FC2ブログ

ガンバロウ福大!行政の「結」

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震に端を発する東日本大震災をきっかけに、福島大学行政政策学類の教員有志でブログを開始しました。福大行政に関わる情報共有・情報発信の場として、このブログが、読者のみなさんとわたしたちの、また、みなさん同士の結節点になれば嬉しいなと考えています。一緒に手を携えて、この難局を乗り切っていきましょう。     (2012年3月26日記)

やきのりは夜の使命を果たせたのか?

こんばんは、夜の震災対策室から、オレンジ・やきのりです。

このブログでもピたさんが告知してくれましたが、5月5日に、「福島を想う」プロジェクトのイベントにコメンテーターとして参加してきました。

talk1.jpg

僕のところに説明に来てくれた安斎さん、プロジェクト代表の堀内さん、会場garageのjayjayさんをはじめとした、数多くのスタッフの皆さんと、会場に足を運んでくださった皆さん、USTで視聴してくださった皆さん、スピーカーの皆さんの支えがあって、僕も気持ち良く発言することができました。本当にありがとう、そしてこれからもよろしくお願いします。


当日の様子は、葵寮ブログさんでも紹介されていますが、本ブログでも、参加者であるDゼミの学生さんが、記事をアップしてくれることになりました。

その記事を手掛かりに、やきのりは使命を果たせたのか、皆さんで評価してみてください(苦笑)。

では、さっそくですが、お願いします!


*******

2011年の5月5日に行われた「『福島を想う』プロジェクトpresents-私たちの小さな革命-~福島のこれからを考える若者たちvol.1~」に行ってきました。

レポーターを務めますのは、行政4年のDゼミの学生です。

これからこのイベントのレポをしていくのですが、すでに、スピーカーの一人として参加された「葵寮ブログ」のマキコさんが、記事をUPしてくださっているので、まずは、そちらをご覧になるといいと思います!

talk3.jpg

そこには、いろいろと考えさせられる文章が綴られているのですが、なかでも、その記事にある、「発信すること、共有することから生まれるものも知りました」という言葉が、今回のイベントの意義を集約しているのではないのかと、参加した一人として思います。


…と、これでは、早々とイベントレポが終了してしまいそうですね(すみません;)。

けれども、それではあまりにもなんなので、ステキな写真もいただいたことですし(「福LOVE」のS.Sさんありがとう!)、一般参加した一個人の目線からレポしていきます!そして、あわよくば、上記のマキコさんの言葉の表すものが、少しでも伝わったらいいなと思います。


このイベントが行われたのは、福島は中央通りの一角にある「garage」という、ソファーに座って音楽や飲食が楽しめるところで、ひげが素敵なしぶいマスター(jayjayさん)や素敵な内装など、全体的に雰囲気のある空間でした。

時間ギリギリで会場に入ると、30名ぐらいの人がいて、20代30代の方が多かったのですが、男女は半々ぐらいでした(主催者様のブログによると、「来場者数は36名、USTアクセスは280件」)。

そして、適当についた席は、3~4人ぐらいで座れるソファにひとつのテーブルがあるのですが、その上にあったのは、ボールペンとカントリー○ーム、そして…

…前福島県知事の著書『知事抹殺』が置かれていました(!)

いろんな意味でドキドキして周りのテーブルみてみると、『CJ福島5月号』や『寺門興隆5月号』など、震災後に発行されたさまざまな専門雑誌があって、これらは主催者さまの粋な演出だとわかりました。勝手な解釈ですが、「『フクシマ』の抱える課題を多角的な視点から考えていこうよ」という主催者さまの想いが伝わってきました。


そして!

いよいよイベントスタートです。


talk2.jpg

二部構成になっていて、第一部は、コメンテーターと福島にゆかりのある5名の「若者」とのセッションです。そのコメンテーターとは、行政ブログでおなじみのわれらが清水晶紀先生(31←ココ重要byぴた)です!

