FC2ブログ

ガンバロウ福大!行政の「結」

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震に端を発する東日本大震災をきっかけに、福島大学行政政策学類の教員有志でブログを開始しました。福大行政に関わる情報共有・情報発信の場として、このブログが、読者のみなさんとわたしたちの、また、みなさん同士の結節点になれば嬉しいなと考えています。一緒に手を携えて、この難局を乗り切っていきましょう。     (2012年3月26日記)

公開講演会「フクシマ後のエネルギー・原子力政策を考える」のお知らせ

朝の震災対策室からおはようございます、しみず@ブログ庶務担当です。

あっという間にまた1週間がたってしまいました。次々と湧いてくる仕事と遅々として進まぬ原稿の狭間で、ブログ記事もなかなか先へ進みません…「卒業生を励ます会」の記事だけでも、なるべく早くご報告しなければとは思っているのですが…

さて、今日は学術講演会のお知らせです。

福島大学行政政策学類では、毎年、公開の学術講演会を何回か開催しています。行政政策学類には7つの講座(公法、私法、政治行政、社会計画、地域文化、比較文化、社会学)があり、各講座がほぼ隔年で実施しています。

今回は、政治行政講座の学術講演会として、国際政治論担当の黒崎さんが「フクシマ後のエネルギー・原子力政策を考える」という講演会を企画してくださいました。

さっそく、詳細を黒崎さんに紹介していただきましょう。それではよろしくお願いします!


*******

東京電力福島第1原子力発電所の事故は日本社会に大きな衝撃を与えました。その結果、各方面で原子力発電をめぐって議論が活発に行われるようになり、日本のエネルギー・原子力政策の見直しが新たな課題として浮上しています。私たちは福島原発事故から何を学び、日本のエネルギー・原子力問題をどのように考えたらよいのでしょうか。
本講演会では原子力委員会から鈴木達治郎氏をお招きし、原子力行政の専門家・実務家の見地から福島原発事故の教訓や今後のエネルギー・原子力政策についてお話していただきます。


日時:2011年11月18日(金)16:20~17:50
会場:福島大学 共通講義棟L2教室(福島市金谷川1番地[JR金谷川駅下車徒歩10分])
講演者:原子力委員会委員長代理 鈴木達治郎氏
演題:福島原発事故の教訓と今後のエネルギー・原子力政策

*入場無料・事前申し込み不要

【問合せ先】福島大学行政政策学類 黒崎輝研究室 電話:024-548-8299

主催:福島大学行政政策学類
共催:福島大学行政社会学会、うつくしまふくしま未来支援センター

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://311gyosei.blog39.fc2.com/tb.php/211-141d2bb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)