FC2ブログ

ガンバロウ福大!行政の「結」

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震に端を発する東日本大震災をきっかけに、福島大学行政政策学類の教員有志でブログを開始しました。福大行政に関わる情報共有・情報発信の場として、このブログが、読者のみなさんとわたしたちの、また、みなさん同士の結節点になれば嬉しいなと考えています。一緒に手を携えて、この難局を乗り切っていきましょう。     (2012年3月26日記)

モンペ・デビュー!???

こんにちは、照沼です。遅くなってすみません。清水さんにハードルを上げていただいちゃって、恥じらってました(?)。


はじめまして、の方もいると思いますが、新2年生の皆さんとは、「現アプ」の授業でお会いしていますね(その節は非常にたくさんの受講生に課題レポートで選んでいただいて…ありがとう(涙)←うれし涙??)。 また、新入生ガイダンスはじめ各種ガイダンスでも、教務委員としてお会いする機会がありました。

教務委員・・・学生の皆さんには馴染みがないと思いますが、教員は、教育と研究の他に、委員会のお仕事をしています。教務委員は、皆さんにとって大事なカリキュラムや授業全般に関わる重要な(そして忙しい)仕事をしていて、学生生活委員とともに、皆さんと接する機会の多い委員です。といっても、ガイダンスの他は、各種申込みや申請・登録をしそびれたり、来るべき時に来なかったために教務課に呼び出され「教務委員と面談」という事態にならないと、直接関わる機会はないかも。実は3月で任期は終わったのですが、新学期が始まるまでは引き続き新委員の方々のお手伝いをすることになりました(涙)。(←うれし涙???)

(昼の)震災対策室でも、私は学生対応担当をしています。これまで学生対応チームが中心になってやったことは、皆さんの安否確認、安全確保、もしもの時のための検討や準備でした。そして、これまで連絡を取りづらかった人たちと(久しぶりに)やりとりができたり、大変な作業の中、皆さんが元気でいることがわかる度に、安堵と喜びを感じました。普段の活動の単位になっているゼミを超えて、皆さんとの一体感を感じることができた作業でした。

現在のお仕事は、授業開始までの間、ゼミ単位で必要時にすぐに連絡が取れるような体制を整える作業と、新入生が入学するまでの連絡網を作成する作業です。3月31日付で新入生宛てに発送した手紙は、早いところでは翌4月1日の午前に届いたようで、すでに60名以上から連絡先をメールで送信してもらっています。郵便事情が回復してきていることと、新入生の皆さんがすぐに対応してくれていることに感謝です。


震災対策室のお仕事とは少し外れますが、今私が気になっているのは、小学校の新学期開始日のことです。なぜ気になるかといえば、私が小学生のママだからなのですが――そう、教員にも家族がいるのです。この度の地震と原発事故で、家族(お連れ合いやお子さん)と離れて働いている(いた)教員も少なくありません。ご実家(父母)も含めれば教員全員が、皆さんご家族の身を互いに案じつつ、それぞれ今できることを頑張っています――震災対策室でもママ友ならぬママ教員・パパ教員と、何とかならないものか話し合いながらも良い手立てがなく、もどかしい思いでいます。

「4月6日開始(予定)」だったのが、(予定)ではなくなったとウェブ上で公開され、慌てて子どもの通う小学校や市の教育委員会に問い合わせました。その時点(3/31午前)では、6日開始は「決定」ではなく、午後の校長会議での意見交換を踏まえて検討される、日程をひとまず定めないと動きが取れない、児童の教育の機会を最大限確保したい、「子供の安全が第一」であるので施設の問題、通学路の問題、放射線量の問題を慎重に検討している、県の教育委員会と文科省が「専門家」の意見を踏まえて対応を検討し指針を作成中である、その指針によって皆さんに納得いただけるような対応ができるように準備している、という説明を受けました。

電話で対応してくれた学校教育課の方は、私が何も言わないうちから「この度は誠に申し訳なく…」と大変な低姿勢の話し方で、私は一瞬自分がモンペ(モンスターペアレント)になったような気分になりました(ドラマの見すぎ?)。上記の説明内容は、1日に同じく問い合わせた中川パパのお話によればほぼ同じ返答だったとのことなので、対策マニュアルがあるのかもしれません。

1日には、小学校に行って、担任の先生と話をしてきました。学校は市の教育委員会の指示に従うほかない、保護者から問い合わせや意見があっても上には「報告」しかできず、各小学校で独自の対応を取ることはできない、保護者の間でも「安全・安心」の考えにかなり温度差がある、不安だから子どもを登校させられないと言われたら、個々に対応するしかない、とのこと。子どもたちと直接かかわる先生方の責任感や気苦労を思うと、切なくなりました。

それにしても、市の教育委員会は「県教委と国の指示に従う」と言うし、県の教育委員会は、「小中学校のことは市の教育委員会が決める」という返答(西崎ママ談)、それじゃどこに意見を言えばいいのでしょう?
ひとまず、週明けに懲りずに教育委員会に電話して、モンペ・デビューでしょうか?


