ガンバロウ福大!行政の「結」

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震に端を発する東日本大震災をきっかけに、福島大学行政政策学類の教員有志でブログを開始しました。福大行政に関わる情報共有・情報発信の場として、このブログが、読者のみなさんとわたしたちの、また、みなさん同士の結節点になれば嬉しいなと考えています。一緒に手を携えて、この難局を乗り切っていきましょう。     (2012年3月26日記)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「福島大学あぶくま学生支援基金」の設立…みなさんも「特別大使」になってください!

 ぴたです。こんにちは。
 連続登場はひさしぶりですね。
 昨日、今日は大学も学園祭…天気にも恵まれ、こじんまりした福島大の学園祭はなかなかいい雰囲気です。学生さんたちが生き生きしています。
 ぴたは今年、ひろやすや地域のおじさんたちと、「福島の牛串焼」のお店を出店していますが、これが大人気。地域のおじさんたちも、「福島牛」の安全とおいしさを理解してもらえた、と喜んでいます。

 さて、今日は、重大なお知らせです!
 立ち上げるまでに1年以上の時間がかかってしまった「福島大学あぶくま学生支援基金」がようやく発足しました。僕自身は、初めから意義ある試みだと確信していましたが、さんざん壁にぶち当たり、投げ出しそうになったこともあります。それがようやく、本当にようやく、発足を迎えられます!

 311の被災者となった福島大学生の、311後の社会活動を支えようという基金です。

 震災後、多くの学生が帰省したり避難したりしました。そんななか昨年3月にも、福島に残って、避難所の運営を手伝ったり、全村避難になった飯舘村の避難計画策定の手伝いをする学生もいました。
 また、原発事故を契機に、帰省したり避難したりする学生のなかにも、「友達を福島に残してきた」、という「後ろめたさ」を抱えて、福島のために地元で活動する学生もいました。
 放射線防護に関する大学の対応に不満で、大学により真摯に事態に対応するよう要求する学生もいました。
 震災を契機に全国や世界の学生たちと、つながりあおうとする学生たちもいました。
 放射線の危険性を自ら学び、自分たちの命と生活のことを、自分たちで考え、決めようとする学生もいました。
 自分たちよりも年少の子どもたちが、放射線の心配をすることなく思い切り外で遊べるよう、保養プログラムを支援する学生もいました。
 仮設住宅で足湯活動を続けたり、イベントを企画するなどボランティア活動にかかわる学生もいました。

katsudo1.jpg
<こんな活動しています!例①>
katsudo2.jpg
<こんな活動しています!例②>
katsudo3.jpg
<こんな活動しています!例③>
katsudo4.jpg
<こんな活動しています!例④>
katsudo5.jpg
<こんな活動しています!例⑤>

 今でも、多くの学生が、福島で、またそれ以外の場所で、さまざまなテーマや手法を使って、学び、活動を続けています。311以降、この福島で必要とされ、また「Fukushima」を契機に見出された日本や世界の課題に取り組もうとするあらゆる活動が、福島大学生の間に広がっています。そうした活動が、学生たちの将来の礎になり、それが福島の、そして日本の、さらには世界の希望につながっていくことを、学生たちの間近にいるものとして、日々実感しています。

 若い力でしかできないことがたくさんあります。
 そうした福島の学生さんたちの自由で多彩な活動を、40を超え「おっさん」の域に入ったぴたは、まぶしい思いでみてきました。自分なりにいろいろと活動はしていますが、自分の活動の限界もよく感じます。そんななか自分にできることは、学生さんたちの活動を静かにバックアップしていくことしかない、そう強く思います。
 
 「あぶくま学生基金」に対するぴたの個人的な思い入れ(思い込み)です(長々とスイマセン)。

 ですが、多くのみなさんにも、福島大学の若い学生の活躍を支援していただきたいと思っています!
 そのための方法はいろいろありますが、この基金を通じて支援していただく方法が、

 「福島大学あぶくま学生基金特別大使」への就任です!

