ガンバロウ福大!行政の「結」

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震に端を発する東日本大震災をきっかけに、福島大学行政政策学類の教員有志でブログを開始しました。福大行政に関わる情報共有・情報発信の場として、このブログが、読者のみなさんとわたしたちの、また、みなさん同士の結節点になれば嬉しいなと考えています。一緒に手を携えて、この難局を乗り切っていきましょう。     (2012年3月26日記)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学生の力で世界とつながろうプロジェクト、準備は着々と進んでいます!

こんばんは。お久しぶりのぴたです。
ぴたファンの多くのみなさんは、最近はおやの記事ばかりでちょっと寂しい思いをしていたかもしれません(おやと人気を争っています(笑)!…久しぶりでぴたのキャラが変わってるかも?)。
「忙しい」ってことは理由にはなりませんね、ブログ記事をさぼっていてすいませんでした。
みなさんにご報告したいことは山ほどありますが、今後さかのぼりながら、少しずつ記事を書いていきたいと思います。今後ともブログをよろしくお願いします。

さて、ぴたのブログ復帰第一弾として、今一番ご報告したいのは、

「学生の力で世界とつながろうプロジェクト」

です。プロジェクトの始まり、経緯については、夜室長がすでに本ブログで報告してくれています(⇒コチラ)。本企画は、行政政策学類の学生さんを中心に立ちあがった実行委員会が、福島の「今のありのままの姿」を福島の外に広く発信するための研修旅行ツアーを企画し、全国、そして国境を越えて世界中から福島にかかわりたいという学生さんを集めて実施するというものです。企画の趣旨や研修ツアーの概要は、ともに企画にかかわり、また財政的・人的な支援を通じて学生の活動を支えてくれている「福島南ロータリークラブ」のホームページにアップされています(⇒コチラ)。ぜひ一度、企画の趣旨を読んでみてください。

5月8日には、福島県庁記者クラブで記者会見も行い、NHKをはじめとする県内の放送局、産経新聞や赤旗、共同通信や朝日新聞、さらには宮崎日日新聞などでも取り上げていただきました。福島民報社のHPで、記者会見の様子を見ることができます!(⇒コチラ)。記者会見以降も、NHKには実行委員会の様子などのテレビ取材も続けており、今後何らかの形で企画から実施まで、報道がされると思います。ずいぶん注目されていますね。

さて、肝心のプログラムです。
研修ツアーは明日から始まります。実行委員会から渡された「研修旅行のしおり」のなかから、プログラムの概要をいくつか拾ってみましょう。

shiori.jpg
<研修旅行のしおり表紙>

<6月10日>
○東京駅、成田空港、羽田空港を回るバスで研修ツアー参加者が来福
○土湯温泉にて歓迎会・懇親会
○福島南ロータリークラブ会長 高橋和之さん挨拶
○講演会「東日本大震災以降の福島の現状について」(土湯温泉観光協会会長 渡邊和裕さん)
○土湯温泉「旅館 山根屋」宿泊

<6月11日>
○福島大学でのワークショップ①外から見たFukushima~今、あなたは福島をどう思いますか?
○福島大学生企画レクチャー①「なぜ日本の原子力政策は変わらないのか」(報告者:曽田めぐみ)
○福島大学生企画レクチャー②震災体験記(報告者:高山瑞穂、高畑祥史)
○福島大学生企画レクチャー③福島大学災害ボランティアセンターの活動報告(報告者:災ボラセンター学生)

<6月12日>
○テーマ:浜通りの現状と市民の活動(案内)一般社団法人南相馬除染研究所箱崎亮三さん
○浜通り視察①津波のスケール(南相馬市鹿島・相馬地域)
○浜通り視察②津波+放射能被害(南相馬市小高地区、浪江方面)
○ヒアリングワークショップ「復興とは?」:市民による活動、子どもを持つ母親の声
○意見交換会

<6月13日>
○テーマ:浜通りの被災と復興
○浜通り視察③被災と復興~いわき市「ホテルハワイアンズ」
○講演会 ホテルハワイアンズ総括支配人下山田敏博さん
○ホテルハワイアンズ館内説明
○トロピカルフラショーの見学
○施設内自由活動

