ガンバロウ福大!行政の「結」

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震に端を発する東日本大震災をきっかけに、福島大学行政政策学類の教員有志でブログを開始しました。福大行政に関わる情報共有・情報発信の場として、このブログが、読者のみなさんとわたしたちの、また、みなさん同士の結節点になれば嬉しいなと考えています。一緒に手を携えて、この難局を乗り切っていきましょう。     (2012年3月26日記)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パセオ通りで放射能除染!!

夜の震災対策室からこんばんは、しみず@ブログ庶務担当です。

今日のリレー日記は、「マー君」の登場です。マー君は、パセオ通り商店街の皆さんととっても仲良しのようですね。さてさて、誰なんでしょう???

では、マー君、よろしく!


*******

今回のブログ担当は「マー君」です。リリーフ役として狩り出されました。今日の話は、放射能除染に取り組むパセオ通り商店街の話です。


「パセオ通り」、どこにあるか知ってますか。福島駅東口から東に進み、中合、AXCを過ぎて国道13号線を渡り、街なか広場を過ぎると、南北に伸びる西欧風のクネクネした道と交叉します(本町)。その道がパセオ通りです。

学生諸君が生まれた頃は「すずらん通り」といい、その両脇に「すずらん通り商店街」があって、市内で一番賑わう繁華街でした。

その通りが中心市街地活性化事業でコミュニティ道路、「パセオ470」に変身し(1989年完成)、一時期通行人も増えました。

しかしエンドーチェーンが撤退し(その空地が街なか広場)、福島駅西口にイトーヨーカ堂が進出し、中合の隣の山田百貨店(その後に中合が進出して二番館)がさくらの百貨店となって曾根田に移転し、さらに西道路が開通するとSATYとなって西道路に移転した頃、パセオ通りのある中心市街地はすっかり空洞化してしまいました。

せっかく再開発したのになぜ空洞化したのか、この原因を調べて卒研を書けば、「優」は間違いなしです。


パセオ通りと文化通りが交叉するところに、「岡崎陶器」(代表 岡崎俊資)という陶器屋さんがあります。

2000年に母の香典返しに抹茶椀を買ったのがきっかけで、夫婦ぐるみのお付き合いをするようになり、まちづくりの一環としてパセオ通りを花で飾って活性化しようということになりました。

益子焼で有名な栃木県益子町、鎌倉市の小町通り、蔵のまち栃木市などに研修旅行に出かけ、まちづくりの手法を学びました。

お店の店頭を季節の花で飾ったところ、それがパセオ通り全体に広がりました。

お店は和風の「うつわの岡崎」に変身し、ミニギャラリー(無料展示場提供)や佳葉茶屋(無料お茶提供)をつうじて市民に憩いの場を提供し、福島リビング新聞社から賞をいただくまでに成長しました。

パセオ通り商店街は伝統の「福島七夕まつり」に加え、数年前から「光のしずくプロジェクト」や「花コンテスト」に取組むようになりました。


2011年春、パセオ通り活性化の起爆剤として、飲み屋街のあった仲見世跡地に、飲食店(イタリア料理、スペイン料理、焼き鳥、寿司、さしみ、鍋、蕎麦、たこやき・・・)や販売店(フラワ-ギフト、生活雑貨、洋服、ソーラー製品、エステ・・・)が入ったおしゃれな商業集積「パセナカmisse」がオープンしました。

パセナカmisseは人気スポットとなり、お客さんが集まり始めました。

しかし運命の3月11日、東日本大震災が発生し、水素爆発した東電福島第一原発から飛散した放射性物質は風に乗って北西に流れ、飯舘村を通って福島市に落下しました。福島県、福島市の対応は鈍く、市民の間に放射線への不安が広がりました。

そこでパセオ商店街が自分たちで少しでも放射線を減らせないか考え始めました。線量計を借りて測定してみると、けっこう放射線が高いことに驚きました。ではどうしたら減らすことができるのか?


6月3日(金)、福島大学行政政策学類主催の講演会で、田中俊一先生が「福島における放射能除染のあり方」について講演することになりました。そこでビラ数枚を除染で困っている岡崎さんに渡したところ、彼はパセオ商店街の役員数名を連れて講演会に参加し、田中先生の講演を聞いて大いに勇気づけられました。

同じ頃、地元商店街を元気にするために植物を使った浄化・除染、土壌調査、クリーン活動を行う福島復興プロジェクトチーム「花に願いを」(代表 常円寺住職 阿部光裕)が立ち上がり、パセオ商店街に協力を求めました。

そこで6月22日、「中心市街街区通行量2.5倍売上2倍を目指す会」(代表 岩山知弘)、「フラワーストリートプロジェクト実行委員会」(代表 高橋省吾)及び「福島復興プロジェクトチーム」が、共同して汚染除去作業に取り組み、ヒマワリの種を播きました(なお取り除いた表土はお寺が引き取りました)。


