ガンバロウ福大!行政の「結」

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震に端を発する東日本大震災をきっかけに、福島大学行政政策学類の教員有志でブログを開始しました。福大行政に関わる情報共有・情報発信の場として、このブログが、読者のみなさんとわたしたちの、また、みなさん同士の結節点になれば嬉しいなと考えています。一緒に手を携えて、この難局を乗り切っていきましょう。     (2012年3月26日記)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年の終わりに―お世話になりました、来年もよろしくお願いします!

 2011年もあと数時間。私たちにとっては、大変な一年でした。
 今年3月は雪を恐ろしく感じながらの日々でしたが、あっという間にまた雪の季節。
 今年のブログ更新を終えるにあたって、ブログ更新を担当してきた、塩谷さん(夜室長・ひろやす)、清水さん(おや)、そして僕(ぴた)が、一言ずつ書こうということになりました(さっき)。
 今年最後のブログ更新です!

*********

こんにちは、しみず@ブログ庶務担当(夜室名おや)です。

あっという間の大晦日ですね。
12月も中盤以降、またもブログ更新が滞ってしまいました。
その間に夜室長、ぴたさんがブログを更新してくださっていたようです。庶務担当失格ですね…(涙)。
後期に入ってからというもの、時には夜室長、時にはぴたさん、時には原稿を寄せてくださったみなさんに頼りっぱなしの数ヶ月でした。
また、おやが自分で書いてきた記事の内容も、やはり年輪の差(?)は埋めがたく、軽薄なものばかり…まぁそれがブログにバラエティを与えているのだと言い訳をして自分を慰めています(苦笑)。
なので、来年こそはコンスタントな更新、内容のある更新を心がけたいと思います(笑)皆さんお見捨てなきようよろしくお願い致します。


それにしても、みなさん、3月以降、ブログのご愛読(?)ありがとうございました!
いま読み返してみると、一つ一つの記事を書いていた時の心境が、昨日のことのように思い出されます。
3.11直後の危機的な状況の中で、「福大行政からの情報発信のあり方を探れ」と夜室長の特命を受けたおやは、同僚の皆さんを相談して、「福大行政に関わるすべての人の結節点」=「『結』ブログ」を立ち上げることを上奏(笑)しました。
それ以来、このブログは、本当に多くの方に支えられながら今日に至っています。

ブログ立ち上げ以降、本ブログの記事内容は、時期に応じて色々と変化していると思いますが、その基本姿勢である「結」だけは、見失わないようにしてきたつもりです。
本ブログが「結」の機能を果たすことができているのか、この点の評価はそれぞれの読者のみなさんにお任せしたいと思いますが、おや自身は、このブログを通じて、これまでの「結」を強化することも、切れていた「結」を修復することも、そして、たくさんの新たな「結」を結ぶこともできました。
ブログ、そしてその向こう側にいる皆さんには、感謝してもしきれないほど本当に感謝しています。

それでは、来年も、いっしょに手を携えて、「結」ブログを盛り上げていきましょう!みなさん、我々に執筆のモチベーション(=コメント)を、是非ともよろしくお願いします(笑)!

P.S. 卒業生を送る会の記事、今年度の卒業生を送る前には必ずアップします(汗)

********

こんばんは。再びぴたです。

3月15日に研究室にいくつもりで大学に行き、研究室に行く間もなく震災対策室メンバーになって以降、大災害の被災地となった福島大学行政政策学類の「いまここ」で必要なことをやろう、と決めました。
学生や教職員の健康や生活に大きな影響を与える大学執行部の決定を、「外」からではなく「内」から動かそうと、いろいろ活動してきたつもりです。これまで、「民主的な大学運営」を求めてきた一人として、正当な手続きを通して、大学が今必要な行動を率先して取るよう、積極的に働きかけてきたつもりです。私たちの取り組みのすべての活動をブログに書くわけにもいかず、外からは見えにくかったでしょうし、私たちが求めたことは実現しないことが多く、怒りが募りました。
「3分の1学長」の腰の重さと大学執行部の初動の遅れが、福島大学の将来と、そこで学び・働く学生や私たちの今後の健康と生活に、大きな負の影響を残すのではないかと危惧しています。
それでも、よりよい大学を目指して、同僚たちとともに、「内」からの働きをこれからも続けていこうと思っています。
学生のこと、学類のこと、大学のこと、自分たちのことを「先」にやってきたため、私たちの義務でもある被災地からの「情報発信」がおろそかになってきたかもしれません。そんななか、ブログは僕たちにとって貴重なツールでした。時には「ほったらかし」になることもあるでしょうが、これからも続けていきます。
また、自分たちの日々の課題を処理するのに精いっぱいで、「復興支援」への取り組みも遅れがちだったかもしれません。同僚教員もいろいろな取り組みをしていますし、学生たちの活動も目覚ましいものがあります。塩谷さんたちと始めた「かーちゃんの力プロジェクト」はようやく始動し、今後いくつかの新しい試みも始めようとしています。

いろいろな方々に支えられてこそ、私たちの活動も成り立っています。これからも、応援のほど、どうぞよろしくお願いします。


***********

激動の2011年もあと数時間を残すだけになりました。立ち止まったり、振り返ったりする余裕もなく、見えないゴールに向かってひたすら走り続けてきた、そんな一年でした。

もちろん、辛いことのほうが多かった毎日でしたが、「結」ブログを読み返してみると、怒りや悲しみだけではなく、笑いや喜びもたくさんあったことに気づきます。ピたやオやと拍手の数を競い、コメントに一喜一憂していたことを思いして、思わずほくそ笑んでしまいます。仲間や多くの方々に支えられた一年でもありました。

もちろん、感慨に浸ってばかりはいられません。放射能対策を含む震災対策はまだまだ多くの課題を抱え、被災者・被災地の復興支援は緒についたばかりです。震災対策・復興支援室の取組みはまだまだ続きます。

最初は震災でばらばらになった学類生を繋ぐ結節点として始めたブログですか、いまでは福島大学から全国各地への情報発信の役割も果たしているのではないでしょうか。

日常業務や復興支援活動が忙しくなればなるほど、ネタはあるのにブログを更新できないジレンマに悩まされていますが、今後はブログ体制を強化(ピたとオやの労働強化?)して臨みたいと思います。これからも硬軟織り交ぜながら記事を書いていきますので、来年も「結」ブログをどうぞよろしくお願いいたします。来年が一人ひとりにとって良い年になることを祈りつつ。ひろやす

コメント

お疲れ様でした。たくさんの笑いと元気をブログからいただきました。今年の更新も楽しみにしています。

どうぞお体ご自愛下さい。

  • 2012/01/07(土) 23:40:08 |
  • URL |
  • 匿名熱望 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://311gyosei.blog39.fc2.com/tb.php/230-4a375134
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。