FC2ブログ

ガンバロウ福大!行政の「結」

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震に端を発する東日本大震災をきっかけに、福島大学行政政策学類の教員有志でブログを開始しました。福大行政に関わる情報共有・情報発信の場として、このブログが、読者のみなさんとわたしたちの、また、みなさん同士の結節点になれば嬉しいなと考えています。一緒に手を携えて、この難局を乗り切っていきましょう。     (2012年3月26日記)

Save Watari Kids の活動―「渡利地区の放射線量マップ」の作成

こんばんは。夜の震災対策室からぴたです。
今日は、Save Watari Kidsの活動を続けている、照沼さんに活動について書いていただきました。
なかでも「渡利地区の放射線量マップ」は、住民のみなさんにとっては貴重な情報ではないでしょうか。
「夏休みの教室利用」についても…
ブログでは見にくいので、直接資料を手にしたいという方は、3.11gyosei@gmail.com までご連絡ください!

*********

照沼です、こんにちは。
先日(といってもだいぶ経ってしまいました…)学類の教員の皆さんに「渡利地区の放射線量マップ」の利用を呼びかけましたところ、ぴたさんにこのブログでも紹介していただけることになりまして、併せて、マップを作ったグループ、Save Watari Kids(渡利の子どもたちを守る会)の活動についても、報告させていただく次第です。

Save Watari Kidsは、渡利小・中学校の保護者の有志が集まったグループです。
5月の終わりに開かれた、渡利地区の学校や園の表土改善のための説明会に参加した人たちの中で、「避難」も含めて渡利の子どもたちを守るためにできることをしなければ、という思いを強くした保護者が集まり、6月に周囲に活動を呼びかけたところから始まりました。

「渡利地区」は、福島市内でも線量の高いことで有名になってしまった地域です。最初の集会でも、渡利地区の保護者に呼びかけたはずが、集まった人の半数近くが他の地域(遠くは二本松)から来ていて、このような集まりや活動を欲していた人がたくさんいるのだということを認識しました。

watarisenryomapomote.jpg
<渡利地区線量マップ・表>

watarisenryomapura.jpg
<裏>

第2回からは、渡利地区限定になりました。とにかく「危険地帯」渡利を何とかしたい、という思いと、渡利での活動の方法や成果を、いずれ他地域で利用してもらえるような繋がり方ができれば、という思いでした。

最初の活動は、福島市への要望に関する話し合いと、子どもたちの通学路の線量測定です。
測定結果によって数値の高かったところに印をつけたいという案が出ましたが、市に相談したところ却下されました。
また、線量マップを小学校の授業参観日に配布したいと、校長先生に申し入れましたが、それも却下…(校門の外で配布するならいいです、と言われた…)。
それでも、その地図は、7月12日の福島市長および教育委員会へ要望書の提出時に添えて渡してきました。

要望書の項目は7つ:「学校(学級)疎開」「一刻も早い除染」「早急な健康調査」「給食の食材への配慮」「夏休み中の校舎開放」「一時避難・保養の推奨」「一時避難者への支援」。

yoboshoomote.jpg
<福島市長/教育委員会への要望書・表>

yoboshoura.jpg
<裏>

短期間でも近距離でも少しでも安全なところに子どもを疎開させて、その間に集中的に除染をしてほしい、という要望を一番に掲げたのですが、その当時、市の対策本部は「渡利と大波でいち早く除染を行って、その結果を基に8月上旬には市全体の除染マニュアルと計画を出す」べく準備中であることを、部長さんは誇らしげに語ってくれたので、まずはそれを信じてみようか、という雰囲気で会談は終わりました。

が、そんな期待の中行われた7月24日の「除染実験」はあれれれ?なもので、さらにその後の状況を見ても、ほとんど進展はなくて、渡利の人々は大変失望しました。8月上旬作成と宣言していたマニュアルも計画も実現してないばかりか、「渡利の線量は下がった」という正確ではない情報を流したことに、激怒している人も少なからず、です。

kaitoomote.jpg
<福島市長からの回答・表>

kaitoura.jpg
<裏>

Save Watari Kidsでは、7月の除染作業の際、「スーパーソリウェルパウダー」(クマケン工業と金沢大の太田教授が共同開発した、セシウムなどの凝集剤で、メンバーの働きかけで、無償で使わせていただけるチャンスがありました)による除染実験の試みも、市に協力をお願いしましたが、生じた汚泥は引き取れない、とか、勝手なことは困るとかで、結局実施することができませんでした。(スーパーソリウェルパウダー…8月11日に川俣町で使用されたようです。)

そんな中、8月18日から「線量詳細調査」が始まるとのニュース。「特定避難勧奨地点の指定の有無」の判定のために行われるとか――願わくは、伊達市のように子どもたちのコミュニティが引き裂かれることのないような配慮をしてほしい、そして測るだけ(&避難の指定をするだけ)ではなくて「きれいな渡利」に一日も早く戻してほしい…。

Save Watari Kidsの活動から話が少し逸れてしまいました(>_<)。

現在は、「夏休み中の校舎開放」の活動を行っています。

敷地内の表土改善後、線量の高い地区で最も安全な場所となっている小学校の教室(校舎内は0.04μSv、校庭でも0.2μSvシーベルト、これより高い木造家屋の室内なんて渡利ではたくさんあります…)を、夏休み中も子どもたちに使わせてほしいという要望は、7月の7つの要望のうち、唯一通ったともいえるものなのですが、許可の通知が来たのが7月20日、つまり夏休み直前で、準備も周知もままならなかったため(ついでに「学習のためだけの使用」という制約もあったりで)、せっかくの機会が十分活用できていない状態ではありますが、なんとかメンバーでやりくりしながら8月1日から実施しています。

11日までは「学習」のみでしたが(実際にはトランプや折り紙などの遊びも取り入れていました)、お盆明けの後半は、テーマを設定した学習(アイスクリーム作りや読みきかせ、茶道体験、ミニ英会話)も行います。

watarikidsomote.jpg
<夏休みの教室利用>

watarikidsura.jpg
<裏>

夏休み教室の参加者が少ないのは、「お知らせ」の配布が、夏休みに入ってからになってしまい、十分に子どもたちに周知できなかったせいも、多少あるとは思われますが、夏休み中、明らかに市内の子どもたちの数は減っています。それは、「保養」のために県外に出ている子たちが多いということで、それはとても喜ばしいことではあります。(その一方で、抽選に漏れてばかりで「保養」に行けなかった子ども・家族もいたようです。保養計画はたくさんあっても、遠方だったり、長期間だったりで参加できないとの声も…、また企画側では思うように人数が集まらずに困るという話も聞き、需要と供給が上手く合わないことや周知が十分ではないことなど、なかなか難しいようです。)

夏の保養を期に、そのまま福島を離れること、(一時)避難を、決意する家庭も増えるかもしれません。
でも、9月に2学期が始まれば、子どもたちの多くは、夏休み前と何ら変わっていない状況のところに帰って来るでしょう。Save Watari Kidsの活動はまだまだ続きます。インドア派でまったりが基本型の私も、もうしばらく(?)アクティブなままでいなければ…と思う今日この頃です。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://311gyosei.blog39.fc2.com/tb.php/188-910e86ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)