ガンバロウ福大!行政の「結」

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震に端を発する東日本大震災をきっかけに、福島大学行政政策学類の教員有志でブログを開始しました。福大行政に関わる情報共有・情報発信の場として、このブログが、読者のみなさんとわたしたちの、また、みなさん同士の結節点になれば嬉しいなと考えています。一緒に手を携えて、この難局を乗り切っていきましょう。     (2012年3月26日記)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外交流協定校と大震災…オーストラリア・クィーンズランド大学の場合③

昼の震災対策室からこんにちは、お・やです。

最近、福島は寒暖の差が非常に激しいです…。私の周りにも体調を崩している方が大勢います。皆さんもご自愛くださいね。

さて、今日は、オーストラリアのクイーンズ大学との「結」について、村上さんが3回目の記事を寄せてくださいました。この後出てきますが、英語のスピーチ、必見ですよ!英語の苦手な人も、ぜひ読んでみてくださいね。

それでは、村上さん、よろしくお願いします!

*******

いつの間にか、このトピックによる掲載も3回目を迎えてしまいました。これで完結になりますが、今回は私事に係わる内容が多いので、興味のない方はスルーしてください。

私のブリスベン訪問は、研究調査旅行として、早い段階から9月に訪れることが予定されていました。ところが、その後UQ側から思いもよらない連絡を受けることになりました。

それは、UQの同窓会から“ International Alumnus of the Year”の受賞者の一人として9月に行われる式典に参加してほしいという連絡でした。受賞の理由は、これまで2回にわたって述べてきたように、2001年から始まった福大とUQとの交流に対する貢献を表彰するものだということでした。

正直なところ、私はこの賞を受けるべきかどうか、とても迷いました。確かに、これまで、福大とUQの学生が交流できる機会をできるだけ提供することを心がけてはきました。しかし、今回の受賞で大きく評価されたであろう福大生やUQ学生による募金活動は、両大学の学生こそが評価されるべきであり、私はただその橋渡しをしたにすぎないからです。

一方、この受賞を機会に、両大学のこれまでの学生交流が広くUQ関係者に知れ渡るのみならず、今後の交流促進がますます進む可能性があること、そして、震災後、放射線に大きな不安を抱えている福島県の人々の現状をオーストラリアの人々に訴える絶好の機会であることも確かでした。逡巡した結果、私はこの賞を受けることにし、その代りに、授賞式でのスピーチで、これまでの思いの丈を伝えることにしました。

授賞式は“Courting the Greats Gala Dinner”と呼ばれ、9月24日の晩にUQキャンパス内の会場で開催されました。この授賞式では、国際交流や社会に貢献したUQ出身の同窓生のみならず、その年の成績優秀学生の表彰もありました。以下の写真からもお分かりいただけるように、とても華やかなパーティーでした。

新しい画像 (28)
[プロダンサーによる社交ダンス]

新しい画像 (29)
[大道芸人によるパフォーマンス]

新しい画像 (30)
[スコットランド伝統のバグパイプ演奏]


ところで、私のスピーチですが、以下に英文の原稿を掲載します。自分で翻訳するのは少し恥ずかしいので、どなたか、ボランティアで翻訳してもらえるとありがたいです(笑)。


Thank you, Dr. Ciccarelli. I must confess I do not think of myself as being eligible for this award, for I strongly believe that this honour should go to the students of Fukushima Uni who have made such strong ties with the students of UQ and the people of Brisbane.

We started the student exchange program in 2001. In September 2004, Fukushima Uni sent a group of students to a 3-week English study program at ICTE-UQ. Now more than 100 students have participated in this program.

It was students like these who started to raise funds for UQ flood victims last January. It was just before their term examinations and a really freezing time of the year. I am very proud of them and that is one of the reasons this award should go to my students.

Soon after that, the earthquake caused the explosions in the nuclear power plants in Fukushima Prefecture. It has changed the lives and futures of people in Fukushima, including our students.

I am very pleased to announce that we did not lose any students because of the earthquake or tsunami. It was a miracle. However, some students lost their houses and loved ones. Other students were forced to evacuate from their hometowns.

So, it was very encouraging for us that the students and staff of UQ held “Anime for Aid” to raise funds for us soon after the disasters. On behalf of the students and staff of my university, I would like to express our sincere appreciation to those who supported the event.

We have been compelled to live in fear of radiation, for the Japanese government officially declares that there is no danger to our exposure to low level radiation. Therefore, they have not made a necessary increase in the budget to remove this radioactivity from the campus. I have been asking myself what I could and should do for my students in such stressful circumstances for the last 6 months.

I was informed of my nomination at such a time of anguish. Although I knew that I was not good enough to be nominated, I decided to accept it because it would be of some encouragement, not only for myself, but also for our students and staff.

Another reason I accept this award is that it is a great opportunity to tell the people of Australia that the people of Fukushima Prefecture have been living in fear of radiation. One of my wishes for my students is to give them more opportunities to come to Australia for a short or a long stay to keep them away from radiation. I sincerely beg you to give such opportunities to the people of Fukushima, especially the young, if you have a chance to do so.

I hope the friendly relationship between UQ and Fukushima Uni will endure and it will contribute to continuing friendship between Australia and Japan, my two home countries.

Thank you for listening.

Yuichi Murakami


以上で3回に亘る報告を終わらせていただきます。最後までお付き合いしてくださったみなさん、どうもありがとうございました。

追記:例年9月に3週間行われているUQへの語学研修ですが、今年度は2012年2月に2週間で開催されます。14名の学生が参加する予定です。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://311gyosei.blog39.fc2.com/tb.php/220-ae1453af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。