ガンバロウ福大!行政の「結」

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震に端を発する東日本大震災をきっかけに、福島大学行政政策学類の教員有志でブログを開始しました。福大行政に関わる情報共有・情報発信の場として、このブログが、読者のみなさんとわたしたちの、また、みなさん同士の結節点になれば嬉しいなと考えています。一緒に手を携えて、この難局を乗り切っていきましょう。     (2012年3月26日記)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

在学生の今XXI~国内フィールドワークで近江八幡に行ってきました!…塩谷ゼミ3年

昼の震災対策室からこんにちは、おやです。

3月もあっという間に下旬に差し掛かり、もうすぐ卒業式ですね…

あっ、卒業生を送る会の記事・・・・・・(沈黙)。

デッドラインまであと一週間、がんばりますです・・・・・・。

さてさて、今日は、塩谷ゼミの学生さんが書いてた2011年度の「国内フィールドワーク」の記事をお届けします!
国内フィールドワークは、わが行政政策学類が誇る「アクティブ科目」の一つです(アクティブ科目についてはこちら)。
昨年度の国内フィールドワーク(記事はこちら)にはおやも参加したのですが、そこで調子に乗りすぎたからか、今年度は夜室長が誘ってくれず…ウソつきました、スミマセン。今年度は予定が合わず諸事情で参加できませんでした。

非常にアクティブなフィールドワークだったようです、それでは、塩谷ゼミの田中くん、よろしくお願いしまーす!

*******

みなさん、はじめまして、塩谷本演習3年の田中です。塩谷本演習が中心となっていってきた「国内フィールドワーク」のブログを書く係を押し付・・・ゴホッ、ゴホッ、任されていたのですが、手をつけずに、まあ、そのうちとおもっていたら、係を押し付・・・ゴホッ、ゴホッ、任されてから随分と経ってしまいました。任されたのが10月のはじめと記憶しているのでかれこれ4か月も放置していました。塩谷先生、「国内フィールドワーク」のみなさん、仕事を怠けてごめんなさい。ようやく重い腰をあげたものだから産まれたての仔鹿のように足ががくがくだけど、無事に、ブログ投稿というゴールまで歩けるように暖かく見守っていてね。


「国内フィールドワーク」は学生が中心となって研究のテーマ・調査地をきめ、実際に調査地での泊りこみの実地調査を行う科目です。昨年は塩谷本演習の8人と大黒本演習の1人、塩谷先生の10人で研究を進めました。一昨年の「国内フィールドワーク」のテーマであった「歴史的景観と生活の景観の関わり」からのつながりで昨年は「農村景観の変遷と保全の取り組み」をテーマに活動してきました。


はじめのころはまず農村や農村景観について調べることから始めました。記録媒体別に担当を分けて、資料のリストを作るなどして、全員で知識を深め共有しました。
時には部屋の中で資料を漁ってばかりでもしょうがないってことで、大学で自転車を借りて、福大周辺の「農村景観っぽい」ものを探しにいったり・・・

001.jpg

002.jpg

003.jpg

004.jpg

005.jpg

福大周辺の何気ない景色ですが、写真にするとそれらしく見えるもんですね。辺り一面真っ白の雪景色も悪くないですが、そろそろ緑が恋しいです。

006.jpg

あっ、自分、猫派です。かわいいですよね、猫


飲み会やBBQも定期的にやりました。炭に火をつける技術がかなり向上した気がします。遊ぶ時はしっかり遊びますよ。そういえばBBQのときに蝉の羽化をみんなで見守りました。ラッキーでしたね。

007.jpg

008.jpg

009.jpg


基礎となる知識をつけた後は具体的なテーマや調査地について決めました。いろいろなことを決定するのに時間がかかってしまったので、来年はその反省を活かしたいです。調査地は当初は長野県の安曇野が有力でしたが、三重県の丸山千枚田や北海道の美瑛町などの数ある候補の中から、滋賀県の近江八幡市に決定しました。
調査地の次はヒアリングを行う対象や質問の内容を決め、調査合宿に臨みました。

壮行会兼塩谷先生のお誕生日祝い。なかなか燃え盛ってますね。

010.jpg

011.jpg

012.jpg


近江八幡市へ出発! おや? 帰りの写真?? いいえ、バリバリ行きの新幹線での光景です。しかも居眠りではなく、フードを被って寝る気満々…不届き者ですね。何を隠そう僕です。ごめんなさい、寝不足だったんです。

