FC2ブログ

ガンバロウ福大!行政の「結」

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震に端を発する東日本大震災をきっかけに、福島大学行政政策学類の教員有志でブログを開始しました。福大行政に関わる情報共有・情報発信の場として、このブログが、読者のみなさんとわたしたちの、また、みなさん同士の結節点になれば嬉しいなと考えています。一緒に手を携えて、この難局を乗り切っていきましょう。     (2012年3月26日記)

被災者支援の可能性を探る―飯舘・川内村民との懇談から①

夜室長のひろやすです。先週で授業や試験が終わり、7日のオープンキャンパスを経て、大学も夏休みに入りました。夏期集中講義などはありますが、キャンパス内の学生もだいぶ減って、朝からセミの声がひときわ大きく聞こえてきます。

震災対策室の面々も授業期間中はなかなか身動きがとれませんでしたが、ここにきてようやく学外に出かける時間を確保できるようになりました。

先日ブログにアップした楠橋さんの話の中に、「学生らしい支援のあり方とは何か?」という問いかけがありましたが、私たちも、「大学らしい復興支援のあり方とは何か? 学生と一緒にできる復興支援にはどんなものがあるか?」、いろいろ思いを巡らせています。

震災対策室にいて話をしていると、いろいろな支援のアイディアは浮かぶのですが、それが被災された住民の方々のニーズに合っているのか分かりません。「気持ち」を「形」にするのは思いのほか難しいものです。そこで、ぴたと一緒に飯舘村と川内村の住民の方に会ってお話をうかがってきました。2回に分けて報告したいと思います。

7月27日に開催された「いいたて有志者交流会」(⇒コチラ)の席で、佐藤長平議長から、仮設住宅に入居した村民に家庭菜園用の土地を確保したい、というお話を伺いました。そこで、ぴたとひろやすが、いつも大学隣接遊休農地復活再生事業(Uプロジェクト)でお世話になっている、地元松川の市議会議員の尾形武さんと農業委員の尾形寅昭さんにお願いして、その可能性をさぐる話し合いの場をもつことにしました。

8月4日の夕方、ぴたと院生の木村さんとともに、松川工業団地に設置された仮設住宅に車で向かいました。大学からは、旧4号を二本松へと向かい、松川駅方面に左折して4号パイパスに降りる直前の信号を左折したところ、震災直後にガソリンを求めて行列したガソリンスタンド(⇒コチラ)の近くに仮設住宅はありました。10分ほどで到着です。

写真1
(入口看板)

写真2
(仮設住宅)

松川工業団地には、第一と第二と合わせて約220戸の仮設住宅が建設されています。今回お邪魔した第一工業団地には、10数棟のプレハブ群が向い合せに並んでいます。集会所と談話室がそれぞれ1棟あり、商業用と特養用の施設用地も確保されていました。

談話室を使うのは今回が初めてということで、部屋の中に入ると、新建材の臭いが少し鼻をつきます。バイパス沿いということもあって、窓を開けているとけっこう車の走行音が飛び込んできます。

飯舘村からは佐藤議長、高橋誠一農業委員会事務局長をはじめ4人の方が参加しました。家具も何もないので、9人で車座になっての懇談です。懇談では、農地のこと、仮設住宅のこと、飯舘村の除染活動のことなど、さまざまな話がでましたが、かいつまんで紹介しましょう。

写真3
(車座になって懇談)

飯舘村の仮設住宅は、松川工業団地のほか、福島市飯野町、伊達市、相馬市、国見町にもあります。松川工業団地の仮設住宅への入居は7月28日から始まったばかりなので、まだ半分くらいしか埋まっていそうです。お盆明けには入居が進むと予想される(福島県は8月末にはホテルなどの二次避難所を閉鎖する方針)ので、それから自治会を立ち上げ、入居者の名簿をつくるという段階にあります。

