FC2ブログ

ガンバロウ福大!行政の「結」

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震に端を発する東日本大震災をきっかけに、福島大学行政政策学類の教員有志でブログを開始しました。福大行政に関わる情報共有・情報発信の場として、このブログが、読者のみなさんとわたしたちの、また、みなさん同士の結節点になれば嬉しいなと考えています。一緒に手を携えて、この難局を乗り切っていきましょう。     (2012年3月26日記)

「少女C」の遠足―半田山と桑折の桃畑

 夜の震災対策室からぴたです。こんばんは(といっても今は朝6時30分過ぎですが、夜室だけにね)。
 ここ最近の(夜の)震災対策室は、より安全な大学再開のための準備に追われ、ブログも硬い記事ばかり載せてきました。大事なことではありますが、しかし、そればかりではストレスがたまってきますね~。
 ブログ記事、小説「ハードボイルド飯坂温泉」の続編も、まだ載せられていないし…

 かつては、震災直後の今より緊迫した状況のなかでも、ストレスがたまるとみんなで遠足に行っていました。
 部屋にこもる自分たちの息抜きとともに、この福島の「今」をもっと知って、その現状をみなさんにお伝えするためでした。
 昨日ひろやすは、一人で市内を散歩してきたようですが(ぴたも行きたかったなあ…)、夜室のメンバー全員でいった4月末の「遠足」については、まだみなさんに報告していなかったですね。

 夜室メンバー全員で桑折町の「こおり桃源郷」に行ってきました!
 今日は、(記録の意味も込めて)その時の様子をお伝えします。

 「福島の春は桃の花」

 …これは僕がいま作った言葉ですが(笑)、春の桑折町の桃畑は、実に美しい福島の景色のひとつです。

handayama.jpg

 すばらしい!
 ここから見る景色は、半田山をバックにした桃畑、西には吾妻山、ふもとには阿武隈川という絶景です。
 2005年農業センサスによれば、桑折町の桃の栽培面積は日本一(市町村別作付面積)、東京ドーム25個分120haもの畑一面に桃の花が咲き誇ります。まさに桃源郷。

 畑には小さな歩道が整備されており、咲き誇る桃の花を間近に見ることができます↓

momonohana.jpg

momonohana2.jpg

 一本一本の木に個性があり、夜の対策室メンバーそれぞれにもお気に入りの木ができました!

 桃の木は花を楽しむばかりではありません。もちろん。
 夏には毎年おいしい桃の実がなります。
 伊達・桑折の桃は、福島の主力品種である「あかつき」が多く、「伊達の密桃」「献上桃」として全国に出荷されます。
 わが福島大学の教職員・学生も、大学生協を通じて、実家に友人にと桃を送り、毎年、福島自慢をしています。
 わたしたちの自慢話のためにがんばってくれている姿がこれです↓

jyufun.jpg

 そう、受粉作業ですね。
 機械作業もされているようでしたが、画像のように、今でも、農家のみなさんが直接受粉作業をしているようです。
 去年のモモは本当においしかった…
 農家のみなさんとともに、私たちも今年の桃のことを心配しています…。

 それでは、皆さんの希望にこたえて、もっともっと桃の花に近寄ってみましょう。

momonohana3.jpg

 ぴたとしては、おいしい桃の花がピンク色なのがうれしい!
 ちなみに、桑折町観光協会のゆるキャラ「ホタピー」も、ピンクでモモな姿がかわいい↓
 
ほたぴー

 うーん、かわいいので、プラッチュ(「たかの由梨ビューティークリニックの従業員」…ブログ記事「教員研究室のドナルド」を見て!)と見合いでもさせようかなあ(笑)
 そして、なによりその名前のなかに「ぴた」の「ぴ」と「た」が隠れていてうれしい(こじつけ)!
 ホタピーのいろんな姿が見られるホタピーのこおりかんこう日記はおススメです。

 さて、最後に…
 何かが物足りないと思っていたら、あの時、阿武隈川の土手に立った時に感じた開放感がうまく伝わっていません。
 吹きわたる風と桃源郷、流れる川と吾妻山。
 最も伝わりそうな画像を探し出してみました↓

taisakushitsumember1.jpg

 桑折の圧倒的な自然に心を奪われている夜の震災対策室メンバーたち(ぴたはカメラマン)…。
 なにか浮遊しているようにもみえますが(笑)、ベンチに膝をつき少女のように無邪気な姿で千葉悦子先生も写っています。

 この遠足で夜の震災対策室メンバーすべてが癒されました…このことは、↓の画像がよく物語っています!

gorenjyaaa.jpg
(恥ずかしいので極小の写真にしました!)
 

コメント

千葉先生へ

授業も始まり、さらにお忙しくなりますね。
疲れを溜め込まないよう、息抜き、充分にしてください。
そして、いつかの約束の女子会もしましょう!
P.S.研究室の掃除を手伝おうかと思うのですが、先生のいらっしゃる時間が分かりません。ご連絡ください。

  • 2011/05/17(火) 09:56:41 |
  • URL |
  • ななみ #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://311gyosei.blog39.fc2.com/tb.php/116-ec61a25d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)