ガンバロウ福大!行政の「結」

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震に端を発する東日本大震災をきっかけに、福島大学行政政策学類の教員有志でブログを開始しました。福大行政に関わる情報共有・情報発信の場として、このブログが、読者のみなさんとわたしたちの、また、みなさん同士の結節点になれば嬉しいなと考えています。一緒に手を携えて、この難局を乗り切っていきましょう。     (2012年3月26日記)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

在学生の今ⅩⅩ~2つの研究会のお知らせ…辻ゼミ1年

こんにちは。ぴたです。
直前の↓記事
おやは、「ゼミ内での立場が弱い」
…まさにその現場を見た、ぴたです。
でもね、おや、こういう学部でよかったね。
教員と学生が対等に学んだり、議論したり、遊んだり…そんな楽しい現場でした。
実際にどんなことがあったのかは…どこかで企画する「覆面座談会」ででも報告します。

さて、これまで学生さんに記事をお願いすることはあっても、学生さんから、「自分の書く記事を載せてほしい!」という話をもらったことはありませんでした。
今回は積極的な1年生から連絡が…うれしいことです。今日はその記事を掲載します!

*********

こんにちは。私、行政政策学類1年の山岸徹と申します。
私は、後期の授業でお世話になった伊藤宏之先生(人間発達文化学類特任教授)のご紹介で、昨年末から現在にかけて2つの研究会に参加する機会がありました。今回は、この場を借りて、その研究会の趣旨内容の紹介と、参加者募集の宣伝をさせていただきたいと思います。

まずひとつは、昨年12月から開催されている「福島21」という地方自治研究会についてです。昨年3月11日に発生した東日本大震災、特に福島第一原発事故に伴って露見した戦後日本の社会全体の見直しの必要性を受け、伊藤先生と民主党所属の県議会議員石原信市郎氏が中心となって設立されました。
読者の皆さんの中でも、この1年の間に「政府や議員は何をしているのか?」という怒りや疑念を抱かなかった人はいなかったと思います。私もそのような感情を抱く県民の1人でした。しかしよく考えてみると、この政治の有様は、この日本の主権者である私たちが選択した結果の積み重ねによって引き起こされたという側面があることも無視することはできないと私は思っていました。そんな時に参加したのがこの「福島21」です。
東日本大震災の復興に際して、地方自治体議員・民間事業家・研究者・学生・そして一般市民が率直な意見交換を行い、ネットワークをつくる。そして、具体的な政策作成とその実現を通して、国民主権を確立していくという趣旨のもとにこの会は開催されています。(会の中では、これを「新しい公共」の創造としています。)現に私も、県議会議員はもちろんNPO関係者や地元企業家と直接意見を交わしました(議員さんの耳が痛くなるようなことも率直に)。また、学生同士だけでなく、さまざまな立場の人がどのような視点でこの震災を見ているのかを知ることは、今後復興を考えるにあたり重要な経験になりました。
そこで、皆さんに「福島21」のフォーラムのご案内です。

【民主党青年局 県民フォーラム「福島21」】

○開催日時:平成24年3月10日土曜日 15:00開演
○開催場所:福島市内 福島市民会館2Fホール
○定員:一般参加者含め100名(定員を超えた場合は入場をお断りいたします)
○コメンテーター(予定):
参議院議員 金子恵美(参議院福島地方区選出)
衆議院議員 山口和之(衆議院比例東北ブロック選出)
衆議院議員 石原洋三郎(衆議院福島第1小選挙区選出)
他、多数の国会議員・地方議員の参加を予定
○テーマ:福島県の農業復興・雇用創出・社会保障・医療福祉 など(参加議員の所属委員会の関連により)
○問い合わせ先:民主党福島県総支部連合会青年局 024-529-6600 石原信市郎

主催が「民主党」と聞くと不信感を抱く人もいるかもしれませんが、別に民主党の支持者になれというものではないので、安心して具体的な「不満」や「意見」をご持参のうえ参加してください。(私自身も別に民主党を支持しているわけではありません。無党派層です。)特に、学生の皆さんの参加は大歓迎とのことですが、一般の方も含め定員が100人ですので、事前に私に連絡をいただけると助かります。
また、議員1対市民20の少人数制の意見交換を予定しているようです。なかなかこれほど直接的に意見をぶつける機会はないと思いますので、ぜひご参加ください。


もうひとつの研究会は「福島・市民シンクタンク」です。こちらは、震災と原発事故によって晒された日本の組織硬直と指導者層の腐敗を招いた原因のひとつである、「お任せ民主主義」の自覚とそこからの脱却の理念が根底にあります。また、新自由主義に象徴されるような「豊かさ」(食糧・エネルギー資源)の奪い合いから、分け合いながら共に生きる社会の実現への転換もその趣意のひとつです。その上で、以下2つの目的を掲げています。

①政策立案の意思と能力を喪失した議員にかわり、地方自治の立場から、市民自らが政策立案に関わる
②政策立案の意思と能力をもった議員の育成

こちらの会は2月下旬に第1回が開催されたばかりですが、「福島21」と違い一般市民が主催となっており、市民相互が学習し合いながら目的の遂行を目指す点で意義深く、画期的なものだと思います。詳細は以下の通りです。学生のみならず、一般市民の方の参加も大歓迎です。「政治は難しいことではありません。貴方の納めた税金をチャンと使わせる だけのことです。」(福島・市民シンクタンク案内より)

【福島・市民シンクタンク学習交歓会】
○日時:毎月第4水曜日(次回は3月28日) 18:30~
○会場:市民活動サポートセンター3F会議室A2
○講師:福島大学特任教授 伊藤宏之
○会費:一般の方は会員登録をお願いします。年会費1000円。生徒学生は会費無料。
○持参物:福沢諭吉著、『学問のすすめ』
○主催・申し込み先:福島・市民シンクタンク事務局 福島市鎌田字卸町13-4(荘司商店内)024-553-0851 又は 090-4417-5401/shoji1412542@yahoo.co.jp

どちらの会も学生が少なく、福大生はほとんど私ひとりの状態です(寂) また「僕は友達が少ない」のでネットワークがなかなか広がりません。少しでも興味・関心がある方は下記のアドレスまでご連絡ください。もちろん、学生以外の方も大丈夫です。

山岸徹:urot127-baysideshakedown-vader@ezweb.ne.jp

私が、このブログの記事や上記研究会から感じたことは「つながり」、つまりネットワークづくりの重要性です。政府はもちろんのこと、自治体・大学・NPO・民間企業・「侍」の先輩方・かーちゃんの力プロジェクトなど、数えきれないほどの人や団体がこの震災に際して、数々の有意義なアクションを起こしています。しかし、この「点」の活動が「線」となってつながりあわなければ社会全体を動かす原動力にはなりません。これでは、それぞれのアクションの大きな可能性が狭まってしまうことにつながりかねません。そんなのもったいない! ですから、ぜひ上のような会を媒体としてネットワークを広げていけたらいいなというのが私の願いです(個人的にも)。
また、私は1回や2回のフォーラムでこの状況が好転するとは少しも思っていません。きっと一学生の意見なんて切り捨てられてしまうでしょう。でも、参加を通して「私たちひとりひとりの国民は、ただ税金を払う駒ではない。私たちがこの日本の主役なのだ。」ということを国民自身と(特に)議員が意識するきっかけをつくるだけでも、それは大事な一歩になると思います。
なにとぞ、ご協力お願いします。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://311gyosei.blog39.fc2.com/tb.php/254-cf7365f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。