ガンバロウ福大!行政の「結」

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震に端を発する東日本大震災をきっかけに、福島大学行政政策学類の教員有志でブログを開始しました。福大行政に関わる情報共有・情報発信の場として、このブログが、読者のみなさんとわたしたちの、また、みなさん同士の結節点になれば嬉しいなと考えています。一緒に手を携えて、この難局を乗り切っていきましょう。     (2012年3月26日記)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「在学生の今」ⅩⅦ~福島大学生の地域活性化への取り組み…松野専門演習4年

 こんにちは。昼の震災対策室(分室)からだいこくです。
 大震災は1000年に一度、これほど大規模な原発事故は日本で初めてのことでしたが、震災以前に行政政策学類がこれまで取り組んできたことが、震災・原発事故対応という場面でもさまざまな形で活かされてきました。

 たとえば、学生同士、あるいは学生と教員との近さは、安否確認に大きな力となりました。
 金谷川地区との協力関係で、震災直後の対策室の食料確保はスムーズでした。
 また、日ごろから農作業に使っていたさまざまな道具や手袋、長靴、レインコートなどは、震災直後にすぐに役立ちましたし、日ごろからゼミで作っていた大なべ料理の腕や材料、紙コップ、紙皿などは、この時期とても貴重なものでした。

 震災に備えたわけではなくても、日ごろの人間関係や活動の積み重ねが、いざという時に活かされます。

 「地域づくり」もそのひとつ。

 震災以前から、わが行政政策学類生は、いろんな形で地域づくりにかかわってきました。
 震災と原発事故で、新しく、また大きな課題が加わったとはいえ、「地域づくり」はこの困難な時代にあっても必要とされ続けています。

 3年前から、喜多方市山都町藤巻集落という、高齢化率100パーセント、たった9名の小さな集落の活性化に関わり続けてきた「ビックブラックゼミナール」。
 その代表、坂下くんが、卒業を前に、福島県知事を前にこれまでの活動を報告しました<2月3日(金)於:福島県庁>。
 また、同じく大学生として県内の集落に入り、地域活性化の取り組みを続けてきた他大学のグループとともに、その成果発表も行いました<2月4日(土)於:杉妻会館>。

 今日は、その時の模様を報告していただきます!

**********

知事表敬訪問&集落活性化県民討論会

みなさんこんばんは。
私は現代教養コース4年の坂下と言います。
今回、大黒先生からブログ投稿を依頼され、書くことになりました。よろしくお願いします。

私は後輩2人とともに、先週の金曜に知事表敬訪問をして、土曜日には杉妻会館で行われた「集落活性化県民討論会」に参加してきました。この「集落活性化県民討論会」では、福島県の事業である「大学生の力を生かした集落活性化委託事業」に参加している各大学の活動発表と、参加者全員で「福島県の復興のためにしたいこと」について、ワークショップを行いました。この討論会に知事が参加できないということで、その前日には、県知事を表敬訪問しました。

chijitosakashita.jpg
<知事に話しかける坂下君、知事は…?>

私達は2009年から先ほど述べた、福島県の事業である「大学生の力を生かした集落活性化委託事業」に参加し、喜多方市山都町藤巻集落という所でフィールドワークを行っています。この事業は2年で終了になりましたが、今年度3年目の活動も喜多方市役所への特別インターンシップを利用して、継続して活動してきました。討論会のメインメンバーは、活動1年目2年目のグループなので、活動3年目の私たちは、オブザーバー的な存在としての参加です。

討論会の話に戻します。
各大学の学生グループの発表は、廃校を利用した集落の活性化や集落特産のかぼちゃを生かしたお祭りの開催、携帯で使える集落コミュ二ティサイトの作成など、地域の方々と共に「活性化」向けて活動してきた各大学とも特徴ある報告でした。

後半のワークショップでは参加者全員が「福島の復興のためにしたいこと」を紙に書き、グループごとにそれを共有し合って、最後には100人を超える方々の復興への思いが書かれた紙がボードに張り出されました。計画的避難区域に指定されている飯館村の方が書かれた「災い転じて福となす」という紙が個人的には印象に残りました。

sugitsuma.jpg
<ワークショップの様子>
sugitsuma2.jpg
<ワークショップの成果>

最後にまとめになるか分かりませんが、今私が感じている思いをそのまま書こうと思います。

私は大学2年生の時に「大学生の力を生かした集落活性化委託事業」に参加していなければ、今回の知事表敬と県民討論会にも参加することはなかったと思います。2年生の時にこの事業に参加したことから、本当に多くの「出会い」がありました。それは集落の方々はもちろんのこと、行政の方々、集落支援員の方々、他大学の先生や学生の方々、NPО法人の方々、後輩達、地域づくりで関わる様々なバックグラウンドを持つ多くの方々と出会いました。この「出会い」はとても貴重で、机の上では絶対に知ることのできないことや、学ぶことができない経験をすることができました。

私は3月で卒業しますが、後輩達は来年度以降も継続して集落で活動をしていくということで、ぜひ頑張ってほしいですし、私自身も力になりたいと考えています。やってみたいという方がいれば、参加者大募集中なのでよろしくお願いします。

みなさんも興味・関心は様々あると思いますが、机の上の勉強だけでなく、実際の現場にでて活動してみたらどうかなと思います。始めは「就活のために」みたいな考えでも、それ以上の経験が必ずできると思います。

以上になりますが、最後まで読んでいただいた方々ありがとうございました。

********

コメント

やるなあ。

坂下君はじめ皆さん素晴らしいです!
今後もという話がありましたが、仕事の中で、暮らしの中で
藤巻地区にもその他の地域にもこの経験や今後、身につけて
いくであろうことをどんどんと還元していってほしいです。
私も見習います。
2月11日の発表会は参加できませんが、いい会になりますように。

  • 2012/02/08(水) 07:30:44 |
  • URL |
  • やぎみち #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://311gyosei.blog39.fc2.com/tb.php/244-376b47ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。