住宅は、1K、2K、3Lの3タイプがあり、大家族は2部屋借りて住んでいます。20行政区のうちの15行政区の方が入居しているということで、厳密に地区ごとにまとまって住んでいるわけではないようです。顔見知りの人ばかりではないので、新しいコミュニティづくりが必要になります。また、松川工業団地は福島市郊外にあるので、仕事をもっている人の入居は少なく、今後、独り暮らしのお年寄り(もともと独り暮らしの方もいれば、仕事や学校の関係で家族とバラバラになった方もいる)がかなりの数にのぼるのではないかということでした。

そのため、現在、買い物をどうするかが問題になっています。近くにコンビニがありますが、スーパーまでは車で5分以上かかり、お年寄りが歩いて買い物に行ける距離ではありません。今後、飯舘村のラーメン屋さん(野菜なども販売)が商業施設用地に出店してくる予定ですが、日用品をすべて取りそろえるわけにはいきません。村では、今後、病院やスーパーに行くバスを週2~3回運行する予定ですが、お年寄りは大きなスーパーだと品物を探すことができないという問題もあるようです。国見町では商工会が中心となって「まちなかタクシー」を運行しているそうです。今回は、とりあえずの対応として、地元の移動販売業者の方に仮設住宅に行ってもらうことにしましたが、車のない方への対応が大きな課題になってきそうです。

農地のほうは、入居者の2割程度の希望はあるのではないか、ということでした。飯舘村にいたときは普段から自家野菜をつくっていて、土に親しんできたひとばかりです。避難先の旅館で草むしりをさせてほしいと申し出た人もいたそうです。仮設住宅の敷地は一面砂利が敷き詰められており(一部はアスファルト)、土から切り離されてどんな思いで生活しているのかと思うと心苦しくなります。

すでに、近くの松川雇用促進住宅に入居した方の中には、自分たちで農地を見つけて耕作を始めた人もいるようです。松川町にも使われていない農地があるようですが、いずれも徒歩で行くには遠いのが難点です。一番良いのは、眼の前に拡がっている、使われていない工業団地の一部を農地として利用することですが、「目的外利用」になるので簡単にはいかないそうです。

しかし、県の「復興ビジョン(素案)」には、「高齢者等の生きがいや生活のリズムを確保するため、仮設住宅周辺に小規模菜園の設置を行うなど、日常生活に近い癒される快適空間づくりを進める。」と記されています。中越地震のときには、山古志村民の仮設住宅のそばに農園(「いきがい健康農園」)を設置して、それがコミュニティづくりや帰村後の営農に大きな成果を挙げたという経験もあります。法やルールは人々の生活を豊かにするためにこそあるべきものです。尾形議員にもお願いしましたが、ぜひ弾力的な運用を望みたいと思います。

写真4
(福大との連携を熱く語る木村さん)

このほか、懇談では、福大や松川町との連携についても話が出ました。飯舘村では各地区で芸能が盛んに行われています。8月6日には、長野県上伊那郡中川村の「なかがわどんちゃん祭」に、「よさこいソーラン」と「虎捕太鼓」(木村君が地域づくりにかかわってきた佐須地区の創作太鼓)が招待されました。中川村も飯舘村もNPO法人日本で最も美しい村連合に加盟していて、中川村は1961年の豪雨災害「三六災害」で住民が移住を余儀なくされた経験をもっています。地元松川には「愛宕陣太鼓」があるので、太鼓のコラボができると楽しそうです。懇談では、福大祭や地元主催のルーラルコンサートに村民の方に出演してもらうのはどうかというアイディアが出されました。

飯舘村は「までいな希望プラン」の中で、避難先との交流事業を進めることを謳っていますが、大学も仮設住宅の入居者の方も、同じ福島市松川の「住民」として、お互いに長続きのする連携協力をはかっていきたいと思いました。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://311gyosei.blog39.fc2.com/tb.php/183-7192669b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)