FC2ブログ

ガンバロウ福大!行政の「結」

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震に端を発する東日本大震災をきっかけに、福島大学行政政策学類の教員有志でブログを開始しました。福大行政に関わる情報共有・情報発信の場として、このブログが、読者のみなさんとわたしたちの、また、みなさん同士の結節点になれば嬉しいなと考えています。一緒に手を携えて、この難局を乗り切っていきましょう。     (2012年3月26日記)

福島(被災地)のために何ができるか?     

みなさんこんにちは、連続投稿すみません。

昼の震災対策室から、しみず@夜の震災対策室第2メンバーです(ちなみに、第1メンバーは塩谷室長、第5メンバーは大黒さんです。さて、第3メンバー、第4メンバーは誰でしょう(笑)?)。



今日は、夜の震災対策室が、昼の震災対策室に代わって(?)、皆さんの質問にお答えしようと思います。


最近、在学生や卒業生から、「福島や被災地のために何か支援をしたいけれどどうしたらいいか」「震災対策室で必要なものがあったらぜひ送りたい」といった問合せや申し出が相次いで寄せられています。震災前の「伊達直人(タイガーマスク)現象」ではありませんが、困っている人を助けたい、社会のために役立ちたいという気持で皆さんが行動してくれることは、本当に素晴らしく有り難いことだと思います。


でも、いざ支援をしようとすると、どういう方法があるのか、自分に何ができるのか、よく分からないという声をよく聞きます。支援というと、義捐金、ボランティア、チャリティー、県産品の購入などが思い浮かびますが、皆さんの住まいや職業などによってできる支援は違うでしょうし、やりたい支援もさまざまでしょう。


そして、支援を考える上で一番大切なことは、自己満足に終わらないように、被災者が必要とする支援は何かを把握することですが、それが最も難しいことでもあります。先日、被災地に救援物資を配送しているNPO法人のメンバーと話す機会がありました。その方は、「被災地と言っても、電気が通らないところ・断水が続いているところ、避難所・孤立世帯などでニーズが異なり、さらにそれは日々変わっていく。被災者が本当に必要とする物資を届けることは行政にはできないので、それをするのが私たちNPOの役割です」と言っていました。


たしかに、震災対策室で実施してきた学生支援も、安否確認に始まり、帰省支援のバスチャーター、一人暮らし学生のネットワーク、ブログなどの情報発信、メンタルヘルス対応など、次々と展開してきましたが、それができたのは、学生とコミュニケーションをとり、常にニーズを把握するように努めてきたからだと思います。


しかし、救援物資が行き渡った次の段階で、福島(被災地)のために何ができるか、何をすべきかについて、私たちはまだその答えをもちあわせていません。それは、一つには、今回の大震災による被害は日々拡大していてまだ全体像が見えないからです。また、いま一つには、これまで安全確保という緊急対策業務に追われていて、被災地がどうなっているのかマスコミ報道以上の情報をもちあわせていないからです。


今回の地震・津波・原発事故によって福島は大きな痛手を受けました。地域社会の再生・復興には、何年いや数十年もかかることでしょう。当座の復旧支援だけではなく、今後長期にわたって継続的な支援が必要になります。震災対策室は「震災対策・復興支援室」に衣替えをして、地域の再生・復興を支援していくことになるでしょう。


福島のために何ができるか、結論をすぐに出す必要はありません。皆さんが、気長に無理なくできる支援のかたちを考えてみてください。震災対策室では、皆さんの取組みを紹介するとともに、さまざまな情報提供をしていくつもりです。


最後に、学類震災対策室に対する支援のお願いです。幸い、救援物資のほうは足りています。全国物産展のようにお菓子が豊富で、対策室メンバーは「震災太り」を心配するほどです(?)。

DSC_0235.jpg
(最近、北海道から届いた名菓の数々。ありがとうございます!)

物的な支援よりも、お願いしたいことが三つあります。

一つ目は、卒業生の安否確認です。在学生については幸い全員の無事を確認しましたが、全国各地で活躍している卒業生については、ぜひ卒業生のネットワークを活用して確認してください(いずれ同窓会から照会がいく予定です)。

二つ目は、福島についての正しい理解です。いま福島というだけでいわれのない差別や風評被害が生まれています。福島の実情を正しく周りの人たちに伝えていってください。

そして三つ目は、このブログの輪を拡げてどんどん書き込みをしてほしいということです。皆さんからのメッセージが私たちの何よりの活力です。どうぞよろしくお願いします!

コメント

研究室の片付け手伝います(^0^)/

  • 2011/04/05(火) 17:56:02 |
  • URL |
  • 匿名熱望 #-
  • [ 編集 ]

>匿名熱望さん
こんばんは、清水です。
素晴らしい心がけですね!教員からの協力依頼が殺到する前に、僕が予約したいくらいです(笑)。

でも、夜室長の部屋が一番大変なので、夜室長に譲ろうかな…。震災以来、各教員は少しづつ自分の部屋の片づけを始めているのですが
、夜室長は、いまだに部屋の惨状(?)を見ていないらしいです(驚)。

  • 2011/04/05(火) 19:20:51 |
  • URL |
  • しみず #-
  • [ 編集 ]

福島大学HPで構内の放射線量が発表されていましたが、具体的には何μSv/h以下になれば授業を開始できると考えていますか?

  • 2011/04/06(水) 00:42:09 |
  • URL |
  • 匿名 #-
  • [ 編集 ]

ご参考までに

2010年行政卒業生はこちらのサイトで安否確認することができます。
http://blogs.mobile.yahoo.co.jp/p/blog/myblog/mytop?bid=friends_fukushima

  • 2011/04/06(水) 18:22:56 |
  • URL |
  • 古澤 #-
  • [ 編集 ]

基準を考える

 いま多くの人が直面している難しい質問です。単純に1時間当たり何μ㏜以下になれば授業を開始してよいかという明確な基準はありません。
 そもそも基準を考える前に、各種の測定結果をどう評価するかという難しい問題があります。
 たとえば福島市の外気放射線量の測定結果も、測定地点や方法によって異なっています。また、時間当たりの線量よりも実質的な意味を持つのは積算線量だという議論も説得力があります。さらには、放射線量の計測によって分かるのは外部被曝だけのことで、より人体に影響があるとされる内部被曝についても考慮しなければなりません。
 さらに問題を難しくしているのは、放射線量について、これ以上は危険であるという基準は存在していても、これ以下は安全であるという基準は存在しません。こうした状況で、誰がどうやって「安全」かどうかを決めるのでしょうか。
 やはりとても難しい問題です。どう考えればいいのか、いろんな人の意見を聞いてみることが大事だと考え、以前登場していただいた共生システム理工学類の永幡先生にアドバイスをもらいに行ってきたいと思います。記事のアップまでもう少しお待ちください。

  • 2011/04/07(木) 07:11:37 |
  • URL |
  • 震災対策室・しおや #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://311gyosei.blog39.fc2.com/tb.php/24-e8961c6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)