 この基金に対し一口(5,000円)以上の寄附をいただいた方には、基金から、みなさんのお名前の入った、↓ のような名刺をプレゼントします。

特別大使・名刺見本


 みなさんは、この基金の「特別大使」として、福島大学生の活躍や基金の意義を広くご紹介いただき、新たな「特別大使」の獲得のためにご奮闘いただききます。みなさんの日常的なお仕事の場や、友人・知人との交流の場などで、ぜひこの名刺をお使いいただければと思っています。
 こうした取り組みは、「寄附金」のためだけに行っているのではありません。
 福島のことを忘れず、みんなが福島の復興を支援し続けてくれるためには、多くの皆さんに「福島」にかかわっていただきたいのです。世界中のさまざまな場で、福島や福島大学生のことを語ってくれるみなさんを募集しています!

 基金について詳しくは、学類のHPをご覧ください!(→コチラ
 みなさんのご助力を、どうぞよろしくお願いいたします!

ぴた


***********

福島大学あぶくま学生支援基金 設立のお知らせ  
福島大学あぶくま学生支援基金 特別大使就任へのお願い  

2012年10月17日
福島大学行政政策学類  

 このたび、福島大学行政政策学類では、「福島大学あぶくま学生支援基金」を設立しました。本基金は、前身の行政社会学部及び行政政策学類の卒業生からなる同窓会「阿武隈会」からの出資金1,000万円をもとに、東日本大震災後の福島大学生による諸活動、たとえば、ボランティア活動をはじめとした各種社会活動や、自主的な学びを財政的に支援することを目的としています。

 東日本大震災とそれに引き続いて起こった東京電力福島第一原発事故は、福島大学生が学び、生きる前提を大きく変えることとなりました。けっして低くはない放射線に曝される生活環境の中で暮らし学び続けるべきかどうかを自らに問いながら、福島大学生はボランティアをはじめとした様々な活動を続けてきました。学生による活動の多様さ、ユニークさ、反響の大きさ、そしてその意義には目をみはるものがあります。

 こうした活動を継続するうえでネックとなってきたのが資金の問題です。活動がユニークであればあるほど、また緊急を要するものであればあるほど、学生たちはその活動費用を自ら工面しなければなりません。また、大学などの公的な資金では、「食材費」や「交通費」といった費目に支出できないという制限もあり、資金調達が学生たちの活動の大きな制約となっています。本基金は、こうした制約を少しでも緩和し、学生がその学びや活動を可能なかぎり自由に企画し、また迅速に実行できるように、  

① 支出可能な費用項目をできるだけ広く認める  
② 行政政策学類生だけではなく、他学類や他大学の学生と協同で実施するプロジェクトも対象とする  
③ 年1回の長期型助成のほかに、年4回(3か月に1度)の短期型助成を設ける  
④1プロジェクト最大50万円(年間)、20万円(3か月)を申請可能にする  

といった方針で弾力的に運営することとしています。

 学生の活動成果については、年度ごとの報告書としてまとめるだけではなく、その都度学類HPやブログを通じて、ひろく紹介していきます。

 私たちは、被災地にある福島大学で、今ここでしかできないこと、今ここでやるべきこと、今ここでしか学べないことに、自由な発想と抜群の行動力で取り組んでいる学生の活動を力強く支援することが、私たちの「今やるべきこと」だと考えています。そこで、基金の設立と合わせ、この趣旨に賛同していただける学内外の皆様からの寄附金を募集することといたしました。

 ご寄附をいただいた方には、「福島大学あぶくま学生支援基金 特別大使」にご就任いただき、その証として行政政策学類のロゴ(2010年度学生製作)入りの名刺を贈呈させていただきます。特別大使の皆様には、あぶくま学生支援基金の趣旨とその意義を広く広報していただければ幸いです。

 私たちの希望であり、また将来を担う若い世代の福島大学生の学びや活動を通じて、福島と日本の復興を支援するという「福島大学あぶくま学生支援基金」に、ご理解と力強いご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

************** 

 なお、詳しい資料などは、行政政策学類のホームページ!(→コチラ)をご覧ください!

コメント

規約など読みましたが、実務レベルの整備は大丈夫なんでしょうか。
周りに迷惑をかけないよう きちんとやってください。
決して、「見る前に跳」ばないでくださいね。

  • 2012/11/04(日) 19:20:39 |
  • URL |
  • セブンティーン #EAg74q5Y
  • [ 編集 ]

大丈夫ですよ、ご心配なく~!ぴた

  • 2012/11/08(木) 17:50:44 |
  • URL |
  • ぴた #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://311gyosei.blog39.fc2.com/tb.php/287-98d6a01b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。