ガンバロウ福大!行政の「結」

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震に端を発する東日本大震災をきっかけに、福島大学行政政策学類の教員有志でブログを開始しました。福大行政に関わる情報共有・情報発信の場として、このブログが、読者のみなさんとわたしたちの、また、みなさん同士の結節点になれば嬉しいなと考えています。一緒に手を携えて、この難局を乗り切っていきましょう。     (2012年3月26日記)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災・放射能対応もやっています!今度は、「内部被曝を考える」シンポジウム

夜室長です。ブログをこまめに更新するとの決意もどこへやら、約1カ月ぶりの登場になってしまいました。すみません。「おや」に苦笑されてしまいましたが、書きたいことはたくさんあるのに、手が回らない(首が回らない?)毎日です。

さて、今日の話題は、学類の震災・放射能対応についてです。ブログでもお伝えしているように、大震災から2年目を迎え、福島ではさまざまな復旧・復興の取組みが展開されています。もちろん復旧・復興の取組みは重要ですが、地震や自然災害がいつまた襲ってくるか分かりませんし、福島第一原発事故はとうてい「収束」とは言えない状況にあります。したがって、復旧・復興支援と並んで、また、復旧・復興支援の前提として、震災・放射能対応にきちんと取り組んでいく必要があります。

今年度の委員会再編によって、「震災対策・復興支援室・リスク管理チーム」はなくなり、ぴたも夜室長も2階のミーティングルームからそれぞれの研究室に戻りましたが、放射線被曝が長期化する中で、学生や教職員がこの問題とどのように向き合うか、ますます重要な課題になっていると考えています。

4月19日には、学類の学生生活委員会が主催して、新入生全員を対象にした「地震・放射能対応ガイダンス」を開催しました。ガイダンスでは、学生生活委員の清水さん、佐々木さん、岩崎さんが、「3.11東日本大震災から学ぶこと」「地震への対応」「放射能への対応」「情報の伝達」「緊急時学生連絡カード」について、分かりやすく説明してくれました。そこでは、低線量の放射線の影響をどのように考えるかは人それぞれで、どれが正しいとは一概には言えず、それぞれの考え方を尊重するとともに、自分で調べて自分で行動することが大切である、ということが強調されていました。

本当にそのとおりですね。夜室長は、教養演習のゼミ生20人に、1週間、積算線量計で自分の被曝線量と、屋内・屋外の空間線量を計測して、汚染や被曝の実態を知るという作業をしてもらいました。その結果については、またご報告したいと思いますが、参考までに夜室長の1週間(4月12日~19日)の被曝線量は22マイクロシーベルトでした↓。

schedule.jpg

ちょうど授業が始まったばかりで、授業準備に追われていたので、ほとんど研究室に引き籠り状態でした(なんか生活の一部を見られたようで恥ずかしいですね)。

また、ぴたとは、昨年来、「大学の放射線教育」について新たなプロジェクトを立ち上げようと話し合ってきました。学生と教職員に加えて、保護者の方もまじえて、講師の方を読んだり懇談会を開催しながら、福島大学の学生・教職員にとってやるべきこと、考えるべきことを1年かけてまとめよう、という趣旨です。

そんな矢先、今年2月に、「地域貢献活動の一環として,放射線と被ばくの問題について研究し,副読本などの媒体を通じて情報発信することを目的として」、福島大学の教員有志により「福島大学放射能副読本研究会」が結成されました。3月25日に副読本が公開され、週刊金曜日に紹介されるなど、大きな話題を呼んでいます(副読本は現在改定中ですが、初版は→こちら)。

副読本のサブタイトルである「減思力(げんしりょく)を防ぎ,判断力・批判力を育はぐくむために」は、私たちの願いと一緒です。そこで、来週23日(水曜日)に開催される、同研究会主催のシンポジウム「内部被曝を考える」に、夜室長も参加することにしました(本当は、ぴたを送り込みたかったのですが、うまくかわされてしまいました)。

第一部は、パネルディスカッション「内部被曝を考える」(13時~15時)で、パネリストには、最近、岩波ブックレット『内部被曝』を出版された、矢ケ崎克馬さん(琉球大学名誉教授)と守田敏也さん(ジャーナリスト)をお迎えします。福島大学からは、副読本研究会の中心メンバーである後藤忍さん(共生システム理工学類)と塩谷が加わります。
第二部は、討論会「福島大学における学生生活環境を考える」(15時15分~16時45分)で、学生や保護者の方をまじえて、被曝の問題について考えていきます↓。

symposium.jpg

場所は福島大学L-4教室です。入場無料・事前申し込みは不要ですので、どしどしご参加ください。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://311gyosei.blog39.fc2.com/tb.php/272-50e1ae9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。