FC2ブログ

ガンバロウ福大!行政の「結」

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震に端を発する東日本大震災をきっかけに、福島大学行政政策学類の教員有志でブログを開始しました。福大行政に関わる情報共有・情報発信の場として、このブログが、読者のみなさんとわたしたちの、また、みなさん同士の結節点になれば嬉しいなと考えています。一緒に手を携えて、この難局を乗り切っていきましょう。     (2012年3月26日記)

福島の美術館とまちづくり

 こんばんは、ぴたです。
 今日が七夕だってこと、忘れていました。
 夜の震災対策室長のひろやすは、今年の願いをファックスに乗せて「星」に送ったそうです(謎)。
 みなさんはいかがお過ごしですか?

 さて、今日は、行政政策学類の教員が中心になって、震災前から続けている「美術館とまちづくり」活動のご紹介です。

 311とそれに続く原発事故の影響は、生活のあらゆることの見直しを迫りました。
 私たちの学類教員にとっても同じこと。
 震災前から続けている研究や社会活動を、311以降の現実のなかで、あらたにどう位置づけるのか?
 深刻で、真剣に取り組むべき課題です。

 「美術館とまちづくり研究会」が企画する、「親子でアートなワークショップ」も vol.6 になります。
 震災後初の今回の企画に込めた想いを、行政政策学類教員で本の研究会スタッフの田村奈保子さんに語ってもらいました。

*********
 
 今日は七夕。雨が降らずに星が見えるといいですね。

 震災後の福島では、何かと不安で、落ち着かない毎日を送ることを強いられています。
 自分のことは後回しで、お子さんのことで心を痛めていらっしゃる保護者の方々にも、大変なストレスがかかっていることと思います。
 福島で子育てをされている方々には、一言では言えないそれぞれの事情があるのだと思います。
 スタッフの私にも高校生の息子がいます。思い悩む日々が続いています。
 
 そんな時、問題の根本的解決にはならなくても、心を軽くしてくれるのは、同じような立場の方たちとの会話だったりします。
 
 星に願っても叶うかわかりませんが、それでも祈りたくなる今日この頃。
 保護者の方々もお子さんと一緒に小さな手作りで時間を過ごし、気分を変えていただければ、とこの催しを企画しました。
 もちろん、少しでも元気を取り戻したことが、良い方向への一歩の力になることを願っています。


<親子でアートなワークショップ> vol.6
★みんな元気で★星に願いを★

日時:7月9日(土)13:00~17:00
場所:如春荘
 
①13:30~★願いキラキラ★星の部屋★パート1

 ワークショップとお話会:みんなで星にお願いしよう!
 お星様カードに願い事を書いて飾った後、お話会をします(絵本『星と月がうまれた夜』)
 その後、暑中見舞いはがきを作りましょう!

hagaki.jpg
<可愛いクラフトパンチで、夏らしいはがきを作ってみましょう!>
                               
②13:00~17:00 ★願いキラキラ★星の部屋★パート2

 福島第二中・第四中美術部のみなさんの夢あふれる作品を展示します

★震災後、福島で小さなお子さんをお育ての皆様には大変なご不安ご心配がおありのことと思います
★保護者同士、気軽に話せる場にもなればよいと思います

※小さなお子さんには必ず保護者の方がお付添下さい
※予約は不要ですが、キット数には限りがあります
※冷房設備がありません 

★「如春荘」は美術館駐車場に沿った道をはさんだ向かいのブロック塀の民家です
★入場無料です! 駐車場は美術館駐車場をご利用ください


主催:福島大学地域創造支援センター登録研究会「美術館とまちづくり研究会」
連絡先:a090@ipc.fukushima-u.ac.jp/024-548-8306(田村奈保子研究室)
HP: http://smcf.exblog.jp

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://311gyosei.blog39.fc2.com/tb.php/162-b7d87949
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)