スピーカーの皆さんは…

①浪江出身で現在千葉に避難中の女性。心打つ歌声と熱い言葉に背中を押されます。

②われらがマキコさん。「3・11」以降の寮での働き、葵寮ブログからの発信、これからの教育や大学のあり方への発言など、その行動力とそれを裏付ける真摯な思いに、私も刺激を受けています(進行形で)。そして、学長メッセや学生要望書など、リアルタイムな福大事情にも言及してくれました^^。

③二本松市に住む福大人間発達文化学類の女性。ご家族との避難の経験から、私たち「大人」が子どもたちにできることについて。「震災・津波・原発に一番傷ついた/傷ついているのは子どもたち」という言葉が印象的でした。

④医療放射線技師で妊婦のパートナーがいる男性。プロジェクト代表(堀内さん)のコメントの「わたしたちは放射線と付き合っていかねばなりません。だからこそ情報の提供者への信頼がなければ」という言葉が印象的でした。

⑤東京の法科大学院に通う男性。これからの「若者」の政治参加について。巻原発@新潟、要チェックや!(by清水先生)


eddie.jpg

nonko2.jpg

二部では、二人の歌い手さん(Eddieさんとnoncoさん)が、あったかくて力強い歌声とメッセージを伝えてくれました。想いのこもった音楽は、その想いに共感する人々に、「ひとりじゃないんだ」という一体感と癒しを与えてくれるのかなと思いました。


そして、清水先生の最後のメッセージにあった、
「人間は『自由』だ。もちろん『何もしない自由』も人間ひとりひとりにある。けれども、それは脈々と受け継がれてきた今までの世代からの恩恵にあずかっているだけである。では、次の世代、次の次の世代への責任から目を背けるという『何もしない』という選択肢はあるのだろうか」
という問いかけも、ぐるぐると脳みそをかけめぐるものになりました。


実際に参加してみて思ったことは、同じ空間で生活している人々の間でもひとりひとりの考えが異なる課題については、結論がでないとしても、でないからこそ、「市民(政治参加の主体者的な意味で)」が集まって意見を共有する、今回のイベントのような場が必要であると思いました。

私事なのですが、私は、震災がおきてから、自宅退避もあって一人で悶々と考えるようになり(もちろんその時間は大切ですが)、頭の中がぐちゃぐちゃになって、問題から目を背けて思考停止し、現実逃避した時期がありました。震災前は「どんな社会の問題についても思考停止はいかん」と思っていたくせに、実際に自分がそうなると何もできなくて、「口だけ人間」な自分を恥じました。

なので、なおさら、みんなで意見を共有し考える場の必要性を感じます。


そこで(というのもなんですが)、最後に、みなさんに紹介したい「場」があります。

それは、ご存じの方もおられると思いますが、「てつがくカフェ@ふくしま」というものです。そして、次回、5/21に行われるテーマは「いま、〈ふくしま〉で哲学するとは?」です。まさに、ですよね。私はとても楽しみにしています。

以上、「発信すること、共有することから生まれるもの」について考えさせられたイベントのレポでした。私見満載で失礼しました!


*******


(最後にちょっとだけ自己評価)

僕も、今回のイベントのキーワードは「情報の共有」だと思っていたので、その観点から、スピーカーの「情報」「ホンネ」を引き出せるような発言を心がけました。

また、自由な意見交換の中で情報を共有する過程においてこそ、自分自身も含め、各参加者にとってのあるべき方向性が見えてくると思っていたので、異なる意見を持っている人の意見にもしっかりと耳を傾けるようと心がけましたし、自分の意見に近い人の意見にも批判的に耳を傾けるようにしていました。

各スピーカーの皆さんに共通していたのも、やはり、「同じ目線での情報のシェア」への強い気持ちだったと思います。


とはいえ、結局、僕は革命家になるどころか、「小さな革命家」の皆さんに学ぶことばかりで、全くと言ってよいほどお役に立てませんでした(苦笑)。

震災対策室で僕の経験してきたことが、福島を想い、福島のために行動したいと考えている皆さんにとって、少しでも役に立てばよいなと思っていましたが…

「思い上がりも甚だしい!」(by室長)

本当にスミマセン…orz

「バスケットマンにはまず基本が大事なんだ!!」(byピた)

えっ?ゴリ???とうとうピたさんもスラムダンクフリークに(笑)???


それでも、少しでも「小さな革命家」の「想い」を、会場の皆さんやUSTREAMで視聴してくださった皆さんシェアするお手伝いができていたら、「革命家」にはなれなくても、「革命家のトモダチ」くらいにはなれたのではないかと、勝手に思っています(笑)。

どうでしょう、室長、ピたさん、そしてみなさん…?

コメント

お疲れ様でした

やきのりさん、マキコさん、Nさん、先日はお疲れ様でしたー!
今回、大小それぞれのウェーブが合わさって大きなウェーブとなり、とても素敵でした。
これからも頑張っていきましょう!

  • 2011/05/10(火) 22:30:42 |
  • URL |
  • そう #6urEx/7U
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://311gyosei.blog39.fc2.com/tb.php/106-ed28c7f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)