FC2ブログ

ガンバロウ福大!行政の「結」

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震に端を発する東日本大震災をきっかけに、福島大学行政政策学類の教員有志でブログを開始しました。福大行政に関わる情報共有・情報発信の場として、このブログが、読者のみなさんとわたしたちの、また、みなさん同士の結節点になれば嬉しいなと考えています。一緒に手を携えて、この難局を乗り切っていきましょう。     (2012年3月26日記)

第1回「嶺風の部屋」国内FWインタビュー

こんにちは、嶺風委員です!
1ヶ月ぶりになってしまいましたが、今後どんどんブログ記事を書いていきますのでよろしくお願いします。
さて、第1回「嶺風の部屋」は国内フィールドワークへのインタビューです。
国内フィールドワークは行政政策学類だけで行っている授業、アクティブ科目のひとつで、塩谷本演習と合同で毎週金曜日の3限から行っています。

今回は塩谷本演習のゼミ生で、国内フィールドワークを行った4年生の佐藤美貴さん、長山知夏さん、室井富美さんにお話を伺いました。ご協力ありがとうございます。

とてもゆるい雰囲気で行いましたが、みなさんきちんと答えて下さいました!
それでは、どうぞ。


******

―はい、それではインタビューを始めます。
まず、国内フィールドワークについて、どういうものか教えて下さい。

佐藤:どういうものか・・・。国内フィールドワークは、自分たちで考えたテーマを、国内の先進地とか、そういう行きたい地域に行って、実際に聞き取り調査とか、目で見たりとか、そういうフィールドワークを行って学んでくるっていうものです。

長山:それを論文にして、嶺風に載せています。

室井:フィールドワークに行く前にも、事前学習といって文献調査とかインターネットで検索したり、みんなで何回も集まって話し合ったりして、十分に知識をつけるということもします。実際に現地に行ったときには、ヒアリングだったり、文献ではわからないことに触れて、確認して、それでまた「得て」くる、という目的もあると思います。

―今年のテーマは、「再生可能エネルギーと地域づくり」だと聞きました。そのテーマはどうして選んだんですか?

室井:これは、まあ私が出した案なんですけれども、やはり震災があったということで、原子力に依存してた姿っていうのが浮き彫りになったなあ、と個人的にすごい思って、そうやって、地震とかそういう震災があって、原発が停止しちゃうっていうのはやっぱ弱いと思ったので、再生可能なエネルギーで持続的に地域づくりとかも・・あっ、地域づくりはあとづけっていうか(笑)、まず持続的にエネルギーをつくって、政策的なことをできている、っていうのはすごい強みでもあるし、これからの時代必要になってくるんじゃないかなと思います。それで地域をつくっていけたら素敵なことだなと思ったので、そのテーマにしました。

長山:毎年、どういうテーマにするかは、最後のゼミあたりで、一人ひとりレポートを書いてきて、どういうテーマでやりたいかとか、どういう調査をしたいかって感じで、みんなで出した案の中から選んだよね。

佐藤:うん。どれがいいかなって、みんなで。

長山:やっぱり原発事故があったから、そういう研究できるのも今だけだし、やっといたほうがいいのかなっていうのがあったよね。

佐藤:やっぱり福島にある大学だし、原発事故は福島で起こった、っていうのもあるし、今すごい注目されてることでもあるなって・・・。

室井:うちらもまあ、被害者といえば被害者だしね。

―なるほど。今年のフィールドワークの場所が、岩手県の葛巻町と伺ったんですけど、そのテーマ地を決めた理由は何でしょうか?

長山:それも、エネルギーと地域づくりっていうテーマのもと、3グループに分けて、どこで調査したいかっていうのをまず調べてきて、それをみんなに発表したうえで、じゃあその中からどこにしようかっていう話になって、やっぱり先進地の葛巻がいいんじゃないかっていう話が出ました。

―なるほど。

室井:その候補は、いろいろあったんだよね。4、5個あって、高知県梼原町とか、石川県珠洲市とかがあって、その中でも、なぜ葛巻かというと、いろんな再生可能エネルギーを取り入れていて、あと葛巻全体、町全体で広域的範囲で、一部だけじゃなくて取り入れてたっていうのも印象的だったし、先進的だったので。

長山:あとやっぱり、原発のないエネルギーで地域づくりをやってるから、福島はこれからは原発のない地域づくりをしていくということで、葛巻を参考にしようかなっていう感じです。

  葛巻町の風車  DSC_2461.jpg

―では実際に、9月23日~26日まで3泊4日で行ってきたと思うんですけど、何か合宿中の思い出はありますか?

