ガンバロウ福大!行政の「結」

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震に端を発する東日本大震災をきっかけに、福島大学行政政策学類の教員有志でブログを開始しました。福大行政に関わる情報共有・情報発信の場として、このブログが、読者のみなさんとわたしたちの、また、みなさん同士の結節点になれば嬉しいなと考えています。一緒に手を携えて、この難局を乗り切っていきましょう。     (2012年3月26日記)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学院東京サテライト@立教 開設式

昼の震災対策室からこんにちは、しみず@ブログ庶務担当です。

今日は、さる4月7日に挙行された、大学院地域政策科学研究科東京サテライトキャンパスの開設式の様子を、今井さんにレポートしてもらいます。
僕も今週から「災害法制」という授業で出講します、院生のみなさん、一緒に力を合わせてがんばりましょう!

ではでは、今井さん、よろしくお願いします!


*******
 4月7日(土)に東京サテライト@立教の開設式が行われました。開設式は立教大学池袋キャンパス内で行われ、そこで学び研究する院生はもちろん、福島大学から入戸野学長やそこで講義をする担当教員、さらに立教大学からは吉岡総長、法人の立教学院から糸魚川理事長など、多くの方が参列する中、華やかながらも力強く施行されま
した。

IMG_0649.jpg
〔あいさつに立つ入戸野学長〕
IMG_0651.jpg
〔あいさつをいただいた糸魚川理事長〕
IMG_0656.jpg
〔あいさつをいただいた吉岡総長〕

 東京サテライト@立教は、行政政策学類の大学院である「地域政策科学研究科」の一部を東京で開講しようというものです。開講するのは「政策課題プログラム(災害復興)」という科目群です。その内容について詳しくは、行政政策学類のホームページから「大学院・東京サテライト」の頁をみてください。

IMG_0634.jpg
〔科目履修について説明する教務課の山田さんと真剣に聞き入る院生のみなさん〕


【「ふくしま復興学」へ】

 震災から半年間たったころ、私たちは大学として何ができるかを考え始めました。もちろん、それまでも教職員や学生たちは被災者や地域に対して個々の支援活動を展開してきましたが、大学としてできることは何かをあらためて考えたとき、この福島の課題を普遍化して、全国や世界の共有財産とすることではないかと思い至ったので
す。私たちはそれを仮に「ふくしま復興学」と名づけました。
 だから「ふくしま復興学」は福島ローカルの課題ではありません。福島の事例を通して、全国や世界の問題を考えることです。そこで、私たちはそれを東京で開設しようと考えました。福島目線で全国や世界のことを考える拠点を東京に置こうと考えたのです。

IMG_0665.jpg
〔開設式で「ふくしま復興学」の意義を力強く語る今井さん〕

 この主旨に賛同して、立教大学が施設の提供を了解してくださいました。立教大学は震災前から陸前高田市と交流を続けており、震災後は「東日本大震災復興対策本部」を立ち上げ、全学をあげて復興支援に取り組んできています。両者の思いが通じあって、きわめて短期間のうちに協議が整い、2011年12月に大学間の連携協定が締結
されました。そしていよいよ2012年4月から、福島大学大学院地域政策科学研究科東京サテライト@立教が、立教大学池袋キャンパス構内に開設されることになったのです。

IMG_0654.jpg
〔開設式の様子〕

 現在、社会人院生6人が所属し、福島大学の専任教員はもとより、全国からそれぞれの分野で名だたる研究者、弁護士などの実務家、ジャーナリストなど、あわせて今年度だけでも40人近くの人たちが講義をすることになっています。これはほんとに小さな1歩ですが、東京サテライト@立教は、福島から「うって出る」試みです。福島の課
題を自分のこととして考えている人たちに、ぜひ注目と参加をしていただけたらありがたいです。

IMG_0681.jpg
〔院生のみなさん+立教・福大関係者のみなさんで記念撮影〕

次年度の東京サテライト@立教の前期入試は、9月に出願、10月に入試が行われる予定です。

【東京サテライト運営委員会 今井 照】

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://311gyosei.blog39.fc2.com/tb.php/269-9a8432eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。