも日常。除染していないところを走ってはいけないと注意する心境。
福島の代表→福島を変えられるのは、福島に住む自分たちだけ。全国の人に福島で起きたことを受け止めてほしい。見守ってください。


○アンケート
上智大学の学生には、震災と原発事故に関する事前認識を確認するため、きりん教室の保護者には、震災後から現在における子供に関するアンケートを実施した。その結果をもとに認識のずれを整理し、今後の課題を確認する。

【上智大学の学生へのアンケート集計】
① 原発事故後の、福島の子育てに関する現状を知る機会はあったか?
  はい 2票(15%) いいえ 11票(85%)

② 「学童保育きりん教室」は渡利地区にあり福島第一原発から北西約60km 離れていますが、現在も放射能の影響で遊べない子供たちがいると思うか? 
はい 4票(30%) いいえ 3票(24%) わからない 6票(46%)

③現在の渡利地区の放射線量はいくらぐらいだと思うか?
  0.1μ㏜~16 ㏜/h までの回答があり、実際に見当がつく人はほとんどいなかった。

④ 原発事故直後の3月15日の放射線量は 24.24μSv/h だったが、もし自分が福島市 渡利で子育てしている親だったとしたら避難するか。
  避難しない 1票(7%) 避難する 12票(93%)
・避難する理由:確かな情報がわからないので、できるだけリスクを減らすため避難する。
正確な情報が手に入るまで一時的に離れた場所に移動する。
・避難しない理由:経済的余裕がないし、移動先で職が見つかるとも限らないため。

⑤子供たちが遊べないことによって、生活にどのような影響が生じると思うか。
→運動不足による肥満児の増加。また肥満児に応じた食生活の変更。室内空間のみでの遊びはストレスを溜める原因となる。電子機器への依存度も高くなり内向的な子が増える。生活リズムの不規則化は精神的・肉体的健康にも被害を及ぼす。


⑥ 原発事故前と事故後/事故後から現在にかけての子どもの食生活はどのように変化 したと思うか?
・インスタント食品・支援物資のお菓子などを食べる機会が増え、栄養バランスの取れていない食生活になる家庭が多かったのではないか。
・常に放射線量のことを考えて、福島県産を避けて食事するようになった。
・福島といっても広いので、汚染されていない地域で取れた野菜を買えると想像した。

⑦育児中の親が抱える子育て問題どんなのあるか
→最も多かったのは子供の遊び場所確保に関する心配。外で遊べないことによるストレスが子供にあるのではないか。また震災を経験した子供に対する心のケアを必要としているという意見が多くあった。
 放射能に関する情報は不明瞭なものも多く、どの情報を信じれば良いのかなども問題となっているのでないかと答えた。

⑧ 今後福島にはどのような支援が必要だと思うか?
・仮設住宅ではなく、確立された生活圏  ・信頼できる情報支援
・県外の人も福島の中を知る、関心を持てるような場、サイト、イベントを増やすこと
・風評被害を減らす対策    ・除染作業の人員的経済支援


【きりん教室保護者へのアンケート】

① 子どもと遊びについて、震災前と震災直後では外で遊ぶ回数が0、つまり遊べなくなったが、震災直後と現在では、遊ぶ回数が増えたという答えが多かった。しかし、遊ばせるにしても渡利地区では遊ばせないなどのルールを独自に設けている家庭もあった。震災後、外で遊ばせるようになったのは、2013年の春からという答えが最も多く、原発事故後2年が過ぎ除染済みの地域が広がったことが要因として挙げられる。

② 子どもの食生活について、原発事故直後は実家などの野菜を含め、福島県産の食材を避けざるをえなかったという回答が多く、しかし現在では福島県産のものでも店頭に並ぶ放射能測定がされている野菜なら安全だと思い購入している、という意見が多かった。
国や行政からの支援について、子どもに関するなんらかの支援があったと答える人は無く、原発事故後の子どもの生活に関するケアは十分ではなかったということがわかった。

