ガンバロウ福大!行政の「結」

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震に端を発する東日本大震災をきっかけに、福島大学行政政策学類の教員有志でブログを開始しました。福大行政に関わる情報共有・情報発信の場として、このブログが、読者のみなさんとわたしたちの、また、みなさん同士の結節点になれば嬉しいなと考えています。一緒に手を携えて、この難局を乗り切っていきましょう。     (2012年3月26日記)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京サテライト開設記念フォーラムのお知らせ

 こんばんは。震災対策室から塩谷です。
 昨日(23日)から大学院後期入試の出願が始まりました。東京サテライト開設によってどれくらい志願者が増えるのか、大学院委員としては、夜も眠れない日々を過ごしています。

 冗談はさておいて、きたる2月6日(月)、東京サテライトの開設記念フォーラムが開催されることになりました。記念講演者は、インドの経済学者でアジア初のノーベル経済学賞受賞者、アマルティア・セン教授です。セン教授と言えば、分配・公正や貧困・飢餓の研究であまりにも著名。『集合的選択と社会的厚生』、『不平等の再検討』、『人間の安全保障』など多くの訳書が出版されています。

 これは冗談ではありません。福島大学のどこにそんな人脈があったのかは知りませんが、またとない機会です。平日ですが、ぜひフォーラムにご参加ください。

*****************

福島大学大学院 地域政策科学研究科 東京サテライト 開設記念フォーラム
「東日本大震災からの復興と福島の未来―人間の安全保障をもとめて」

○日時:2月6日(月) 午前9時50分開始(開場9時)~午後1時
○場所:政策研究大学院大学 想海樓ホール(東京六本木)
○定員:300名
※同時通訳あり

 なにげない日常生活が繰り広げられていた福島が3.11東日本大震災を境に、未曾有の被害を背負うことになりました。地震・津波のみならず、東京電力福島第一原子力発電所の事故からの復興には大きな課題が存在しています。息の長い、かつきわめて困難な課題となっている福島の再生に寄与することは、福島における高等教育機関の社会的責務であると考えます。
  一方、東日本大震災そして福島の再生は、東北地方のみならず、日本全体で議論していく必要があります。この度、福島大学大学院地域政策科学研究科(修士課程)は、世界・全国からの叡智を結集した復興への寄与と、その復興プロセスの蓄積や世界への発信を通して人類への責務を果たすことを目指し、東京サテライトを開設することにしました。東京サテライトでは、復興に向けた研究、自治体や住民に対する復興支援、「政策課題プログラム(災害復興)」による人材育成、世界への発信等様々な取り組みを行いたいと考えています。
 福島大学では、被災地の復興に寄与するため、立教大学と相互協力・連携協定書を締結し、地域政策と災害復興の研究・教育拠点として福島大学大学院地域政策科学研究科(修士課程)の東京サテライトを2012年4月より開設します。東日本大震災から復興、これからの福島を始めとする日本の地域再生の担い手を育成することを目的としています。
 東日本大災害からの復興という人類的な未曾有の課題を考えていく上で、この度の東京サテライト開講を記念し、ノーベル経済学賞受賞者であるアマルティア・セン教授をお迎えし、「東日本大震災からの復興と福島の未来―人間の安全保障をもとめて」と題したフォーラムを行います。
 ぜひ多くの皆さんにご参加いただけると幸いです。

<内 容>
 
○9時00分 開場・受付開始
○9時50分 開会あいさつ
○10時00分

 記念講演「東日本大震災からの復興―人間の安全保障をもとめて」
 アマルティア・セン教授(ノーベル経済学賞受賞者)

○11時00分 休憩
○11時15分

 パネルディスカッション「東日本大震災の教訓と大学の役割」
   -鈴木 寛(参議院議員・元文部科学副大臣)
   -吉岡知哉(立教大学総長)
   -黒川 清(政策研究大学院大学教授、国会東京電力福島原子力発電所事故調査委員会委員長)
   -入戸野 修(福島大学学長)

○13時00分 終了

※定員に限りがありますので、参加を希望される方は、事前にWEB登録による参加申し込み(→コチラから)をお願いします。
※東京サテライトの詳細については、福島大学行政政策学類ホームページ(→コチラ)をご覧ください。

<主催>
福島大学(うつくしまふくしま未来支援センター)
<共催>
立教大学
政策研究大学院大学
<問い合わせ>
福島大学地域政策科学研究科・行政政策学類支援室(伊藤)
TEL:(024)548-8253
FAX:(024)548-5174
E-mail:t-ito@adb.fukushima-u.ac.jp

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://311gyosei.blog39.fc2.com/tb.php/236-1d09ff21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。