パセオ商店街のみなさんが、街に賑わいを取り戻すために、市民が安心して街なかを歩けるよう自主的に放射能除染に取組んだこと、そしてみなさんが福島大学で行った田中先生の講演から除染に取り組む具体的な方法を学び、実践したことなど、具体的な成果が生まれてきました。

そしてマー君夫妻といたしましては、除染を通じて商店街のみなさんの団結が強まったことを何よりもうれしく思います。


以上、前置きが長くなりました。詳細は、以下の岡崎さんの手記や写真をご覧ください。

マー君 こと 高瀬 雅男(行政政策学類特任教授、経済法)


*******

立ちあがったパセオ商店街~6月22日にパセオ470放射能除染作業実施

                     福島市置賜町パセオ通り
                     (有)岡崎陶器 岡崎俊資


東日本大震災発生より3カ月経過しました。今までの大災害は時間の経過と共に復旧の鎚音が聞こえてくるものですが、福島第一原発という巨大怪物の脈動が一向に衰えることなく、終息の兆しが見えません。福島市民・県民の不安・心配は、消えることがありません。

以下、私たちパセオ商店街の有志が6月22日に行った除染作業を、そこに至る経過も含めて紹介します。


5月17日(火)
友人の測定器を借りて、店頭のケヤキ樹木根回りを測定しました。結果、地表面で8.40マイクロシーベルト/時。高い数値にびっくりしました。


5月23日(月)
除染に関わり知識・情報に乏しいまま、手探り状態で対処を開始しました。店頭のケヤキ樹木根回りに新しい土を盛土(15センチの高さ)。結果、地表面で0.93マイクロシーベルト/時に。

一定の結果は出ましたが、福島市中心市街地の除染をどのように進めていけばよいのか、その後も不安を抱えての毎日が続きました。


6月3日(金)
福島大学主催の学習会「福島における放射能除染のあり方」(講師:田中俊一先生)に参加。パセオ通り商店街組合から、役員が計4名参加しました。

放射能除染の基本的な考え方や、除染の具体的な方法について説明を受け、商店街全体として行動を起こす勇気をいただきました。


6月8日(水)
パセオ通り表土除却前測定マップを作成。


6月22日(水)
パセオ通り放射能除染作業を実施。

Scan10001.jpg
[作業の様子]

商店主、店員、ボランティアなど、約60人が参加しました。

Scan10002.jpg
[説明を受ける参加者の皆さん]

Scan10003.jpg
[説明する主催者]

植樹帯の表土を10センチほど除去し、新しい土をかぶせ、ヒマワリの種4000粒をまきました。

Scan10004.jpg
[作業中!]

結果、表土の放射線量は、作業実施前の3分の1程度まで下がりました。

Scan10005.jpg
[テレビ局も取材に来ました]


今後の予定
7月 歩道・雨樋の除染(高圧水洗)
8月中旬 ヒマワリ除去後のセシウム測定
9月 菜の花の種植え


私たちは、安心して街なかを歩けるように、そして、街なかの賑わいを取り戻すために、福島市中心市街地の安全宣言を発信し続けます。

田中俊一先生の分かりやすい具体的ななお話により、私たちに行動指針ができました。この指針に基づき、パセオ商店街の多くの仲間が除染作業を行っています。

福島大学のタイムリーな企画(学習会)に感謝します。

コメント

わたしは、レジ袋有料化が大嫌いです。
本気で環境のことを考えるなら、
レジ袋有料化の前に駐車場有料化です。
また、無料駐車場には、課税強化の合わせ技。

みんな、高校生みたく、公共交通&自転車で市街地にやってきて、
歩いてお買いもの。
こんなパセオにしたいです。

  • 2011/06/29(水) 19:52:19 |
  • URL |
  • すずらん通り復活 #-
  • [ 編集 ]

パセオ通りにまた行きたい!

マー君、エッちゃん、頑張ってますね!
拍手送りましたよ!
近いうちにパセオ通りにいけそうです!
パセオ通りの歴史を知りました。
岡崎陶器店にもよりたいです。
応援しています。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
放射線ホルミシス第一人者・服部禎男先生と
アセンションのエハン・デラヴィさんの共同講演会の動画です。

「放射能とDNA」
放射線ホルミシスとDNAの修復能力について詳しく解説。放射能に不安を抱いてる人、疑問を感じてる人は必見です!めちゃおもしろい~♪
↓↓↓↓
http://www.ustream.tv/recorded/17862990

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

  • 2011/10/22(土) 20:24:05 |
  • URL |
  • nooboru #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://311gyosei.blog39.fc2.com/tb.php/155-fc3c191c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。