FC2ブログ

ガンバロウ福大!行政の「結」

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震に端を発する東日本大震災をきっかけに、福島大学行政政策学類の教員有志でブログを開始しました。福大行政に関わる情報共有・情報発信の場として、このブログが、読者のみなさんとわたしたちの、また、みなさん同士の結節点になれば嬉しいなと考えています。一緒に手を携えて、この難局を乗り切っていきましょう。     (2012年3月26日記)

『「フクシマ」論』の著者、開沼博さんが来学されます!

昼の震災対策室からこんにちは、しみず@ブログ庶務担当です。

先日、鈴木達治郎さんの学術講演会のお知らせをしました(その内容については、黒崎さんの記事をもうすぐアプする予定でいます)が、今度の学術講演会には、開沼博さんに来ていただくことになりました(社会学講座が主催、担当は加藤さんです)。

詳細は以下の加藤さんの記事にあるとおりですが、楽しみですね。興味をもたれたみなさん、奮ってご参加ください(ただ、加藤さんの記事にもあるように、教室が手狭なので、立見となる可能性があることをご了承ください)。

それでは、加藤さん、よろしくお願いします!

*******

加藤@行政政策学類・社会学講座です。
下記の要領で開沼博さんをお迎えし、学術講演会を開催いたします。
開沼さんは、いわき市のお生まれで、現在は東京大学大学院博士課程に在籍中の
お若い研究者です。
震災以前より原子力発電所の問題を切り口に、戦後日本の地域社会に関する研究
に取り組んでおられ、『「フクシマ」論-原子力ムラはなぜ生まれたのか』(青
土社)を2011年に上梓されました(第65回毎日出版文化賞受賞)。
今回は、主として大学2年生を対象とした講義の場で、お話をうかがいます。

      記
学術講演会
講師:開沼 博 氏
タイトル:「フクシマ」の社会学
日時:12月7日(水) 10:20~11:50
会場:福島大学 M23講義室(M棟2階)
※「社会学原論?」の教室です。
なお教室の座席数にあまり余裕がありませんが、御了承ください(すみません)
問い合わせ先:加藤 mkato@ads.fukushima-u.ac.jp

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://311gyosei.blog39.fc2.com/tb.php/215-af9582df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)