③ 渡利に住み続ける理由として、最も多かったのは「仕事」と「地域基盤」の問題であった。放射線の不安がある=引っ越す、と単純には問題は解決できず、ほとんどの保護者が放射線への不安を持ちながらも、転職の問題、保護者の親や地域とのつながりが切れることを危惧し、消去法で渡利に住むことを選んだ人が多かった。他にも理由はあったが、やはり突き詰めるとお金が絡む理由になっており、渡利に「住みたい」からという能動的な気持ちより、住まざるをえないもしくは引っ越し後のリスクを考えた上で選択する人が多いように感じた。

引っ越しする当てがない:親の仕事の問題:仕事、家、親、福島を出ることがすべての面において良いことだとは思えなかったから:転職困難、地域のつながりを捨て遠方に引っ越せば、生活が立ちいかなくなることは目に見えている:渡利に土地を購入、家立てた:今までの生活をすべて捨て避難しようとは思わなかったから:両親が近くに住んでいる、事故後避難したが子供に「家に帰りたいと言われたから」:自分で業者に依頼して除染したから:子供を育てる人的環境が整っていたから。不安や葛藤を抱えながら違う土地で子供を育てるストレスの方が大きい:仕事、渡利に住んでいたから:あまり深く考えなかった:家の返済があるから:仕事、転向させたくない


(1)震災後、国や行政、ボランティア団体などから、子供を持つ家庭への何らかの支援はあったか。
  はい 8票 (57%) いいえ 6票 (43%)
【支援内容】 ※()内は支援団体名
 ・放射能の少ない工場地区の旅館へ安価での滞在
 ・県外へのリフレッシュ旅行(全国医療生協)
 ・所属する幼保小中を通じてミネラルウォーターやバナナ、おもちゃ、マスク、ごみ袋などの配布。定期的なものもあり。(横浜市など)
 ・県外施設への宿泊学習(県)
 ・旅行割引(市役所)
 ・リフレッシュキャンプ
(2)(1)の質問ではいと答えた方への質問
 その支援や内容は十分なものでしたか。
  はい 6票 (75%) いいえ 1票 (17.5%) わからない 1票 (17.5%)
十分だった理由
 ・とてもありがたく、心にゆとりができ気分転換になったから
 ・使用せず余ったものがあったから
 ・親切で子供たちも楽しんでいたから
 ・現在まで、回数や頻度は減ったが継続しているため
十分でなかった理由
 ・企画がたくさんあっても年齢によっては参加できないものもあったから
 ・抽選が多く、希望者の一部しか参加できなかったから
わからない
 ・自分たちを思い実施してくれたのはうれしいが、何かを求めたわけではなかったから
(3)(1)でいいえと答えた方への質問
 どのような支援がほしかったですか
  ・一生不安を背負いながら暮らしていかないといけないため、
それなりの代償をしてほしい
  ・目に見える形での支援
・無料で他の地域に親も一緒に行けるもの
・安全な食材の提供や水の支援
・風評被害を受けないこと



➄今後、子供を持つ家庭として望むことは何か?
・国や行政に対して望む支援
原発の廃止、確実な廃炉や徹底的・スピーディーな除染、経済的負担を軽くしてほしい、情報を発信し続けること、現状を正しく理解してもらうように努めること、問題のすばやい解決方法をはやく示してほしい
・解決方法に関する意見
『県内に住んで居てもいまだにどうしていくべきか、どうするつもりか全然知らない、伝わってこない』
・他県の人に対して望む支援
『「福島」という一括りで人を見ず、偏見や思い込みを持つことなく、多くの人の本音を知ろうとして欲しい』
『これから先子供が大人になったとき、結婚する相手の親から福島の子とは結婚させたくない、などど、言うようなひとがいないといいなと心から願っています。』
『あの「フクシマ」と言われることはもううんざり、ほうっておいてください、静かにしてほしい』
『若い方が知ろうとする思いで行動してくださることに感謝しています』
『他県では、原発事故による汚染土のみならず、他の原発にかかる放射性廃棄物はすでに汚染させている福島県だけで処理すべきとの論調があるようだが、大変残念に思う。これは日本全土の問題と考えてもらいたい。』
『他県に行ってしまった人たちのことも考え続けてほしい』

