ガンバロウ福大!行政の「結」

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震に端を発する東日本大震災をきっかけに、福島大学行政政策学類の教員有志でブログを開始しました。福大行政に関わる情報共有・情報発信の場として、このブログが、読者のみなさんとわたしたちの、また、みなさん同士の結節点になれば嬉しいなと考えています。一緒に手を携えて、この難局を乗り切っていきましょう。     (2012年3月26日記)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年度行政政策学類「アクティブ科目」成果発表会のお知らせ

こんばんは。夜の震災対策室からぴたです。
ぴたはもちろん昼間も働いています。昼間の真面目なぴた=大黒(だいこく)です。
昼は大黒、しかし夜はぴた…
最近、ヒッチコック監督の「サイコ」を見直す機会がありました。
真面目な大黒も、夜になるとぴたに…怖い(ホラー)ですね(笑)。
今晩は夜の震災対策室からですが、昼間の大黒がお知らせします(回りくどくてすいません!)

さて、行政政策学類は2010年度から、新しい授業科目をいくつか発足させました。

 「学生企画科目」
 「海外フィールドワーク実習」
 「国内フィールドワーク実習」
 「学際科目」
 「特別インターンシップ」

の5つです。すべての科目をまとめる概念として、「アクティブ科目」という名前が付いています。

どの授業も、通常イメージされる「大学の講義」、つまり、「教室に座って一つのテーマについて教員の話を聞く」、というスタイルを打ち破った授業ばかりです。もちろん単位が取れます。

今年度は、この5つの科目すべてが開講されました。

5科目のうち、学生企画科目については、すでに何度もブログでお知らせしているので(たとえば→コチラ)、ご存知の方も多いでしょう。
 
学生企画科目(本年度は3企画)を含む、アクティブ科目の「合同成果発表会」が、2月11日(土)の午後、福島大学で開かれます。

●合同成果報告会●

日時:2月11日(土)午後1時~4時35分
場所:福島大学M21教室
*入場自由*ご意見大歓迎*

・13:00~13:10
司会挨拶
・13:10~13:40
学生企画科目:「侍として考える-内から見た福島、外から見た福島、君の心の福島」
・13:45~14:15
学生企画科目:「地方学生へのキャリア支援」
・14:20~14:50
学生企画科目:「藤巻活性化プロジェクト-『今年の冬支度は藤巻だべ。』」
・14:55~15:25
国内フィールドワーク実習 「農村景観の現状と課題:滋賀県近江八幡市」
・15:30~16:00
海外フィールドワーク実習 「原発事故と福島:ドイツに伝える、ドイツから学ぶ」
・16:05~16:35
特別インターンシップ 「喜多方市役所でのインターンシップ」

学生さんたちの、1年間の学びの成果を、みなさんにもぜひお伝えしたいと思います。
参加も発言も大歓迎です!ぜひおいでください。

とはいえ、どんな成果報告になりそうか、気になりますよね。
はい。
このブログを定期的に読んでくださっている方にだけ、大サービス!
ちょっとだけですよ。
 
「学生企画科目:侍として考える-内から見た福島、外から見た福島、君の心の福島」の成果報告の一部をここにお伝えします。

この企画に参加している学生さんが、『福井の科学者』という雑誌に寄稿した文章のほんの一部です。

そう、学生さんの学びの成果は、雑誌投稿にまで進んでいます!(すごいな…それに比して、ぴたは最近何にも書いていないじゃん…泣)

続きが知りたい方はぜひ、2月11日の「合同成果発表会」においでください!

*******

◎学生企画科目を始めたきっかけ

 福島大学行政政策学類の「学生企画科目」とは、学びたいテーマや内容を学生自ら企画し、活動する授業のことです。そして、私たちの企画のテーマ(私たちが決めたテーマ)が「侍として考える ~内からの福島、外からの福島、君の心の福島~」です。「侍として考える…」に参加している学生は6名、担当教員1名です。

 今回の震災を受けて私たちは「何かボランティアなどをしなければ!」という思いで胸がいっぱいでしたが、いざやるとなったとき「自分は何をするべきなのか」という問題を前に悩んでしまいました。今まで経験したことのない地震の被害、原発事故など、今まで普通に生活していた私たちにとっては、目の前にある問題が多すぎて大きすぎたのです。そんな中、担当教員の大黒太郎先生から「原発に関する映画の上映会を手伝わないか」というお話をいただき、それを手伝うことになりました。この活動を通して原発に対して無知だった私たちも、原発に対する正しい知識とは何か、また現在の原発から発生する問題が何かが分かり、原発・放射能問題への興味・関心が高まりました。

 それまでの活動を通して私たちが特に興味を抱いたのは、「福島県の内側にいる人」と「福島県の外にいる人」では問題の捉え方に、少し違いがあるということです。わたしたち福島県民・福島在住者は普通の生活を取り戻すように(4月・5月頃になると、街を歩いていると誰もマスクをしていないし、まるで“取り戻した”かのように)日々を送っています。しかし避難をされている方は、その地で“原発のところから来た”と差別を受けているのも事実です。他方、福島県外からボランティアなどの支援にいらっしゃる方はマスクなど重装備をしていて、“おかしい”と思ってしまう福島県民がいたのも事実です。

 この「問題に対する捉え方の違い」は何故起こるのでしょうか。それは“風評被害”の問題とも密接に関連することだと思います。

 いまなお、原発は収束する兆しさえありません。学生の立場から出来ることは、地震やそれに伴った原発事故への知識をつけることだと思います。真剣に、誠実に。

…続く…

********

11日に参加できない皆さんのために、このブログでも、少しずつ、すべての科目について紹介していきたいと思ってます。なんせ、どの科目も、行政政策学類のオリジナルな取り組みや特色がよく表れているのですから!

お楽しみに!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://311gyosei.blog39.fc2.com/tb.php/242-cf036f37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。