ガンバロウ福大!行政の「結」

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震に端を発する東日本大震災をきっかけに、福島大学行政政策学類の教員有志でブログを開始しました。福大行政に関わる情報共有・情報発信の場として、このブログが、読者のみなさんとわたしたちの、また、みなさん同士の結節点になれば嬉しいなと考えています。一緒に手を携えて、この難局を乗り切っていきましょう。     (2012年3月26日記)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1年生の今Ⅴ~銀山温泉へGO!!!…清水教養演習1年

夜の震災対策室からお久しぶりです、オレンジ・やきのりです。


今日は、久々に(?)自らの手でブログを執筆します(汗)!しかも、これまた久々の「1年生の今」シリーズで、おやの担当する教養演習の様子をお伝えしようと思います。

本来であれば、ゼミ生に書いてもらいたいのですが、おやはゼミ内での立場がとても弱いので(詳細はぴたさんがよく知っています←笑)、まずは自分で書くことにします。


*******

1年生の清水教養演習は、「温泉と地域づくり」というテーマのもとで一年間活動してきました。

よく、「清水ゼミは鍋パーティーしかやっていないんじゃないか?」とか、「清水ゼミは遊んでばかりなんじゃないか」という噂を耳にしますが(笑)、ちゃんと研究活動もしているんですよ!
ま、おやのゼミ運営のモットーは、「良く学び、良く議論し、よく遊ぶ」ことなので、上記の噂も半分は当たっていますが…(苦笑)。

allmember3.jpg
〔たしかに、毎月のように鍋をやっていました(笑)〕

清水ゼミでは、当初、福島大学近辺の温泉地である飯坂・土湯・高湯・岳の各温泉をフィールドに、各温泉地に適した地域づくりのあり方を、文献やインターネット資料、アンケートやインタビュー調査を通じて検討する予定でしたが、3.11の影響で、当初の予定を変更せざるを得なくなりました。

じゃぁ何をやっていたかって(汗)?えっと・・・鍋(笑)!



だけではないですよ!


前期は、各ゼミ生のオススメ温泉地をゼミ生にプレゼンしてもらうとともに、文献輪読を通じて先進的な温泉まちづくりの例を把握し、各温泉地の特徴的な取り組みの検討を通じて、各地域に共通する特徴や地域間の違いについて議論をしてきました。

IMG_0860.jpg
〔前期の最後には飯坂電車で飯坂温泉に行って現地踏査をしてきました〕


そして、後期には、山形県尾花沢市の銀山温泉をフィールドとすることに決め、「温泉と地域づくり」という大テーマのもとで、班ごとに調査テーマを設定し、フィールドワークの準備を進めてきました。

銀山温泉をフィールドにしたのは、銀山温泉が「大正ロマン」を前面に押し出した特徴的な地域づくりを行っており、温泉まちづくりの先進地としても、その問題点を探る対象としても、さらには、震災が温泉地にどのような影響を与えているのかを探る上でも、ぴったりだったからです。
決しておやが行きたかったから…というだけで決まったわけではないですよ!たしかに銀山温泉には行きたいなと思っていましたが(笑)、公私混同ではないですからね!


その集大成(?)として、3月1日~2日にかけて、実際に銀山温泉に赴き、班ごとにフィールドワークを実施してきました。

IMGP7306.jpg
〔いざ銀山温泉へ〕

IMGP7309.jpg
〔ようこそ銀山温泉へ!景観条例により車両進入禁止です!〕

IMGP7317.jpg
〔昼の銀山温泉〕

IMGP7329.jpg
〔夜の銀山温泉〕

各班の調査テーマは以下の通りで、各班とも、旅館、温泉組合、土産物店、観光客など、3~4か所のインタビュー調査を実施しました。

A 銀山温泉にとっての景観とその保全
B 銀山温泉の集客努力
C 銀山温泉の震災対応
D 銀山温泉の景観政策の特徴
E 銀山温泉と交通・アクセス問題

ご協力いただいたみなさん、まことにありがとうございました!(なお、尾花沢市役所さんにも全ての班がインタビューを実施したいということだったので、おやが調整をしていたのですが、直前でキャンセルになってしまったため、アンケートに答えていただくことにしました)。

インタビュー先との調整や実際のインタビューは、すべてゼミ生のみなさんにやってもらうことにしていたため、おやの役割は銀山温泉までの引率だけでした(笑)。
もちろん、これは、ゼミ生への教育的配慮からであって、決して、おやが楽して温泉三昧を堪能するためではないですからね(汗)!