ずいぶん長くなってしまいましたが、後もう少しだけお付き合いください(>_<)。ここまで文字ばかりだったので、無理やり写真を使うネタで締めます(?!)。

大黒さんの二番煎じなのですが(すみません)、研究室について。昨年度は、照沼教養ゼミ生21名と、卒論指導ゼミ生6名、その他数名の選ばれた(?)人だけが入室を許可された、入った途端DVDと本の多さだけでなく、キャラクター・グッズの多さに、みな目が泳いでしまうという、あの研究室、特別公開です。

多々あるグッズの中、残念ながら1つだけ、壊れてしまいました。(でも1つだけで済んだのは奇跡ともいえます。) 「ピカチュウの森」と一部に呼ばれていたコーナーにいた、スヌーピーの置物です。プラスティックの部分が割れてしまいました(涙)(←悲し涙)。

(1)Snooopy.jpg


一方、もう動かないと思っていた時計は、一部欠けたものの、電池を入れたら、動きました!

(2)clock.jpg


しかし、ぬいぐるみたちは…。こんな時なのにエアコン取付け工事のために、片付けを急ぐように問われ、研究室の左半分はなんとか床が見える状態にしたのですが、右半分は手つかずのまま、そしてその右側にぬいぐるみたちはずっと埋まったままでした。

(3)Before.jpg


しかしとうとう救出する時が!(ってこのブログのためなのですが…。)

(4)After.jpg


あれ、でもまだ少し足りないような。少なくとも、お昼寝のお供「ピチュウまくら」がまだ行方不明です。まあ、半分は枕だから、あとでもいいか。(え?)

 でもこの調子で救出&片付けを続ければ、新学期が始まるころには、見違えるほどきれいな研究室になっているはず(?!)。そうなれば入場制限はなくなりますので、是非皆さん遊びに来てください。キャラクター・グッズたちとお待ちしています(^_^)。

次の担当は、加藤さんです。よろしくお願いします~。

コメント

ぬいぐるみ

ぬいぐるみって可愛いですよね!

私は経済学類ですが、このブログは面白く、有益なのでいつも読ませて頂いてます!

ぬいぐるみ達の救出、お疲れ様です。

  • 2011/04/03(日) 21:08:12 |
  • URL |
  • aiko #-
  • [ 編集 ]

ご無事で何よりです

友人より震災時に研究室にいらっしゃったと聞いており思わず背中に冷や汗が流れましたがご無事なようで何よりです。
DVD、頭に直撃しませんでしたでしょうか?
卒論では違いましたが、ある意味一照沼卒業生としては「とうとう起こってしまったか」というかんじでしたね;
先生が本と棚と書類に埋もれなくてほんとによかったです><
お子さんのこともあるかと思いますが、先生もご自愛されつつ、いつも通りののほほん癒し系でお過ごしいただければと思います。
それでは失礼します^^
(次の加藤先生の研究室も加藤卒業生としては非常に不安です。。。(苦笑))

  • 2011/04/03(日) 21:12:30 |
  • URL |
  • OGの人形作り #5InN.w6c
  • [ 編集 ]

aikoさんへ

コメントありがとうございます。研究室のぬいぐるみたちは、
基本的に家にいられなくなった(場所が足りなくなった)子達
なのですが、この度の地震でかわいそうなめに遭わせて
しまいました…(>_<)。
大学が始まったら、会いに来てあげてください(^_^)。

  • 2011/04/04(月) 19:08:57 |
  • URL |
  • スヌーピーLOVE #-
  • [ 編集 ]

OGの人形作りさんへ

コメントありがとうございます。
内容とお名前から、あの人かな、と想像しつつのお返事です(^_^)。
地震時の研究室は、それはそれは危険なところでした!
でも物が多すぎて(=重すぎて)、割れたり倒れたりという被害は、
逆に少なかったのかも?
外に避難した後、戻ったら研究室は本とDVDと書類の海と
化していましたが、逃げるときは幸い埋もれることなく、
廊下に出られました。本当によかったです…。
落ち着いたら、ぜひまた遊びに来てくださいね。
加藤先生のブログもお楽しみに~。

  • 2011/04/04(月) 19:24:46 |
  • URL |
  • スヌーピーLOVE #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://311gyosei.blog39.fc2.com/tb.php/21-d1a71680
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)