FC2ブログ

ガンバロウ福大!行政の「結」

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震に端を発する東日本大震災をきっかけに、福島大学行政政策学類の教員有志でブログを開始しました。福大行政に関わる情報共有・情報発信の場として、このブログが、読者のみなさんとわたしたちの、また、みなさん同士の結節点になれば嬉しいなと考えています。一緒に手を携えて、この難局を乗り切っていきましょう。     (2012年3月26日記)

かーちゃんの力・プロジェクト、第2弾!

「かーちゃんの力・プロジェクト」第2弾は、四日市市×あぶくま地域=「福幸焼き」

夜の震災対策室から、ひろやすです。
お待たせしました。「かーちゃんの力・プロジェクト」第2弾が決まりました!
その名も、「復興」ならぬ、福島を幸福にする「福幸」プロジェクト。
オヤジギャグだなんて言わないでくださいね。

先日、コーディネーターの渡邊とみ子さんが、三重県四日市市で研修を受けてきましたが、その受入先となったのが、NPOコミレスネット「こらぼ屋」の海山裕之さん。海山さんは、2001年に、お店に登録したプロではない主婦や学生といった人たちが、日替りでランチやディナーを提供するレストランの運営システム「ワンデイシェフ・システム」を始め、その普及を図っています。その目指すところは、「自己実現の場の提供」と「コミュニティの再生」。詳しくは、こらぼ屋さんのHP(→コチラ)をご覧ください!

生きがいを失った、かーちゃんたちが日替わりで食事をつくり、避難している方々が集える場になればいいのに・・・そんな思いから、ぴたとひろやすは、昨年9月、海山さんを訪ねる予定だったのですが、日頃の行いが悪いせいか(どっちのせい?)、台風15号の直撃を受けてあえなく断念(涙)。代わりに渡邊さんに行ってもらうことになったのでした。

渡邊さんは大歓迎を受け、こらぼ屋の皆さんは、かーちゃんの力・プロジェクトへの支援を約束。ワンデイシェフ・システムの導入はすぐには難しいので、こらぼ屋の「結縁(ゆえん)屋台」が販売している「ねぎ焼き」を仮設住宅でやってみたらどうかという提案をいただきました。この「ねぎ焼き」、地元の小麦あやひかりの生地に、楠町の九条ねぎをたっぷり入れて焼き、四日市市の天然2年仕込みの本醸造醤油のタレを塗ったというこだわりの逸品。海山さんが、原材料から鉄板まで持参して実際に調理をしてくれるというのですから、なんともありがたい話です。

大阪発祥のねぎ焼きが、東北福島でどう受け入れられるのか、定着して新たな食文化となるのか興味がわきますが、支援を受けるだけでは面白くありません。それならばと、かーちゃんたちは、鉄板で、あぶくま地域特産の凍み餅を焼くことを思いつきました。ひろやすは、油で揚げて砂糖醤油を絡めた食べ方しか知らなかったのですが、ほかにも蒸したり焼いたりいろいろな食べ方があるのだそうです。どんな凍み餅が出てくるのか、いまから楽しみです。ひょっとしたら、ねぎ焼きとのコラボもできたりして!

「福幸焼き(ねぎ焼き×凍み餅)」のイベントは、以下の予定で実施されます。

・3月4日(日) 14時~15時30分  二本松市安達運動場仮設住宅

・3月5日(月) 14時~15時30分  三春町中里応急仮設住宅

かーちゃんの力・プロジェクトから、もうひとつお知らせ。
プロジェクトを紹介するリーフレットが完成しました↓

katyannochikara1.jpg
<リーフレット1枚目>
katyannochikara2.jpg
<2枚目>
katyannochikara3.jpg
<3枚目>
katyannochikara4.jpg
<4枚目>

なかなかカラフルで素敵でしょう!
かーちゃんたちの笑顔が素晴らしいし、松野さんと渡邊さんの写真も対照的でいいですね(笑)

かーちゃんの力・プロジェクトでは、サポーター会員の募集も始めました。こちらも、どうぞよろしくお願いいたします。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://311gyosei.blog39.fc2.com/tb.php/245-225e035a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)