FC2ブログ

ガンバロウ福大!行政の「結」

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震に端を発する東日本大震災をきっかけに、福島大学行政政策学類の教員有志でブログを開始しました。福大行政に関わる情報共有・情報発信の場として、このブログが、読者のみなさんとわたしたちの、また、みなさん同士の結節点になれば嬉しいなと考えています。一緒に手を携えて、この難局を乗り切っていきましょう。     (2012年3月26日記)

ようやく危機感芽吹く?

 秋の色深まる昼の震災対策室からのお知らせです。

 昨日(9月27日)、福島市は、今後2年間で、市民の日常生活環境における空間放射線量を市内全域で1μSv/時以下にすることを目指す「福島市ふるさと除染計画」を発表しました。一方、今日の学類教員会議では、金谷川キャンパスの除染計画が報告されました。遅きに失した感はありますが、保護者や学生の皆さんや学類長・評議員が声を上げ続けた成果だと思います。

 それによれば、対象(優先順位)は、利用頻度や学生寮への影響を考え、①サッカー・ラグビー場、野球場、②陸上競技場、テニスコート、③広場(中央広場、生協前広場を含む)で、①については雪や霜の季節を迎える11月までの除染を目指すとのことです。

jyosenososugi1.jpg
(スポーツ関係施設の配置)

jyosenosoiyo2.jpg
(中央広場、生協前広場のインターロッキング配置)

 とはいえ、広場のインターロッキングブロック(透水性のブロック)については、ブロックを砕いて上にブロックを載せるか、外して上に敷くのかなどの方法はまだ検討中です。また、多額の除染費用をどうするかの問題も未解決です。目標値の設定や授業との調整など問題は山積みですが、速やかに計画が実行され、安全・安心のキャンパスが戻ることを望みたいと思います。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://311gyosei.blog39.fc2.com/tb.php/201-3166a6a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)