子どもを持つ家庭として今後国や行政、他県に対して望むこととして、最も多い意見はやはり、除染を早く終わらせて、子どもたちが自由に遊べる環境を取り戻してほしい、であった。他にも国や行政に対して、正しい放射線とその影響に関する情報を発信し続け、正しく理解してもらえるように努め続けることを望んでいた。また、他県の方に対しては、除染されたとしても依然敷地内に除染土が放置されたままで、その問題について他県からは「福島県だけで処理すべき」との論調が強まっているのが、残念で仕方ないという意見があった。アンケートの中で気になったのが、2つの対極な意見だった。それは福島をもっと「知ろうとしてほしい」という意見と「フクシマ」と呼ばれることはうんざりで「そっとしておいてほしい」という意見だ。これは、子どもをもつ家庭だけでなく、福島県民の意見を表しているのだろう。震災から5年経過しようとしている今、福島に対して偏見を持ってほしくない、忘れないでほしいと思う人、静かに福島を見守ってほしいと思う人、私たちは5年前の原発事故から徐々に変わりゆく福島の感情に目を向けながら「復興」を考えていかなければならないのかもしれない。


○参加者の考えたこと、学んだこと

 自分自身震災当時は宮城県に住んでおり、震災直後の福島の子供事情を知る機会はほとんどなかった。佐藤さんのお話・親御さんからのアンケートを見て、「放射能」は子供を取り巻く環境に予想以上の被害を与えていたと感じた。今回常置の学生は初めて福島に来る人が多かった。その誰もが福島県の外の景色を見て、福島の名産を食べ、福島の人に触れ、笑顔になったように思う。親御さんのアンケートにもあったようにこれから頑張るのは福島県に住む私たち自身であることを考えると、これかた私たち若者ができることは「“福島の魅力”を発信し続けること」ではないかと考える。(松浦祐希)

今回のフィールドワークで新聞やテレビなどのメディアでは決して知ることのできない、保護者の方の葛藤や不安、思いを知ることができた。特に私の心に響いたのは保護者の方の『あの「フクシマ」と言われることはもううんざり、ほうっておいてください、静かに してほしい』という意見である。私たちは今回、福島の現状を知り、今後の課題を確認するという目的で、フィールドワークを行ったが、その行動が負担になってしまっていたのか、と思うと今私たちができることは何もないのではないかと思った。もしあるとすれば、今回学んだことを発信し続けることと、佐藤さんの言葉を借りる形になるが、見守り続けることの2つだけだと思う。(櫻井佑樹)

 私たちが普段得ることができた「震災と子供」に関する情報はテレビやなどのメディアがほとんどだ。そのため、ただ日常生活を送っていく中で震災による親の〝葛藤〟などに触れる機会はなく、事前段階での理解は十分なものではなかった。実際に訪問し、アンケート結果や佐藤さんのお話を聴くなかで子供たちにとって失った〝日常〟の代償がどれほど大きなものだったのかに気づかされた。佐藤さんがおっしゃっていたように、今私たちが被災者の方にできることは見守ることなのかもしれない。しかし、それは忘れることではなく、まず知ること、そして二度と繰り返されることの無いように
今後の在り方を考えることではないかと思った。(石田若菜)

 今回のフィールドワークで学んだことは、いかに震災とそれに関わる子供情報が、福島の学生含め若者に届いていなかったか、ということだ。福島にいても、復興に強く関心を持つ者以外は、時折目にするニュースや新聞でしか原発のことを知る機会がない。今回の上智大学の学生へのアンケートは、それを確かに裏付けるものとなった。何事にも行動するにはまず、「知る」ことから始めなければならない。今回、東京と福島に住む私たちは復興に向けて、福島のためにどうしていけばよいかの「第一歩」を歩き出したのかもしれない。(吉田富美菜)

