FC2ブログ

ガンバロウ福大!行政の「結」

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震に端を発する東日本大震災をきっかけに、福島大学行政政策学類の教員有志でブログを開始しました。福大行政に関わる情報共有・情報発信の場として、このブログが、読者のみなさんとわたしたちの、また、みなさん同士の結節点になれば嬉しいなと考えています。一緒に手を携えて、この難局を乗り切っていきましょう。     (2012年3月26日記)

大学側との今後の協議について―院生・木村

 大学院地域政策科学研究科2年の木村義彦です。
 すでにお伝えしたように、5月10日に学長名で、「安全安心な学生生活の確保のための要望書への回答」という文書が届きました。

 この「回答」によれば、学生と大学側が話し合う正式な機会として、来る5月18日に「学生生活協議会」を開くとのことです。
 それに先立ち、急でしたが、先日5月13日に清水副学長や学生課の方々と、18日の協議進行についてなど、手短でしたがお話をしました。
 当日の学生生活協議会では、私たちの要望書に対する回答を聞く予定です。ですが、会議の時間が1時間半と決められてしまっているため、私たちのさまざまな要望のうちでも、授業料免除申請や休学手続きの期限に関する問題など、至急対応や救済が必要な事項を最優先に要望し、協議しなければならないと考えています。

 18日の協議で取り扱うことのできない議題についても、今後必ず取り上げます。もちろん私たちも学生全ての意見を聞く機会を持ったわけではありませんので、今後みなさんの意見を集めながら、協議を段階的に進めていきたいと思っています。18日の協議は、今後大学側と学生側とが協議をすすめるための体制づくりともいえます。

 大学のこれまでの対応やその大学側が依拠する基準について、学長から直接説明を聞きたい、もっと具体的に今後の取り組みについて知りたい、と思う方も多いでしょうし、直接、学長にもの申したい人も必ずいるはずです。
このような機会を開くことについても、清水副学長から前向きな姿勢を頂いておりますので、そうした機会は今後、要望がある限り何度でも開いていただきたいと思っております。

 大学の説明や見解を直接聞いたうえで、それを踏まえて、みなさんからの要望や意見を具体的に集約していきたいと思っています。今後、学類、サークル、寮など、分野を分けて皆さんの意見や要望を聞いていきたいと思いますので、ご協力をお願いいたします。

地域政策科学研究科院生自治会
執行委員長 木村義彦

コメント

大学になると、学生と大学が対等になるのですね~。高校までは、生徒会といっても先生がほとんど介入していましたが・・・。また、このような話題を取り上げるところが、「行政政策学類」らしいですね(笑)私たちの代表者である先輩方に、期待しています!!

  • 2011/05/16(月) 20:13:36 |
  • URL |
  • いっしー #-
  • [ 編集 ]

お疲れ様です木村さん。
福大生が福島の地で何の心配も無く充実した時間を過ごせる時が来るよう、頑張って行きましょう!!微力ながら協力できる事が有りましたら協力させて頂きます。
18日のご健闘【!?笑】を祈っています!!

  • 2011/05/17(火) 01:35:20 |
  • URL |
  • 手塚 #LAzWrhus
  • [ 編集 ]

ありがとうございます。
内部被爆も心配です。マスクや肌を出さないなど、学生自身も内部被爆を少しでも減らす心がけをして欲しい。マスクをしていない人のほうが少なくなるぐらいに、意識を変えてくれたらと思います。生協の食べものも、生協独自で安全を確認した食材を使って下さっていると、安心なのですが、どうなのでしょう・・?一つ一つ、不安が消えていくことを願っています。

  • 2011/05/17(火) 02:35:14 |
  • URL |
  • M #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://311gyosei.blog39.fc2.com/tb.php/118-7ede49c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)