ガンバロウ福大!行政の「結」

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震に端を発する東日本大震災をきっかけに、福島大学行政政策学類の教員有志でブログを開始しました。福大行政に関わる情報共有・情報発信の場として、このブログが、読者のみなさんとわたしたちの、また、みなさん同士の結節点になれば嬉しいなと考えています。一緒に手を携えて、この難局を乗り切っていきましょう。     (2012年3月26日記)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学生の立場から見た法テラス

こんばんは、おやです。福島、暑いです、、、

さてさて、前回掲載させていただいた法テラス福島事務所訪問記、第2弾が届きました!
今度は、院生の方からの投稿です。
学生として、院生として、女性として、いろいろと感じるところがあったようです。
それでは、渡部さん、よろしくお願いします♪

*******

学生の立場から見た法テラス
地域政策科学研究科1年 渡部陽子

 今回は、福島大学発の法テラスの事務所訪問ということで、緊張しつつ棟方さんと法テラスに向かいました。いざ事務所を訪れると、職員の方々は入室するなり笑顔を向けて下さり、安心しました。職員の方々はとても親切で、学生の拙い質問にも、丁寧に答えて下さいました。
 まず、法テラスに行ってすぐに気になったのは、職場のほとんどが女性の方であったという事です。勤務時間帯について質問してみると、妊娠中などは短時間勤務が可能ということで,法テラス福島にも実際に短時間勤務を活用している方がいるとのことでした。女性に優しい職場ということで、法テラスをより魅力的に感じました。
 また、情報提供業務について、コールセンターが仙台にあるということに驚きました。お話を聞くまでは,本部である東京にあるものだと思っていたからです。場所も公開されているのかと思っていたが、コールセンターは仙台にあるという情報以外は非公開ということでした。
オペレーターについても、元々法律に関して素人の人だったということに驚きました。事務所訪問後に実際にコールセンターに電話をかけてみたのですが、対応がスムーズで、全く素人だということを感じさせませんでした。研修がしっかりしているのだなと思いました。
 そして,民事扶助業務については、事務所を訪れる前の事前学習の段階では、無料相談や立て替え制度などを利用する際の要件は何故このように狭いのだろうという疑問を抱いていました。しかし,それも法テラスが国のお金、すなわち税金で運営されているためなんでもかんでも扶助できる訳ではないということがわかりました。また、財源を提供している国民が満足するようなサービスの質ということで,財源の問題と、サービスの質は、法テラスの課題になっているとのことでした。国営機関であるため、ルールなどいろいろ大変なことがあるのだなと思いました。これから法テラスの事務所訪問をしようと考えている後輩の皆さんは、民事扶助についてのお話は特によく聞くことをお勧めします。
 ちなみに、民事扶助業務については,大学生は要件に当てはまるのかなと疑問に思って質問してみたところ、扶養されている学生は、要件に当てはまらないが、自分で生計を立てている学生は、要件に当てはまることもあり得るということでした。このような具体的な要件等についても後輩の皆さんには実際に法テラスに行って聞いてくることを勧めます。
 他にも、実際にスタッフ弁護士の方ともお話をさせて頂いて、スタッフ弁護士のやりがいや隣接職業の方との関係について質問させていただきました。スタッフ弁護士の方も、私たちの辿々しい質問に対して笑顔で答えてくださいました。
 最後に、棟方さんとも話していたのですが,再び法テラスを訪れる機会がありましたら、法テラスの女性職員の方々とお茶会をして、女性からみた職場のあれこれについて聞いてみたいなと思いました。また、私の修士論文のテーマには,震災が関わってくる予定ですので,法テラスの方に震災に関わる業務などについてもお話を伺う機会ができればいいなと思いました。  
 法テラスの方々には、お忙しいなか、時間を設けて頂き、非常に貴重な機会を頂いたことに感謝しています。この事務所訪問で得た知識を、次に繋げたいと思います。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://311gyosei.blog39.fc2.com/tb.php/326-d0c0213e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。