FC2ブログ

ガンバロウ福大!行政の「結」

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震に端を発する東日本大震災をきっかけに、福島大学行政政策学類の教員有志でブログを開始しました。福大行政に関わる情報共有・情報発信の場として、このブログが、読者のみなさんとわたしたちの、また、みなさん同士の結節点になれば嬉しいなと考えています。一緒に手を携えて、この難局を乗り切っていきましょう。     (2012年3月26日記)

「在学生の今」Ⅹ~今やるべきことと不安に思うこと…金井専門演習3年

 こんばんは。夜の震災対策室よりぴたです。
 9日の入学式当日の様子など、いろいろな事情でこちらに来られなかった学生さんやご家族の方は、気にされていることと思います。
 入学式当日の様子については、近く記事を出しますので、今しばらくお待ちください。
 大学入学後最初の最も重大な選択=教養演習選択(教養演習については こちら)の現場で、220人もの新入生を前に自ら手を挙げて大スピーチした1年生が2人もいたという話…頼もしいですね~。さすが行政政策学類の学生さんです。
 さて、今日の「在学生の現在」では、金井専門演習3年に書いてもらいました。
「今やるべきこと」と「不安に思っていること」という、今の福大生の直面する状況が読み取れます。
 多くの人に、私たちの置かれている複雑で困難な状況を少しでも感じてもらえるのではないかと、うれしくなりました。
 (アップするのが遅れてしまいました、ごめんね、手塚くん)

*****

最近CMでよく「絆」という字を目にします。
キズを治す為のバンソーコーは「絆創膏」と書きますよね?
震災で受けた心のキズが治るまでは、みんなの絆で心のキズをカバーしましょう。
と、叫びながら【うそ】某ドラッグストアで絆創膏を売りさばいている、行政政策学類3年で金井専門演習所属の手塚博之と申します。はい。
いきなりわけのわからない事書いてすいませんでした。

簡単に大学での自分を紹介をさせて頂きますと、2010年度のシニターをやっていました。
このブログは新入生の方も見られているという事なので、まず「シニター」とは何かを説明させて頂きます。

シニターとは、新入生が陥りがちな大学での単位取得に関する疑問や、友達できるかな……といった不安を解消する為に、様々な楽しい企画や丁寧なガイダンスを行う、行政だけの学生団体のようなものです。

新入生の皆さんは大学生活について何も心配いりませんよ!!楽し~い仲間が~ぽぽぽぽ~んとできるはずです!!はい。重ね重ね変な事書いて申し訳ありません。
とにかく、安心して福大行政に来てくださいね^^

さて、3月11日に発生した東日本大震災から、もうすぐ2ヶ月が経過しようとしていますね。

私は一度実家の有る山形県に帰省避難し、
4月末に福島に戻ってからは、先日大黒先生が書かれていた記事にも有りましたが、福島県飯舘村にデータ入力のお手伝いをしに行きました。

飯舘村は、全国から村興しの参考にされる存在であり、更にNPO法人「日本で最も美しい村」連合によって、文字通り「最も美しい村」にも選ばれた村の1つです。
私は今年2月に飯舘村で開催された「地域振興フォーラム」というものに参加させて頂いた際に初めて飯館村にお邪魔したのですが、
その際飯舘牛などの「食」の素晴らしさだけでなく、住民の方や役場の方の、村興しや子供を育てる環境整備などへの意識の高さに驚きました。
学の足りない私個人の印象なので大幅にズレた物かもしれませんが、住民と役場が一体となって一生懸命村を発展させようとしているのが「福島県飯舘村」なのだと感じました。

そしてだからこそ、
今回の震災で飯舘村が様々な被害を受けている事が残念でなりません。
震災ボランティアとしてお邪魔した今回の飯舘村は、前回行った飯舘村とは別の村のように感じました。
それは、建物などが目に見える形で被害を受けているという事だけでは有りません。
報道などで目にしたり耳にしたりする村民のみなさんの声は、村の未来をより良くしようとする気持ちが感じられた震災以前の力強い言葉ではなく、村の未来を絶望視するような、そんな言葉でした。
まるで、何十年もかけて役場と住民の方々が作り上げてきた村での生活やブランド価値のような目に見えない物が、丸ごと倒壊してしまったかのようでした。

未曾有の被害をもたらした今回の震災で失われたものは、その規模を把握する事すら困難なものかと思います。

GWに全国から大勢のボランティアの方が来てくださったと報道されていましたが、やはり遠方からの方は長期滞在が難しいという事も有り、作業が中途半端な状態で終了される事態が多かったそうです。

福島で大学生をやっている私達は、一体どうあるべきなのでしょうか。

私はこれからも機会が有ればボランティア活動に参加させて頂きたいと考えていますが、
正直なところ就職活動への影響などの不安を抱えています。
私だけでなく、風評被害が企業の採用活動にまで影響を及ぼすのではないかと、心配されている方も少なくないのではないでしょうか。
【採用活動にそのような偏見を持って臨む無知な企業に将来が有るのかどうかは別ですが…】


まずは大学生としてやらなければならない勉強や活動、そして遊び(笑)に、精一杯取り組む事から再スタートするべきなのかもしれませんね。

福島大学生であると胸を張って言う事ができる日が来るよう、くじけずに頑張って行きましょう!!

まだまだ地震や津波の爪痕も癒える事はないでしょうし、原発も依然として不安な状態ですが、
笑顔で皆さんと会える日が来るのを楽しみにしています。


なんだかまとまりの無い文章を長々と書いてしまいましたが、私の言葉は以上です。ありがとうございました。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://311gyosei.blog39.fc2.com/tb.php/111-203c52c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)