FC2ブログ

ガンバロウ福大!行政の「結」

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震に端を発する東日本大震災をきっかけに、福島大学行政政策学類の教員有志でブログを開始しました。福大行政に関わる情報共有・情報発信の場として、このブログが、読者のみなさんとわたしたちの、また、みなさん同士の結節点になれば嬉しいなと考えています。一緒に手を携えて、この難局を乗り切っていきましょう。     (2012年3月26日記)

「侍」シリーズは続きます―「原発事故」と「被ばく」を考えるDVD上映会のお知らせ

 こんばんは。夜の震災対策室からぴたです。
 主役を代えながら長年続いた時代劇「水戸黄門」が終了することが発表されました。
 入浴シーンがなかったことがその理由だという説もあるようですが(笑)、慣れ親しんだ時代劇が終わることに、さびしい思いをしている人も多いようです。僕もその一人です。
 ですが…大丈夫です!
 水戸黄門が終わっても、福島大学行政政策学類の「侍」シリーズは、これからも続きます!
 これまで、行政政策学類の「侍」たちは、福島県内各地や福島大学で、原発事故と被ばくについて、自分たちで考えるためのDVD上映会を企画してきました(学生企画科目→詳しくはコチラ)。
 前回、侍たちとともに上映を実施した「森の映画社★札幌編集室」が、8月初めという時期に合わせ、「原発事故」と「被ばく」というテーマでの新しい上映会を企画しています。
 県内各地(川俣町、伊達市、二本松市、福島市、郡山市、会津坂下町、いわき市、南相馬市)に加え、宮城県白石市と栃木県那須塩原市でも上映会が開かれます。
 ご関心のある方は、ぜひ上映会にお越しください!

dainidan.jpg
<チラシ表>

dainidan2.jpg
<チラシ裏>

***

<上映作品>

・小出裕章さん(京都大学原子炉実験所)
「3か月後の今」(6月21日インタビュー)
・今中哲二さん(京都大学原子炉実験所)
「低線量被ばくとは」(6月21日インタビュー)
・河田昌東さん(チェルノブイリ救援・中部)
「汚染のなかで生きる―チェルノブイリから学ぶこと」(5月13日インタビュー)

【特別上映】
総監修・撮影
広河隆一「チェルノブイリの真実~追い続けた10年間、生命(いのち)の映像記録~」

<上映日程>

・8月1日(月) 宮城県白石市・中央公民館 視聴覚室
・8月2日(火) 川俣町・鶴沢公民館
・8月3日(水) 伊達市・小国ふれあいセンター
・8月3日(水) 二本松市・男女共生センター
・8月6日(土) 福島市・コラッセ福島 5階研修室A/B
・8月7日(日) 郡山市・福島県教職員組合郡山支部会館
・8月8日(月) 会津坂下町・健康管理センター
・8月9日(火) いわき市・労働福祉会館
・8月10日(水) 南相馬市・ラフィーヌ
・8月11日(木) 栃木県那須塩原市・那須セミナーハウス
 
*詳しくは、チラシをご覧ください。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://311gyosei.blog39.fc2.com/tb.php/178-12a28634
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)