ガンバロウ福大!行政の「結」

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震に端を発する東日本大震災をきっかけに、福島大学行政政策学類の教員有志でブログを開始しました。福大行政に関わる情報共有・情報発信の場として、このブログが、読者のみなさんとわたしたちの、また、みなさん同士の結節点になれば嬉しいなと考えています。一緒に手を携えて、この難局を乗り切っていきましょう。     (2012年3月26日記)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東日本大震災復興支援上映プロジェクト「ともにある Cinema with Us」巡回上映のお知らせ

昼の震災対策室からこんにちは、おやです。

アマルティア・セン教授の講演会、すごいですねー。応募が殺到しているようですので、興味のある方は早めにお申し込みを(残念ながら会場の定員に達してしまったようです)。

さて、今日は、同僚の久我さんが関わっておられる映画巡回上映のプロジェクトのお知らせをさせていただきます。

このプロジェクトは、「ともにある Cinema with Us」という、「震災と向き合う「映画」を見つめることで、現在進行形の事態と人の思いを、より多くの方々の共有し、新たなつながりを作り、前に進む一歩と」しようとするものです。
上映会の「巡回にあたっては、…各地ごとにミニプログラムを編成し、震災と向きあう人々の姿、そして、映画が震災とどう向き合おうとしているのかを伝えてゆきたいと思います」ということなので、興味のある方は是非、HPをチェックしてみてください。

以下、企画趣旨と、福島大学で今週の土曜日に開かれる上映会の内容を、HPから転載します。

なお、「3月までの上映予定地は、神戸市、京都市、福島県福島市と南相馬市、岩手県宮古市と山田町、宮城県塩竈市と仙台市、東京。また札幌市でも検討中です」とのことなので、福島市近辺以外にお住まいの方も、ぜひお近くの会場の上映内容を、HPで確認していただければと思います。


*******
◆企画趣旨 途上にて、そしてこれから◆

 3.11東日本大震災。未曾有の大地震によって引き起こされた大津波が、町を一気に飲み込み、かけがえのない多くの命、暮らしの場、そして過去の思い出さえも奪っていきました。
 さらに原子炉冷却装置を維持するための外部電源もあっけなく波にのまれ、メルトダウン、メルトスルーという最悪の原発事故が発生し、放出された放射性物質の影響はフクシマに留まらず、空と海を介して世界中に及ぼされる事態を引き起こしています。
 震災から1年を迎えようとする今、表層的には一部平時の様相を取り戻しつつありますが、一皮めくれば、様々な困難と苦しみ、悩みがうごめいている現実があり、私たちは、未だ先の見えない非常事態の中にいると言えるでしょう。
 私たちは、震災と向き合う「映画」を見つめることで、現在進行形の事態と人の思いを、より多くの方々の共有し、新たなつながりを作り、前に進む一歩としたいと思います。

◆「ともにある Cinema with Us」in 福島 パート1◆
●1月28日[土]
 13:30-15:52
『なみのおと(再編集版)』監督:濱口竜介、酒井耕/142分
 16:00-17:00
フリートーク(約60分)
 17:30-18:46
『檜枝岐歌舞伎 やるべぇや』監督:安孫子亘/76分

[会場]福島大学 M棟 3階 AV教室
[料金]入場無料
[主催]特定非営利活動法人 山形国際ドキュメンタリー映画祭
[後援]福島大学災害復興研究所、福島こどものみらい映画祭
[助成]芸術文化振興基金、企業メセナ協議会GB Fund
[問い合わせ]
phone: 024-548-8308(福島大学行政政策学類 久我和巳研究室)
phone: 023-666-4480(山形国際ドキュメンタリー映画祭)


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://311gyosei.blog39.fc2.com/tb.php/237-92d3e3be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。