013.jpg


そして、近江八幡市に到着!!
近江八幡市の現地でも駅で自転車を借りて移動しました。歴史ある町並みの中をサイクリングするのは良い気分でした。

014.jpg

015.jpg

016.jpg

017.jpg


1日目にいった八幡掘の風景です。堀の周りを歩きながら、「八幡堀を守る会」の白井貞夫さんにお話しを聞きました。今も美化のための活動が行われています。

018.jpg

019.jpg

020.jpg

021.jpg

022.jpg

023.jpg

024.jpg

025.jpg

026.jpg

027.jpg


1日目はキャンプ場のテントに泊まりました。夕食はBBQでした。薄い布団でごつごつしてました。僕は夜中に急に勢いよく上半身起こしたらしいのですが全く憶えて無いです。ホラーですね。

028.jpg

029.jpg


巷でウワサの琵琶湖です。で、でかい。

030.jpg


リップクリームの「メンターム」の名で有名な近江兄弟社の本社も近江八幡市にあります。ただ本社があるというだけでなく、昔近江八幡市に来た外国の建築家が近江八幡市を好きになり、創業したのが「近江兄弟社(創業当時は社名が異なる)で、その収益で近江八幡市で病院や学校などを経営したという密接なつながりがあるのです。説明が雑なのは、知的好奇心としての余白を残すためでありまして、決して手抜きではないのであしからず。

031.jpg


2日目は「権座」という湖の中にある飛び地の田んぼを見に行きました。また「権座・水郷を守り育てる会」の方からもお話を伺いました。ここでは営農という観点からみた景観保全の在り方についてのお話を聞くことができました。

032.jpg

033.jpg

034.jpg

035.jpg

036.jpg

037.jpg


2日目の夕食は近江牛という牛が有名らしいので食べてきました。前日のBBQで肉をしこたま食べたので、当分の間肉は良いや、向こうから言い寄られちゃ邪険に扱えないが、こっちからアプローチすることもあるまい、まぁでも、せっかく来たんだから記念にね、と肉疲れとでも言うような気持ちを抱えた僕とは裏腹にちゃんとしたすき焼き食べた人も多かったですね。アレ??みんな昨日肉食いまくったよね?肉ならいつでもかかって来いやって感じなの?と内心思い、若者は斯くあるべきかと、前夜のBBQごときで叩きのめされた我が身が少し情けなくなりつつ、すきやき丼を満喫しました。

038.jpg

039.jpg

040.jpg


3日目は北之庄という地域で景観保全活動をしている団体の方の話と、近江八幡市役所の都市計画課の方からお話を伺いました。

041.jpg

042.jpg

043.jpg


3日目に泊ったのは「八幡酒蔵工房」という空き町屋を利用した宿泊施設です。工房であり、ギャラリーでもあり、工芸教室でもあり、カフェでもありと多機能で魅力溢れる場所でした。夕食は地元で採れた野菜や魚を使ったメニューをいただきました。夕食をとる前に銭湯にいったのですが、みんなで迷って全然違う場所に行ったりしてしまいました。土地勘がないだけにとんちんかんな場所に行ってしまったということで今となっては良い思い出です。3日目の夜は予定にはなかったのですが、八幡酒蔵工房の経営者である小関皆乎さんからお話を聞くことができました。八幡酒蔵工房がどのようにしてできたのかや、近江八幡市でしてきた活動の話、近江八幡市で活動している団体の話を聞くことができました。

045.jpg

046.jpg

047.jpg

048.jpg


1日目のキャンプから2日目、3日目と眠る環境の変遷というか、グレードアップ加減がすごかったです。3日目でようやくふかふかの布団で眠れました。至福!!!

049.jpg

050.jpg


最終日は、市民団体を支援している組織の方と近江八幡市の景観保全に尽力された前市長の川端五兵衛さん、昔の町並みが残る旧市街地で伝統的な建築物の保全活動をしている団体の方からお話を伺いました。

051.jpg

052.jpg

053.jpg

054.jpg


調査合宿から帰ってきてからは、行政政策学類の論文集「嶺風」に寄稿する論文の作成が主な活動でした。テーマや構成などを、国内フィールドワークのみんなで話し合いながら作成していきました。来年の「嶺風」に私たちの論文が載るので、興味のある方はぜひ目を通してください。

来年は新4年生が5人と新3年生が2人と塩谷先生の8人+α(国内フィールドワーク参加者)で活動します。来年度は「エネルギーと地域づくり」をテーマにする予定ですが、調査地が決まっていないように、テーマが変わる可能性もあります。学生が主体となった研究をしたい人にとっては「国内フィールドワーク」は最適ではないでしょうか。また「国内フィールドワーク」に参加すれば、塩谷先生がエキサイティングな活動に参加させてくれます。つい先日も遊休農地にピザ窯を作りました。学生のうちに心に残る「何か」がしたい、そんなあなた、その「何か」が「国内フィールドワーク」で見つかるかもしれません。※あくまで個人の感想です。効果には個人差があります。


以上、国内フィールドワークの紹介でした。(先生、こんな感じで大丈夫でしょうか?)

長文で失礼しました。



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://311gyosei.blog39.fc2.com/tb.php/257-c163b08e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。