ガンバロウ福大!行政の「結」

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震に端を発する東日本大震災をきっかけに、福島大学行政政策学類の教員有志でブログを開始しました。福大行政に関わる情報共有・情報発信の場として、このブログが、読者のみなさんとわたしたちの、また、みなさん同士の結節点になれば嬉しいなと考えています。一緒に手を携えて、この難局を乗り切っていきましょう。     (2012年3月26日記)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行政の「結」ブログ開設1周年、そしてこれから・・・


昨年の3月25日、本来であれば、卒業式が行われる予定の日に、この行政「結」ブログは誕生しました。清水さん(まだ、「おや」ではなかったんですね)の、「4年生のみなさん、卒業おめでとう!」という記事が、記念すべき第1回投稿でした。

3月25日といえば、震災発生からちょうど2週間。安否確認、帰省支援チャーターバス運行など、怒涛のような初動の震災対応が一段落した時期でした。まだまだ原発事故は予断を許さず、授業再開の見通しも立っていませんでしたが、全国にちりぢりになっている行政の学類生や新入生に対して福島の今を伝えたい、不安を抱えながらもなんとか繋がってこの難局を乗り越えたい、そんな思いでこのブログを始めました。

以来、ブログにアップした記事は240を数え、アクセス数は4万件を超えました。途中、放射能問題や新入生ガイダンスをめぐる意見の相違からブログが炎上しそうになったり、授業や震災対策に多忙なあまり更新が停滞した時期もありましたが、皆さんのコメントや拍手に支えられて、なんとか1周年を迎えることができました。

学生さんに対して必要な情報を提供することを目的にスタートしたブログでしたが、震災対策室や学類のメンバーの意見を表明する場になったり、全国に対して福島や福島大学の現状や課題を発信する場になったり、さらには新たな出会いや繋がりが生まれるきっかけになったりと、私たちの想定を超えて、大きく成長してきたのではないかと思います。

定期的・安定的にブログが更新できず、それがストレスになることもあります。また、ネタはたくさんあるのに、学生や教員の多様な活動の一部しか伝えられないというジレンマもあります。しかし、「さまざまな人をつなぐ結節点になる!」というブログの理念はけっして色褪せていないし、復旧・復興に長期間を要するFukushimaから情報や意見を発信する必要性はますます高まっているのではないかと自負しています。

ブログ2年目に入るにあたり、先日、おや、ぴた、ひろやすの3人で、この1年間を振り返り今後を展望する「鼎談」を行いました(と言っても、居酒屋で飲みながらの「放談」「漫談」でしたが)。あまりにトップシークレット?が多くて全貌は明らかにできませんが、近々、おやがその一部を紹介してくれるでしょう。お楽しみに!

今後は、学生さんと一緒に行政「結」ブログをさらに充実させていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

ブログ管理人を代表して  任期のない夜室長より

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://311gyosei.blog39.fc2.com/tb.php/260-31637082
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。