ガンバロウ福大!行政の「結」

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震に端を発する東日本大震災をきっかけに、福島大学行政政策学類の教員有志でブログを開始しました。福大行政に関わる情報共有・情報発信の場として、このブログが、読者のみなさんとわたしたちの、また、みなさん同士の結節点になれば嬉しいなと考えています。一緒に手を携えて、この難局を乗り切っていきましょう。     (2012年3月26日記)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米沢市での被災歴史資料クリーニング ~この資料を未来に残す~

夜の震災対策室からこんばんは、おやです。

先日の大雪、みなさん、大丈夫でしたか?
震災直後と見まがうかのように、店から商品が無くなっていましたね…。
ちなみに、私は、駐車場で車が雪にハマり、1時間ほど悪戦苦闘しても埒があかなかったため、JAFさんのお世話になる羽目に…(苦笑)。みなさん、大雪の後は運転やめときましょうねwww

さて、今日は、行政政策学類の誇るイケメン、地域史の徳竹先生にご登場いただきます♪徳竹さん、実はおやと同い年だったり…誕生日もわずか1カ月違いだったり…(あらゆるツッコミを甘受します)ということもあり、いつも仲良くさせていただいております。

今日は、歴史資料保全活動についての報告記事を寄せてくださいました。写真満載でお届けしますよー♪それでは、徳竹さん、よろしくお願いします。

*******

こんにちは。地域史担当の徳竹剛です。
昨年の10月と今年の1月に、阿部ゼミ・徳竹ゼミおよび徳竹教養演習の学生で、山形文化遺産防災ネットによる東日本大震災被災資料の保全作業に参加してきました。震災以来、地道な作業を積み重ねてこられた山形ネットの皆様には、本当に頭が下がります。このたびも貴重な機会を与えていただいたことに感謝申し上げる次第です。

参加した学生もそれぞれ感じるところがあったようで、いい経験になったことと思います。今回は3名の学生から参加記を寄せてもらいました。
山形ネットの活動には以前から継続的に参加しており、すでにこのブログにも何度か参加記を書かせていただいております(以前の参加記)ので、これを機に改めてお読みいただければ幸いです。

なお、このたびの活動には「あぶくま学生支援基金」から援助をいただいたことを付記いたします。

----------
2013年10月19日、東日本大震災の被災資料のクリーニングのボランティアに参加するため、米沢女子短期大学におじゃましました。
福島大学から参加した阿部浩一先生と私たち学生7名は、米沢女子短期大学の学生さんと共に、2つの大きなテーブルに分かれて作業を開始しました。

DSCF5911_convert_20140130223331.jpg

午前の作業は、被災した図書のクリーニングでした。私は今回、被災資料のクリーニングに初めて参加したので、最初は勝手がわからず戸惑いましたが、先輩方をお手本に作業を進めていきました。

DSCF5898_convert_20140130222503.jpg
DSCF5899_convert_20140130222732.jpg
DSCF5900_convert_20140130222906.jpg

津波をかぶってしまった資料には細かい泥や乾いた塩などが付着しており、それを刷毛や竹串などを利用してひとつひとつ取り除いていきました。
また、隣り合う本どうしが固着してしまっているものもあり、表紙が剥がれてしまったりしないように、その扱いには細心の注意を払わねばなりませんでした。

DSCF5930_convert_20140130223837.jpg

私には、被災地に貢献したいという思いがあり、今回の被災資料のクリーニングは、その思いを(間接的ではありますが)少しでも満たせるだろうと考えて参加しました。そういった思いを持って、作業を進めていくと、様々なものがこみ上げてきました。津波はどのように町を襲ったのか?この資料にふれた人が、津波の被害に遭ったのではないか?しかし、考えた所で事実はわかりません。この資料に関係するすべて人が何も被害に遭ってない事を願いたいと思います。

今回、貴重な経験をさせていただき、作業を通して、この資料を未来に残すことに少しでも協力できたことを誇りに思います。これからもこうした機会があれば参加させていただきたいです。
(宍戸達弥)


午後は、図書のクリーニングと並行して、昔の絵葉書のクリーニングを行いました。

DSCF5908_convert_20140130223128.jpg

絵葉書は主に観光名所を写した写真入りのもので、明治・大正・昭和期の風景や、文化財の姿、和洋折衷といえるような街並みなどがありました。いずれも、普段であれば博物館のショーケースの中でしかお目にかかることができない貴重な資料であり、ブラシなどを用い、一枚一枚丁寧に埃や汚れを取っていきました。

DSCF5925_convert_20140130223527.jpg
DSCF5928_convert_20140130223704.jpg

私は、普段手に取ることができない古写真を手に取り、汚れを落としながら一昔前の日本にはこんな美しい風景が数多くあったのだなと感慨にふけりながら、(でも作業は丁寧に)やらせていただきました。

私も今回初めてこのクリーニング活動に参加させていただきました。以前まで、歴史文化財の保存・クリーニング作業というものは、専門家か、ある程度熟練している人しかできないのかと思っていました。しかし、私たちのような学生でも、今回の活動のように、まだまだできることがたくさんあるのだなと今回の活動で感じました。

文化財というものは、その1つ1つが、私たちにさまざまなことを語りかけてくれるし、学ばせてくれるものであります。また、将来の世代にとっても、きちんとした形で保存していかなければ、その時代にあったものを伝えていくことが困難になります。

山形ネット事務局の小林さんによれば、今回のクリーニングでとりあえずひと段落ついたものの、また何かあればぜひ手伝っていただきたいとのことでした。このような体験は、おそらく学生時代にしかできないことであると思うので、また文化財保全活動やボランティアがあれば積極的に参加していこうと思います。
(石川雄基)


2014年1月13日、米沢女子短期大学にて文化財レスキューのボランティアに参加しました。山形の史料ネットでは、東日本大震災で被災した文化財を清掃・修理し、被災地に返す作業をしており、今回私たちは、クリーニングが終わった文化財を被災地に送る作業を手伝いました。

DSCF6917_convert_20140130225416.jpg
DSCF6922_convert_20140130225742.jpg
DSCF6934_convert_20140130230112.jpg

私たちが担当した文化財は、津波をかぶった1900年代前半の本です。被災した古い本のリストと実物を対照させながら箱詰めするという作業を行いました。

DSCF6919_convert_20140130225547.jpg
DSCF6938_convert_20140130230245.jpg
DSCF6932_convert_20140130225925.jpg

被災した古い本は傷んではいましたが、津波の被害を受けたとは思えないほどにまで修理されていました。これは、全国各地の文化財レスキューに携わる人たちが泥を落としたり、乾燥させたりするなどした結果だそうです。

その話を聞くと、私たちも文化財レスキューの一員になれたような気がしました。それは誇りに思うと同時に自分の役割を成し遂げなくてはならないという責任感も感じました。ボランティア終了後、一日に亘る作業による疲労と達成感が残りました。

DSCF6947_convert_20140130230436.jpg
DSCF6949_convert_20140130230609.jpg

山形ネットの方からは、これからは福島での活動にも参加したいという話がありました。私も今回の経験を活かし、今後もボランティアに積極的に参加したいと思います。
(野川峻海)


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://311gyosei.blog39.fc2.com/tb.php/313-55265ff2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。