FC2ブログ

ガンバロウ福大!行政の「結」

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震に端を発する東日本大震災をきっかけに、福島大学行政政策学類の教員有志でブログを開始しました。福大行政に関わる情報共有・情報発信の場として、このブログが、読者のみなさんとわたしたちの、また、みなさん同士の結節点になれば嬉しいなと考えています。一緒に手を携えて、この難局を乗り切っていきましょう。     (2012年3月26日記)

「在学生の現在」ⅩⅠ~千葉大学生からの応援メッセージ…魚住ゼミから大黒ゼミのみなさんへ!

 昼の震災対策室から大黒です。
 僕の大学時代の親友が、千葉大学の法経学部で教えているのですが、二人が同時に1年生ゼミを担当するときは、夏休みを利用して合同ゼミを開いています。
 場所はいつも福島。
 安達太良山のふもとにあるコテージで一晩語り明かし、翌日は福島大の学生の家に千葉大の学生たちが泊まります(寝てはいないかもしれませんが…笑)。大学で討論もしますし、吾妻山登山や福島市荒井にある果樹園モモ狩り、映画上映会、料理作りなど楽しいイベントもあります。
 昨年の様子はブログでも報告しています(→大学のゼミ(演習)ってなあに?-千葉大との合同合宿)。
 昨年一緒に福島で合同ゼミを開いた千葉大のみなさんから、福島大生への応援メッセージが届きました!
 魚住ゼミに入ったことで、たまたま福島や福島大学との関係が生まれた千葉大生…今回のことがあっても、福島に無関心ではいられなかったのだと思います。
 彼らが、今回、私たちへの応援メッセージを寄せてくれました。
 学び、生きる場所は違っても、大学生というだけで生まれた関係。大事にしていきたいですね。
 大学生たちがつながって新しい動きも生まれています(たとえば、清水やきのり先生は革命家になれるか)。
 全国の大学生・ゼミからの応援メッセージや、「一緒にこんなことやりません?」提案もお待ちしています!
 では、ひとりひとりからのメッセージです!みんなありがとう。だ

-------------

元気です。
なんやかんやあったけどみんな生きてます、いいことです。
この生きているという幸運を大切にして行きたいと思います。

世界は変わりました、これから我々の時代です。

奥井

chibadai1.png

--------------------

こんにちは。魚住ゼミの木下です。
チャリ成分が高かった俺です。
震災当日、俺はチャリ旅で鹿児島にいて直接の被害も受けておらず無事でした。

ニュースや東北に住んでいる知り合いからの話を聞いて、大黒ゼミのみなさまの
ことがとても心配でした。
幸いにも身体だけは無事だということで本当によかったです。
自分にはみなさまの気持ちを察することしかできないわけで、どういう言葉をか
ければいいのかは、はっきりいって思い浮かびません。
この状況で暮らすことを悲観的にとらえている方もいれば、逆にポジティブに考
えている方もいるだろうと思うわけです。

3月11日以前と以後では世の中の価値観が大きく変わってしまいましたが、自分
らには自分らの生活があるわけで、今はとりあえず、俺は俺の大学生活を全力で
楽しめばいいのかなと思っている次第です。一方的に俺のことを書いてますが、
みなさまもそれぞれ思うところがあるわけで一面的に綴るのは難しいのでお許し
ください。

最後に俺の好きなキャッチコピーを付け加えさせてもらいます。
本来なら3月12日の新聞の一面を飾るはずだった九州新幹線全線開通のCMから、
「未来は明るいに決まってる」

またそのうちお会いしましょう!

---------------------------------------------------------------------
お久しぶりです!
黒ヤギならぬ(大黒だけに)あおやぎです。
そうです。あのちっこい人です。
皆さんと過ごしたあの3日間、とても熱かったです。
ほんとに気付かないような小さな事柄でも、自分にとってプラスなことばかりの
日々でした。
そんな合宿が終わったさみしさからなのか、わたし、帰ってからじんましんが出
ました(切実
今は、いろんな悩み、葛藤、怒りなどさまざまな感情が湧きあがってくるかもし
れません。
しかし、何があっても、どんなことがあろうと、
僕たち魚住ゼミは皆さんの味方であります。
いや、たとえみんなが「もういいよ」って言ってわたしは味方ですよ(`・ω・’)
(キリッ
そうですね。
また、みんなが笑顔で再会できることを祈りつつ。

------------------------------------------------------------------------
福島大のみなさんへ!

