FC2ブログ

ガンバロウ福大!行政の「結」

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震に端を発する東日本大震災をきっかけに、福島大学行政政策学類の教員有志でブログを開始しました。福大行政に関わる情報共有・情報発信の場として、このブログが、読者のみなさんとわたしたちの、また、みなさん同士の結節点になれば嬉しいなと考えています。一緒に手を携えて、この難局を乗り切っていきましょう。     (2012年3月26日記)

震災対策室の取り組み⑥―ご家族のみなさまへ:「緊急時学生情報カード」の作成

「緊急時学生情報カード」の作成

5月11日
行政政策学類震災対策・復興支援室


 新入生を迎える会が終わり、明日から授業が始まることになっています。

 今後も大きな余震の可能性があるばかりでなく、原発事故収束への道筋が不透明ななかでの授業開始となり、不安に思っているご家族の方も多いかもしれません。

 行政政策学類震災対策・復興支援室では、大学HPで報告される全体での取り組みに加え、これまで「震災対策室の取り組み」でお伝えしてきたように、地震や原発事故状況の変化、緊急時の政府や自治体の指示等に備え、学類独自の危機対応策を検討・実施してきました。

 授業開始に先立っては、5月5日に、「授業開始にあたって(災害に備えてご家族で事前に準備いただきたいこと)」という記事で、「家族会議」を開いて、①非常時持ち出し品の準備、②室内の安全点検、③いざという時の連絡方法、避難場所の確認を行っていただくよう、お願いしています(もうお済みですか?)。

 現在、授業開始直後の取り組みとして、教員と学生との間の連絡網の構築を目指して、「緊急時学生情報カード」の作成を進めています。これは、学類の取り組みの根幹をなすもので、緊急時に、<学類震災対策室><教員><学生本人><ご家族>の間で、迅速に情報伝達と意思疎通ができる体制を整えるものです。

 今後2週間以内に、各ゼミ教員が担当学生の携帯電話情報(電話番号とメールアドレス)ばかりでなく、住所や居住形態(一人暮らし、寮、実家など)、通学時の交通手段や所要時間、さらには、緊急時連絡先としてご家族のみなさんの連絡先も把握します。その情報をもとに、各教員は担当学生全てを網羅するメーリングリストを作成し、全ての情報を震災対策室で一括管理することで、いざという時には直ちに、学生本人・ご家族との間で連絡が取れるようになります。(さらに、ご家族のみなさんがお子さんに、ゼミ担当教員の名前と連絡先を確認すれば、この連絡網は完成します!)

 また「緊急時学生情報カード」の作成で得た情報を分析し、これまで構築してきた緊急時の食糧等の備蓄計画やいざという時の避難計画を、授業開始後の実態に合わせて改定を進めることとなっています。

 今後2週間のゼミでは、この「緊急時学生情報カード」の作成に加え、①配布済みの「地震発生時の初動マニュアル」「放射線対応マニュアル」の解説や、②「福島防災マップ」、「放射線対策の基本」に関する補足資料の配布、③ゼミ運営の進め方や、実習・課外活動のあり方などについての意見交換が行われます。その結果については、今後の大学・学類の震災対策やリスク管理の方策に反映させていく予定です。

****

本日、授業開始直前の教員懇談会(ガイダンス)で以上のことを確認しました。

kyoinkondankai.jpg

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://311gyosei.blog39.fc2.com/tb.php/112-7c23fc44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)