ゼミ生のみなさんは、インタビューの合間を縫って、昼の銀山温泉、夜の銀山温泉、それぞれの街歩きも満喫したようです。

IMGP7336.jpg
〔昼のお散歩、あれ、おやもいる???〕

IMGP7331.jpg
〔夜のお散歩、あれ、またも、おやもいる???〕


おやも一部のインタビューに同席させてもらったので、その時の様子を少しだけ紹介してみましょう。
今回のフィールドワークで宿泊でもお世話になった旅館「銀山荘」の小関健太郎さんに伺ったお話のうち、地震時の銀山荘の対応と地震後の銀山温泉の状況についての部分です。

・地震事態による被害は殆どなかったが、銀山温泉のような「陸の孤島」では交通マヒとそれに伴う食糧不足の問題が一番深刻だった。
→地震当日のうちにガソリン・食物の確保に動いた。
→ツアー客用の貸切バスの運転手に頼みこんでツアー客以外の旅行客を乗せてもらった。
→さらにもう一台バスをチャーターし、他の旅館にも連絡して、温泉街として東京方面へチャーターバスを運行した。
・避難者受入れについては、銀山荘がイニシアチブをとって、銀山温泉全旅館で受け入れ態勢を整えたが、1年間を通じても、利用者は20-30名程度であった。
→避難者にとって、銀山温泉は地理的に「遠い」ため、ニーズがあまりなかった。山形県内に避難してくる被災者は、天童市や東根市までは結構来るが、銀山温泉まではほとんど来ていない。
・地震後は、観光客がなかなか戻らず、8月までは銀山温泉全体が開店休業に近い状態であった。
→地震前の時点での観光客は、関東からが55%、仙台からが20%、そのほか東北地方からが10%という割合であった。
→4月以降、銀山荘では営業担当者が全国をまわっているが、10月時点でも観光客数は前年比80%程度である。
→10月時点で、関東からの観光客は前年比50%、東北からの観光客は前年比120%という状況であり、関東からの観光客が戻ってこない。
・8月以降、福島、新潟からの観光客が急激に伸びている。
→福島からの観光客数は前年比6倍の伸びを示しておいる。「震災直後の状況からやっと一段落した」という感覚があったのではないか。
→新潟では、中越地震の経験を踏まえ、地震の被害が大きくない「被災地」にはむしろ積極的に観光に行こうというキャンペーンがはられている。その効果があったのではないか。
・今後の震災復興支援策については、現在、そのニーズを慎重に見極めているところである。
→被災県の企業や役所の福利厚生のための施設として銀山温泉を利用してもらいたいと考えている。
→被災者受入れやそれに関わるイベントについては、これまでの経緯もあるので、要請があれば前向きに検討するが、銀山温泉として積極的にPRすることは考えていない。

IMGP7349.jpg
〔熱の入ったお話を展開される小関さんと熱心にメモをとるゼミ生〕


以上のお話も含め、今回のインタビュー調査を踏まえて、調査報告会を4月に実施する予定です(おやは来年度も教養演習を担当するので、教養演習の時間に新1年生の前で発表してもらうつもりでいます)。
インタビュー結果をどのように分析するのか、おやも楽しみにしています。
興味のある方がいたら、ぜひコメントください。いまのところ、4月12日か26日の教養演習で実施する予定です♪


最後に、ゼミ生のみなさんへ。
一年間楽しいゼミをありがとう!でもまだ終わりじゃないので(笑)、あともう少し、一緒にがんばりましょうねー♪
もちろん、自分の班の調査報告についてブログ記事を書いてくれる人も大募集中です!

IMGP7352.jpg
〔最後に、旅館の前で全員集合!〕

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://311gyosei.blog39.fc2.com/tb.php/253-f1a8c74d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。