お久しぶりです。
今回の地震では大変な思いをされていることと思います。
一日も早く東北が復興し、元通りの生活が出来ることを祈っています。
遠くからですが応援しています。
また千葉に遊びに来て下さい!
福島にもまた行きたいです。

秋澤

chibadai2.png

------------------------------------------------------------------------
大黒ゼミの皆さん、お久しぶりです。野田 莉世(だり)です。

あっきー達とディズニーシーに行ったり、みんなと山に登ったりしたのがなんだ
かすごく昔に感じます。あの時は初めて会ったにも関わらず、いろんな話もでき
たしすごく楽しかったです。ありがとうございました。

あれから1年たたないうちにたくさんのことが起こって、大きく状況は変わって
しまいました。今、大黒ゼミのみんなの元気は福島にとってすごく大事なものだ
と思います。大変なこともあると思うけど、体に気をつけてお互い頑張っていき
ましょう!!

またぜひ一緒に合宿などしましょう!!!今度は千葉にも来て下さいね!

------------------------------------------------------------------------
お久しぶりです。

私は最近、気づいたことがあるんです。
それは音楽のすばらしさがわかるようになったことです。
同じことばなんだけども、深さがちがうなっておもったんです。

だからきっと今のみんなの気持ちに近くて、力になってくれる音楽があると思い
ます。
そんな一曲を見つけてもらえたらなぁ、なんて。

……実は
今文章書いてるときにもまた余震がありました。

変な言い方だけども、
みんなは一人じゃないと思うんです。
みんな同じ空の下です
どっかで聞いたことあったような…。

また会いましょう、
近々、きっと会いましょう。

楽しみにしています!
ではまた!

小暮雪乃
------------------------------------------------------------------------
大黒ゼミのみなさんこんにちは、山田文香です(^^)
昨年の夏の合宿には参加できなかったのですが、
一緒にDisneyに行ったことはとても楽しい思い出です。

この度の東日本大震災で福島のみなさんは大きな被害を受けられたと思います。
地震や津波だけでなく、福島には原発の問題もありますね。
連日の報道を見て、被災地の悲惨さには本当に心が痛みます。
復興への道のりはずいぶん長いようです。

これからの福島を担っていくみなさんには、本当に頑張ってもらいたいです。
わたしは実際に被災地に行ってないですし、そんなわたしが
「頑張れ」という言葉を送っても、うわべだけな感じがするかもしれません。
でも、本当に頑張ってもらいたいので「頑張れ」と言わせてください。
実際に被害にあわれたみなさんだからこそ出来ることがあると思います。

また、必要な物資等お手伝いできることがあったら
ぜひおっしゃってくださいね。わたしも出来ることは少ないですが、
一人の消費者としてできることをしていくつもりです。

山田文香

chibadai3.png

------------------------------------------------------------------------
「またみんなで飲んで歌おう!」

小池哲司

------------------------------------------------------------------------
お久しぶりです。

本当にすごい地震でしたね。
千葉にいた自分達ですら相当な揺れを感じたので、
福島のみなさんはなおさらのことだと思います。

正直自分は山口出身なので、
あんまり地震というものについて真剣に考えたことがありませんでした。
今回も、最初はすごい揺れだったなーとびっくりした程度でした。

でも福島に住んでいるみなさんには
近くに家族が住んでいたり、親戚の家があったりするんだと思います。
正直それって大きいですよね。

自分のことなんて、どうにでもなると思います。
でも家族や友達など、大切な人のことを考えると本当に胸が痛みますよね。
僕らもそんな気持ちです。

たった3日間だけど、同じ大学生同士、
魚住先生と大黒先生も見ての通りの仲良しっぷり。笑

きっと何かの縁があるのだと思います。
僕たちはみんな仲間です。
何かあったら気軽に声をかけてください!

また遊びましょう!
一刻も早い復興を願っています。

福岡慎也

コメント

千葉大学の皆さん、コメントありがとうございます。

正直、この記事って、去年の1年大黒ゼミ生(特に千葉大班)しか理解ができない部分があると思います。『誰だよ、こいつら』ってなっちゃうかもしれない。

でもこういう状況下で、お互いに心配し合える繋がりを持っている、まだ繋がっていることって素晴らしいことではないでしょうか。
去年のゼミ合宿に成果があったというものです。
僕はとても嬉しいです。

僕はこういう仲間を作れることが“行政政策学類”の特色なんじゃないかと思います。それはとても力強いです。

あと、てつしくんが無駄にかっこいいと思いました。

  • 2011/05/15(日) 12:43:34 |
  • URL |
  • たかはた #TY.N/4k.
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://311gyosei.blog39.fc2.com/tb.php/113-599db636
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)