FC2ブログ

ガンバロウ福大!行政の「結」

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震に端を発する東日本大震災をきっかけに、福島大学行政政策学類の教員有志でブログを開始しました。福大行政に関わる情報共有・情報発信の場として、このブログが、読者のみなさんとわたしたちの、また、みなさん同士の結節点になれば嬉しいなと考えています。一緒に手を携えて、この難局を乗り切っていきましょう。     (2012年3月26日記)

「卒業生の今」Ⅲ~卒業生が聞いた「トラウマ・ケア」講演会

 昼の震災対策室から大黒です。こんにちは。
 今日は、大学院地域政策科学研究科の卒業生で、現在福島県庁に勤める立岩さんに記事を書いてもらいました。
 先日実施された、「トラウマ・ケア」講演会の報告とともに、
 これから公務員試験を受ける後輩に対してのメッセージも寄せていただいています。
 最後には、自治体職員のみなさんと自由に交流できる研究会のお知らせもあります
 …ぜひ最後まで読んでください!

************

行政政策学類の皆さんこんにちは。
今井ゼミの大学院修了生(2010年3月修了)の立岩信明です。

このほど6月1日に福島大学のM棟21教室で行われた、ベッセル・A・ヴァン・デ・コーク医学博士による、東日本大震災被災者へのトラウマ・ケアについての講演会に参加(仕事ではないので休みをとって参加です)しましたので、その時の様子をちょっと前半でご紹介し、後半で、福島で原発や風評被害といった複合的な災害が現在進行中である時に、これから公務員試験を受ける学類生の皆さんに対してメッセージを贈りたいと思います。

当日は、学類生や先生方のほか、福祉関係のお仕事の方、精神科医の方、あるいは子どもさんを持つ女性の方たちなど、さまざまな方々が参加されていました。
講演されたベッセル・A・ヴァン・デ・コーク医学博士(以下、博士)はボストン大学の医学部の教授です。今回の講演では、通訳の方を交えて約4時間の講演となりました。
(博士の講演内容の詳細については別途、ツイッターで講演要旨をまとめましたので興味のある方は、こちらをご覧いただければと思います。)

講演の中で印象に残ったのは、博士が今回の福島における状況について述べた点です。福島に関する情報や噂が乱れ飛んでいるため、地元の人々(もちろん福島大学の学生や教員が含まれます)がエキスパートになって、正しい情報を発信してほしいということをお話ししておられました。
また、地元である福島大学がそれらの情報を結集し、発信する基地になってほしい、とのメッセージがありました。
そういう意味では、博士の講演はトラウマ・ケアの知識だけではなく、福島県民に対するポジティブなメッセージを発信してくれたのだと私は解釈しました。

今回の講演会を通して、放射性物質への対応や、子どもたちをいかにして何十年後も安心して暮らしていけるようにするか、といった問題に対しては、実は福島県民の私たちが自ら体験し、考え、発信していくことが大切であると私は感じました。
福島県民が、自らに忍び寄る原発への不安と恐怖と闘いながら、いかにして未来を切り拓いていくか、が問われているような気がします。今回の講演会に集まった方々はきっとそれぞれそのヒントを持ちかえったのではないでしょうか。

さて、ここからは私からの行政政策学類生に対するメッセージです。

災害が未だ現在進行形の地域である福島県は、避難者の生活向上、復興に向けてのビジョン(原発の問題は難しいですが…)の創造、県民の生活の保障(健康面での安全)と補償(経済面での金銭)など、様々な課題に対する対応が同時進行で動いています。
福島県民は、行政機関(国や県や市町村ですね)に災害時の支援サービスを求める一方で、その行政機関が今回の災害で打撃を受け、通常通りに機能していないということにも目を向けていく必要があります。
今回のような大災害の時こそ行政が住民をあらゆる面からサポートすべきなのに、それがうまくなされていなかったとしたら、それは行政機能に問題があるからです。

行政政策学類に在籍されている皆さんは、将来自治体職員を目指していらっしゃるかもしれません。そして現に試験勉強をされている方も多数いらっしゃるのではないでしょうか。

公務員試験のパスは確かに職員として採用されるための必須条件ですが、十分条件ではありません。確かに、一般行政職の試験科目である憲法・民法・行政法・政治学・行政学・経済原論・財政学・数的推理・判断推理など(他に刑法・労働法等もか…)が大事であっても、それは試験をパスすればほとんど意味がなくなります。むしろ必要な知識は公務員になってから山ほど習得することになります。

大事なのは、今の行政(県庁や市役所や役場など)がどういう問題を抱え、それにどう対応して(あるいは対応できないで)いるのか、ということを自分なりにつぶさに観察していくことです。
観察眼と問題の分析とそれに対する解決策の構築は、自治体職員とってはとても重要な技術です。これらがなければ、「そういうことは法律に書いてないからできません」などと平気で言う駄目な公務員になります。

ぜひ、この今の福島の現状から、疑問や課題を感じ取り、自分の中で常に解決策を考えてみてください。無味乾燥な試験勉強に対するモチベーションも違ってくるでしょう。

最後にお知らせです。毎月、福島市内で開催されている「自治体政策研究会」という勉強会(飲み会も)のグループがあります。主な参加者は自治体職員や福大の行政政策学類の院生(地域政策科学研究科)や教員、たまに学類生です。私も欠かさず参加(飲み会も)しています。
6月10日金曜日の午後6時30分から、福島市内の「ウィズもとまち」にて今年度最初の研究会が開催されます。テーマは「私たちは何を経験しているのか」です。通常行われている勉強会ではなく、今回の震災に関する参加者同士の情報交換会となりますので、興味のある方はお気軽にご参加ください(事前予約は不要です)。
なお、7月8日の第122回研究会は6月10日の続きをする予定です。

*自治体政策研究会第121回「私たちは何を経験しているのか」*
(今回は東日本大震災に関する参加者同士の情報交換会です。)

日時 6月10日(金)午後6時30分から午後8時まで、その後懇親会あり(自由参加) 
場所 福島市本町2-6 「ウィズもとまち」 3F中会議室 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://311gyosei.blog39.fc2.com/tb.php/140-3db2eac7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)