東京と福島、震災から5年経ち、認識の差が顕著に現れてきた。実態を理解しないボランティアとそれに嘆き憤る福島。
 そんな中、佐藤さんは子供の置かれた現実を本やお話を通じて外に伝えようと努力していた。そうした努力は福島に沢山あるのかもしれない。が、残念ながら外まで伝わりきっていない。それに気づいた私達は、福島の現実と東京の幻想を繋ぐ懸け橋になれるのではないだろうか。この合宿が自分達のためで終わるのか、お世話になった福島の方々のためにもなるのか、すべては私達のこれからにかかっている。(宮前勇一)


「震災後、誰を、何を信用していいかわからないから、地域のみんなで意思決定をした」。佐藤さんのお話で最も心に残った一言だった。2011年の運動会も、校庭で行うか、もしくは体育館で行うかどうか保護者間で話し合いがあり、校庭で開催して参加できない子供がいるのであれば体育館でやろう、という声に後押しされる形で、体育館での運動会が催されたという。震災直後、そして現在に至ってもなお震災や福島に関する流言飛語や勝手な憶測は飛び交っており、当時の混乱は想像に難くない。しかし、そのような状況だからこそ、将来後悔が残らないように地域住民がみんなで納得のいく答えを出すことが必要だ。今後、震災だけではなく地方政治や子育てに関して渡利を視察しに来る人々が増えたらいいなと感じた。(小形陶子)

「放射能の影響で外で遊べない子どもたちが、肥満になってしまう傾向がある」というお話を福島に行く前に伺い、現地に着いたら子どもたちと存分に遊ぼうと思っていた。今東京に帰ってきた時に考えてみると、とても軽々しく「遊んであげよう」や「楽しもう」という言葉は使えないのだなと思っている。
 佐藤さんのリアルなお話の中で特に衝撃的だったのが、子どもたちを含めた渡利の方々は単に遊ぶ環境を失ったのではなく、彼らの日常を失ってしまったということだった。県外からのボランティアや支援の一環として子どもたちを遊びに連れていく、といったその時限りのイベントを提供しても、それは本当の意味で彼らへの支援にならないということだった。佐藤さんはお話の中で、「そっと見守ってほしい」ということを強調していたが、この言葉を東京で他人づてに聞いていたら理解し得なかったかもしれない。それは当事者の方々しか感じることができない感情で、それ以外の方々にとっては何か虚しさを感じさせることかもしれない。「支援したくてもできない、しているようで本当に必要なことができていない」ということを、私も話を聞いていて思っていた。
 私たちが直接でもないながらできることとしては、こう言った佐藤さんのお話のようなものをより多くの人に知ってもらえるように、伝えていく、ということをまず思った。実際に被災地以外に暮らしていても、メディアから得られる情報は今大量にあるが、ここまでローカルな人々の日常を知るという機会は極めて少ない。こういったフィールドワークを通して得た情報を発信していくことに意味はあると思った。また、そのために厳しいことや、多少煙たがられても現地に足を運んでその状況を発信していく姿勢は必要だと思った。(塚本亮司)

佐藤さんの話を聞いて最も印象に残ったことは、放射能の危険より子どもの成長障害を危惧しているという内容です。つい、東京にいると放射能そのものの危険についてばかり目が行ってしまいますが、福島に住んでいる人々にとっては、放射能そのものよりも影響が重要な問題なのだと分かりました。当然放射能の危険がなくなることを誰もが望んでいますが、現地の人が失ったものは「日常」であり、それを取り戻すことが一番の優先事項だと、現地の人の声を実際に聞いて初めて知りました。(秋山愛)

きりん教室の佐藤秀樹さんはじめご協力いただいたスタッフのみなさん、ありがとうございました。

******
(つづく)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://311gyosei.blog39.fc2.com/tb.php/331-88b54dda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。