FC2ブログ

ガンバロウ福大!行政の「結」

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震に端を発する東日本大震災をきっかけに、福島大学行政政策学類の教員有志でブログを開始しました。福大行政に関わる情報共有・情報発信の場として、このブログが、読者のみなさんとわたしたちの、また、みなさん同士の結節点になれば嬉しいなと考えています。一緒に手を携えて、この難局を乗り切っていきましょう。     (2012年3月26日記)

WBC(ホールボディカウンター)を無料で受けられます!

 こんにちは。寒い冬の日曜日、おひとりさまのぴたです。こんにちは。
 このたび、体内に取り込まれ残留している放射線量を知ることができるホールボディカウンター検査を受けられる体制を整えました。
 ドイツからの義援金(を大学に「奨学寄付金」として入れていただきました!)をもとに、ひろやすとぴたが、「NPO法人 CRMS市民放射能測定所 福島」(⇒詳しくは、コチラ)の協力のもとで企画、実施するものです。
 本来国が、あるいは県が、あるいは市が、もちろん大学が、被災地で生活する人すべてに自らの被ばく量を知る機会を保証すべきだと思うのですが、そうしたところが動くのを待っていては、いつまでも動きません。現在福島県内では、WBC検査をうけることのできる機関はいくつかありますが、県外在住の学生も含め、福島大学生が、直ちにかつ自由、無料で受けることができる仕組みにはなっていません。
 今後、本来責任のある組織を動かすためにも、まずは、市民による市民のための方法として、私たちができることをやろうというのが、今回のプロジェクトの趣旨です。
 実施にあたって大学当局からは、

①このプロジェクトがひろやすとぴたの(と大学がいうわけもなく、「塩谷・大黒の」といっていますが…笑)個人プロジェクトであること
②検査を受けるかどうかは、学生の自主的な判断を尊重すること

 というキツいお達しを受けています。
 とりあえず「行政政策学類生が対象」、ということになってはいますが、他の学類の学生さんを排除するものではありませんし、教職員のかたも受けていただけます。まずは、「事前研修会」に参加いただいて、放射線防護の取り組みについて学んだうえで、検査をうけ、みなさんそれぞれの放射線防護に役立ててください。

************
「CRMS市民放射能測定所 福島」と連携したWBC検査の実施について

行政政策学類 塩谷弘康・大黒太郎

 東京電力福島第一原発事故から1年9ヶ月が経過しましたが、私たちの周りでは、平常時と比べて依然として高い放射線量が測定されています。福島大学では、学生の放射線防護対策として、キャンパスの除染や放射線量計の貸出、ガイドブックの作成等を行っていますが、それだけで被ばくを低減させることはできません。みなさんが、放射線や放射線防護に関する正しい知識を身につけ、自分の被ばく状況を把握し、不必要な被ばくを回避する努力を行っていくことも大切です。
 今年度、行政政策学類では、「放射線防護教育アーカイブ化事業」を実施しています。わたしたちはその趣旨をさらに発展させて、「NPO法人 CRMS市民放射能測定所 福島」と連携して、WBC(ホールボディーカウンター)検査を実施することとしました。

WBC検査によって、体内に取り込まれ残留している放射線量を知ることができますが、現在、福島市では、だれもがこの検査を受けることができる体制は整備されていません。検査を受けるかどうかは「任意」ですが、貴重な機会ですので、皆さんの放射線防護に役立ててください。

○ 事前研修会

WBC検査を希望する方、興味がある方は、事前研修会に参加してください。放射線被ばくの現状、WBC検査の仕組み、方法などを説明し、検査の受付も行います。

第1回研修会   1月9日(水)  13時~14時30分   M-24教室
第2回研修会   1月12日(土)  13時~14時30分   M-24教室
第3回研修会   1月16日(水)  13時~14時30分   M-21教室
※ 内容はいずれも同じです。都合の良い日に参加してくだい。他学類の学生や教職員の参加も大歓迎です。また、研修会への事前申し込みは不要です。

○ WBC検査の実施

行政政策学類生を対象とした集中検査期間は、2月12日(火)~28日(木)を予定しています。
※今回のWBC検査は、年齢を問わず「無料」で実施されます。ゼミ指導教員も一緒に検査を受けてみてはいかがでしょうか。
※上記期間に検査を受けることができない場合は、ご相談に応じます。

○ お問合せ先

今回のWBC検査は、教員の大黒・塩谷の個人プロジェクトとして実施します。
不明な点がありましたら、下記までお問い合わせください。
a027@ipc.fukushima-u.ac.jp (大黒)
shioya@ads.fukushima-u.ac.jp (塩谷)

コメント

朗報ですね。

福大生がWBCを受けられるようになったとの事、それも無料で、良かったです。本当に良かったです。

塩谷先生、大黒先生の個人プロジェクトとして実施ですか・・・・大学としてやるべきことだと思うのですが・・・・

そんな逆風の中ででも実現にこぎつけて下さった先生方のご努力に感謝です。
知り合いのお子さんにも知らせたいと思います。

先生方、本当に本当にありがとうございます。大学の執行部の方々も、お許しくださったこともきっとご尽力くださったということでしょう。ありがたく思わなくてはと思っています。(いったいこの国の機関は次世代を守るつもりがあるのか・・と思いながらも、です。)
考えたくはないけれど、数十年後健康被害が出ないと断言できる人は誰もいません。自分のため、今の家族のため、未来の家族のために、本当にすべての学生さんに自分の現状を知っていてほしいと思います。検査結果のデータは生涯とっておかなくてはならないですね。いまさらですが、なんということが起きているのか、と思います。
それにしても個人プロジェクト・・お忙しい中、感謝してもしてもしきれません。

こんにちは。ぴたです。気になっているのは、学生さんがWBCを実際に受けるかどうかです。多くの学生が検査を受けてくれてはじめて、大学など本来責任を負うべきところに、もっときちんとした対応をとるように求めるための力になります。震災後、さまざまな活動が忙しくなり、その忙しさに負けて、放射線防護という最も大事なことが後回しになるような、倒錯した状況が続いています。自分たちのきちんとした放射線防護と、いま必要とされる復旧復興活動と、ともに両立させる道はないんでしょうか…日々、悩んでいるところです。
行政政策学類のすべてのゼミで、WBC検査の案内と同時にアンケートをしています。学生さんが、放射線防護について、いまどのように考えているのかに関する、ざっくりしたアンケートですが、多くの学生さんがいまどう考えているか、大まかにとはいえ、知ることができそうです。またご報告します。

  • 2012/12/24(月) 09:35:04 |
  • URL |
  • ぴた #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://311gyosei.blog39.fc2.com/tb.php/295-49c972a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)