<6月14日>
○テーマ:311以前と以後の福島の農業
○飯舘村視察:飯舘村住民の方とともにバスから視察
(視察場所)ハヤシ製作所、特別養護老人ホーム、村内パトロール見守り隊基地いちばん館、飯舘村役場、飯舘村公民館、キクチ製作所
○飯舘村の農業は今:「森の名人」菅野さんの山林を名人の案内で見学、説明を受ける
○福島市内の借り上げ農地での「さつまいも」苗植え体験
○福島大学で農産物の放射線検査の現場見学(昼食で食べる米を検査する)
○「かーちゃんの笑顔弁当」を試食+大学周辺で収穫したお米でおにぎりを作って食べる

ka-tyanomote.jpg
<かーちゃんの笑顔弁当>
ka-tyanura.jpg
<「かーちゃんの笑顔弁当」とは?>

○福島南ロータリークラブ主催の懇親会
○学生宅・ロータリークラブ会員宅でのホームステイ

<6月15日>
○テーマ:避難生活の今、学生の活動
○福島市内の仮設住宅での「足湯ボランティア」体験
○仮設3か所での足湯ボランティアと住民との懇談(お弁当、お菓子を食べながら)
○グループワーク(翌日の発表に備えて)

<6月16日>
○グループごとの報告会「福島で学んだこと、そして福島をどう伝えるか?」…一般公開されます!
○意見交換と講評
○解散式・記念撮影

以上がプログラムの概要です。すべて福島大学生の実行委員会のメンバーが、自分たちが持つネットワークを活かし、情熱と自らの足で作りあげたプログラムです。多くのみなさんの協力を得ながら、「現場」にいる福島大学生だからこそ企画できた、地べたを這うような福島体験プログラムになっています。

今回の研修旅行に県外から参加されるメンバーは、合計23名、そのうち海外からの参加は3名です。
実行委員会からの参加者10名、さらにはプログラムごとに南ロータリークラブのメンバーさんや、ぴたなど大学教員が加わります。

現在、実行委員会のメンバーが、明日の受け入れに向けて最終準備の真っ最中です!頑張っています。

jyunbichu.jpg
<まだやらなきゃいけないこと、残ってるかなあ…?>

受け入れまであと1日。準備万端で県外からのみなさんを受け入れます。

さて…

研修旅行中は、参加者全員が積算線量計を持ちます…こんな研修旅行は、他ではありえません。
他方で、企画側の福島大学生にとっても、また研修に参加するために県外から来る学生さんにとっても貴重な1週間になるはずです。この研修旅行は、県内外の学生を問わず多くのことを学び考える、二度とない体験になることでしょう。こんな研修旅行は、他ではありえません。

京都大学原子炉実験所の小出裕章先生を訪ねたときの、小出先生が私たちに言った言葉が思い出されます。

福島では被ばくのリスクはあります、そうだとしたら、大事なことは、その被ばくのリスクを超えた何かをつかめるかどうか…

確かに難しい問題です。それは分かっています。そんな中で、この研修旅行への参加を決め、福島の今を直接体験して、「何か」をつかもうとする学生さんたちがこんなにもたくさんいます。

最後に…

この研修ツアーには、タイトルがあります。

「外からみたFukushima、内からみた福島、君の心のふくしま」

福島県外から来る学生さんが、福島に住む学生たちの話を聞き、その生活を体験します。
福島県内で大学生活を送る福島大生が、県外から来る同じ学生さんの話を聞き、彼らが福島の今の日常を体験した時に感じる驚きを目にします。
両者が1週間という時間と体験を共有し、語り合います。
そして、研修旅行の最後には、一人ひとりの学生さんの心にそれぞれの「ふくしま」の姿が残るはずです。
福島を離れても、ずっと「君の心のふくしま」を持ち続けてもらえたら嬉しいです。
福島に残っても、福島のことを自分の問題と考えてくれる仲間が各地にいることを、私たちは忘れずにいたいと思います。

明日からの研修旅行、楽しみです!
研修旅行の模様は、引き続きこのブログで報告します。
みなさんからのご意見をお待ちしています。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://311gyosei.blog39.fc2.com/tb.php/274-8506a8dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。