FC2ブログ

ガンバロウ福大!行政の「結」

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震に端を発する東日本大震災をきっかけに、福島大学行政政策学類の教員有志でブログを開始しました。福大行政に関わる情報共有・情報発信の場として、このブログが、読者のみなさんとわたしたちの、また、みなさん同士の結節点になれば嬉しいなと考えています。一緒に手を携えて、この難局を乗り切っていきましょう。     (2012年3月26日記)

新シリーズ、始まります!

 こんばんは。夜の震災対策室第5メンバーの大黒です。

 今日から、本ブログで新しいシリーズが始まります!
 夜の震災対策室長が、「今この人に会いたい!」という人を招いて、インタビューをし、その模様をみなさんにお知らせするというシリーズです。このインタビュー記事を通じて、教員の活動報告だけではなく、学生のみなさんが携わっているボランティア活動や、地元での被災地支援の様子、みなさんが考えたことなどを、このブログで紹介したいと思います。
 「自分はこんな活動をしている!」「地元ではこんな取り組みがされています!」ということを、ぜひお知らせください。室長がインタビューに伺います!!

 記念すべき「ひろやすの部屋♪」第1回目のゲストは、先日、「行政政策学類生、松本で大活躍」という記事でご紹介した横山晋哉さん(2010年度卒業生)です。就職したばかりですが、仕事で宮城に出かけた帰りに、行政政策学類震災対策室を訪ねてくれました。

 長野・松本で福島産の野菜を販売するという取り組みに至った経緯や、それを通じて感じたこと、在学生や新入生へのメッセージなど、1時間にわたって塩谷夜の震災対策室長のインタビューに答えてくれました。今日から数回に分けてお伝えします。

DSC_0230.jpg

○(ひろやす)福島・茨城の野菜を松本で販売する、という横山君らしい行動だったけど、それへの反響はどうだった?

 やる前は、文句言われるのではないかって、正直心配してたんですが、そんな人は一人もいなかった。むしろ、野菜を買いたいがまだ残ってますか、といった問い合わせや、自分も野菜を買うことで福島を支援できるなら買いたい、という声が多かったです。今回だけではなく、定期的にやってほしいという話もありました。
実際、福島や茨城産の野菜を買いたいと思っても、スーパーに売ってないんですよね。流通の段階で排除されてしまうんですよね。
 Facebookを通じても反響があって、アカウントだけをつくってそのままにしていたんですが、愛知や大阪、東京からメールが入って、「買いたいから送ってくれ」、と。
義捐金という形じゃなくて、農家の人たちもその野菜を買う自分たちも幸せになるような、そういう形が望まれてるのかな、と思います。

○確かに、東京にある福島県のアンテナショップでも、通常の1.3倍の売り上げがあったといわれているからね。そんなに需要があるなら、今後のことも考えてるの?

 長野県に住んでいる行政の学生からもメールがあったんですよ、どうやったら野菜を買えるのかって。本当は、信州大学の友人が継続的にやってくれればいいんですけど、同級生は僕と同じこの3月で卒業することになったし、3年生も就職活動とかあって忙しくて…「何かやりたいんですけど、どうしたら…」、って相談も受けるんですが、そういう人にやってもらえたらいいんですけどね。

○横山君は、学類の「帰宅支援チャーターバス」で帰省したと思うんだけど、いつからこういうことをやろうって考えてたの?

 金曜日(3月25日)だったと思います。帰宅支援バスで松本に帰省した後、時間があり余っていたので、実家の庭に枯山水を作ってたんですよ(笑)。3日間かかってそれなりのものができたんです。ただ、何かやらなければいけないとは思っていました。特に、震災後チャーターバスに乗って帰省するまで、一緒に生活していた友人を残して福島を離れるってことに、うしろめたさというか罪悪感があって。震災後、その友達と土鍋でコメを炊いたり――コメは遊休農地にあるビオトープの水でコメをといだんですが(笑)――、鍋パーティーをしたりしてたので…。義捐金を送る、集めるといっても一人でやるには限界があるし。ただ、原発のことがあって、飯館村だけが放射線レベルが高いということで、卒論を書くときにお世話になった役場の人に電話してみたんです。そこでの話によれば、牛や野菜の世話があるので心配で残っているという人や、集団生活への不安で住み慣れた家に残っているという人が結構いるという話でした。野菜も売れ残っていて、という話もその時にあったんです。その後、松本にある青果を扱う公設市場、ここには実家からも昔、農作物を出していたんですが、そこに電話をして福島県産の野菜を扱っているか、売っているかを聞いてみたところ、公設市場が卸を2軒紹介してくれたんです。最初の卸では、「飛び込みでは売れない、うちでは一切扱っていない」、と言われて、道のりは険しいと思ったんですが、2軒目の卸では、おそらく在庫に困ってたんでしょう、「あるよ、買ってくれるならいくらでも売ってやる」という返事をもらいました。どのくらい売れるか分からなかったのですが、自分の勘(笑)で、福島県産と茨城県産の野菜7種類、トマト、きゅうり、ネギ、パセリ、レタス3種類(普通のレタス、サニーレタス、リーフレタス)を仕入れることにしました。こちらから買い取りの値段を言ったところ、「そんなに取れないよ、農家価格で売るよ」と言ってくれて、最終的に売ってくれたときには本当に安く、ほとんど利益なんかないくらいの値段で譲ってくれたんです。卸問屋さんが身を切ってくれたんだと思います。
 野菜が手に入るとなれば、次は売り場探しで、市内で昔ながらの建物が並ぶ縄手商店街の組合理事長に相談したところ、日頃は商店街の歴史を展示している建物をただで使わせてくれることになりました。話は早かったですね。
 翌日の土曜日には、地元のマスコミに電話をしまくりました。信毎(信濃毎日新聞)や市民タイムス、地方テレビ局すべて1人で電話をしました。テレビ局は、昨日今日の話なので対応は無理だったんですが、長野で圧倒的な部数が出てる信毎が大きく取り上げてくれましたね。友達の母ちゃんからも電話がありました(笑)。

○当日はどんな感じだった?→次回に続く…

 (なお、大黒がメモから文章を起こしました。)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://311gyosei.blog39.fc2.com/tb.php/22-1ee32947
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)