長山:・・・ワイン!(一同笑)

佐藤:ワインおいしかった~。

室井:毎日飲みましたワイン。

長山:三日三晩、ワイン飲み明かしましたね(笑)。

―特産品がワインということで毎日飲んでいた、と。

室井:『ミルクとワインとクリーンエネルギーのまち』っていうのが、葛巻のキャッチコピーだから、牧場というか酪農が盛んで、・・・牛がいましたね、いっぱい(笑)。

長山:ゼミでも、たぶんほとんどの人・・・ある茶髪の女の子以外は、あんまりワインが好きじゃない感じだったんだけれども・・・。

長山:あんまりそんなにワイン好きっていう人はいなかったけど、葛巻のワインはすっごくおいしくて飲みやすくて。みんなそれからワイン飲んでるね。

佐藤:大好きにね(笑)。

長山:そのワインは「ほたる」っていうやつなんだけど、すごいおすすめですね。

DSC_2214.jpg DSC_2210.jpg

―ありがとうございます(笑)
では、フィールドワークを通して学んだことと、それを今後どう活かしていきたいかっていうのをお聞かせいただければ、うれしいです。

佐藤:全体を通して学んだことは、やっぱり現地に行ってみると、イメージしてたことと違ったりとか、行政の人たちだけじゃなくていろんな住民の方とかにも話を聞いたんですけど、そういうところで聞いたお話とかだと、裏事情というか(笑)、いろいろと、そこに行って話を聞かないとわからないようなことを聞ける、ということをすごく感じました。そういう意味で、やっぱり現地調査っていうのは、その何だろうな、大事だなっていうか・・何かそういう良い面があるなっていうのをすごく学びました。今後はそうですね、やっぱり卒論とかもあるので(笑)。論文の書き方だったりとか、あとヒアリングとか、研究の進め方とか、そういう面ではすごく勉強になる科目だと思うので、活かしていきたいと思います。

長山:学んだことっていうと、みきちゃんと同じように、文献からじゃ見えないことで、現地に行くと見えてくることがたくさんあって、一番良かったなって思うのは、その住民の立場でどう行政を見ているかっていうのは、やっぱり文献とか、ウェブからは見えないことだから、その住民の方に直接どう思ってるのかとか、どういうふうに見てるのか、っていう生の声が聞こえるのはすごい嬉しいことでした。もうひとつは、「森と風のがっこう」というところは、エネルギーを売電してるんじゃなくて、そのエネルギーを熱や肥料にしたりとか、何か生活に使えるものとしてエネルギーを生み出しているから、やっぱり今は売電しか利用方法がなかったりするけど、違う形で使用できるやり方だったりとかがわかって、すごいためになりました。そういうのをもっと普通の家庭でも取り入れられたら、原子力に頼らない町ができたりとかもするのかな、っていうふうなところで参考になったし、今後研究にもそういうところを活かせると思います。これから社会人になると、やっぱり行政目線っていうのは見えてくるけど、大切なのは住んでる住民目線だったりとかもするから、ヒアリングでこういういろんな人から話を聞いたときにいろんな方の見方があるように、自分も偏った見方をしないように物事を見ないとな、っていうふうに思いました。

室井:学んだことは、やはり事前学習は大事だなっていうことで、それが全部左右するんじゃないかなっていうぐらい大事ですね。ヒアリングにも、その事前学習のことが大きいじゃないですか。あと最終的にはそれを論文に書かなくちゃいけないということなので、やっぱりどれだけ頭に入っているかで、ヒアリングで臨機応変な対応をできるかとか、質問もいろんな角度から聞いていくっていうふうにできると思うので、学んだことといえば、やっぱり事前学習はしっかりきっちりやっていかないと、ということです。それで、それを活かしたいのは、やはり先ほども言っていた卒論もあったんで、卒論にも活かせればなあと思うし、あと就職してからも必要なスキルにもなるんじゃないかなと思いました。で、最後に感想というか、やっぱり3泊4日みんなと一緒に過ごしたっていうのは、私の中ですごい思い出になって楽しかったし、やっぱり普段できない、一緒にお風呂入ったり晩酌したりとか、語ったりとか、それでなんだか仲深まったなーとか、ちょっとした旅行みたいな感じで。それがフィールドワークの魅力かなと思いました。あとは、今回は葛巻ですけど、普段見られない自治体とか、町の様子が見られるっていうのは面白かったなと思います。以上です。

―はい。遊びだけじゃなくて、すごく勉強してるのを感じました。フィールドワークっていうもの自体が、ほんとにどういうものかイメージできなかったので、どういうことをするんだろうな、っていうのがちょっとぼんやりしていたんですけど、なんか楽しそうです。

長山:楽しいよ!(一同笑)

―それで、ほんとにちゃんと話を聞いたりとかして、そういう学習的なこともちゃんとできるみたいで、いいなと思いました。

長山:勉強が楽しくなるよ!(一同笑)

―ほんとですか?

長山:楽しいじゃん、今!ね。 

―では最後に行政の学生に向けてひとこと、どうぞ。

長山:大学生活で、勉強やったなっていうのがほしいと思った人は、ぜひ国内フィールドワークに!

―ありがとうございました!

DSC_2453.jpg DSC_2465.jpg

文責:曽田めぐみ、中田絢子

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://311gyosei.blog39.fc2.com/tb.php/288-c7cd79f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【第1回「嶺風の部屋」】

こんにちは、嶺風委員です!1ヶ月ぶりになってしまいましたが、今後どんどんブログ記事を書いていきますの

  • 2012/11/20(火) 23:05:45 |
  • まっとめBLOG速報