ガンバロウ福大!行政の「結」

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震に端を発する東日本大震災をきっかけに、福島大学行政政策学類の教員有志でブログを開始しました。福大行政に関わる情報共有・情報発信の場として、このブログが、読者のみなさんとわたしたちの、また、みなさん同士の結節点になれば嬉しいなと考えています。一緒に手を携えて、この難局を乗り切っていきましょう。     (2012年3月26日記)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

警戒区域内の文化財を守る~地域文化講座・歴史系ゼミの活動

夕方の震災対策室かこんばんは、しみず@ブログ庶務担当です。

今日は、歴史系ゼミの学生さんたちが取り組んでいる活動を紹介したいと思います。活動の内容は、教員を代表して菊地さんが紹介してくれており、実際の活動については、学生さんが体験談を寄せてくれています。

それでは、菊地さん、よろしくお願いします!


*******

 行政政策学類教員の菊地芳朗です。このブログに文章を寄せるのは、じつに約1年8か月ぶりになります。
このかん自分が何をしていたか、もはや思い出せないところもありますが、大きな活動の一つに「文化財レスキュー」があります。これについては、本学類の阿部浩一先生や徳竹剛先生がこのブログに紹介記事を書いていますので、ぜひお読みください。私も微力ながら彼らとともにこの活動に関わってきました。
これに関わる現在の大きな課題の一つとして、原発事故警戒区域内にある博物館や個人宅に取り残されてきた文化財(歴史・考古・民俗・美術・自然史などの資料)の救出と保管という問題があります。生命や財産の“維持”が優先されるべき状況のなか、簡単にはいかない問題ですが、長い目で見れば、これらを保全することは私たちのアイデンティティーを確認するための重要な活動になるものと確信しています。
そのような考えのもと、県内でこれまで「ふくしま史料ネット」が先駆的な活動を行ってきたところですが、それに加え、先ごろ福島県の自治体関係者が中心となって「福島県被災文化財等救援本部」という組織が立ち上がり、福島大学もその幹事の一つとして加わり、活動を始めています。
そして、さる10月、この組織が共同し、警戒区域内の文化財を外部に運び出す作業を行いました。さまざまな事情から、福島大学のメンバーは警戒区域内での作業には従事せず、運び出されてきた文化財を仮保管場所で受け取り、仮置きする作業に携わりました。これにあたり、行政政策学類の学生にもボランティアとして参加してもらいました。
以下、学生の参加体験文を紹介します。その場の雰囲気を感じていただければ幸いです。なお、おもに防犯上の観点から、保管場所の詳細は伏せますのでご了承ください。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

皆さんこんにちは。私たちは福島大学行政政策学類・社会と文化専攻の考古学・文化史・地域史のゼミ生です。
今日は、原発事故の警戒区域の文化財のレスキュー活動について報告させていただきます。文化財レスキューとは、震災等の自然災害の被害を受けた歴史資料全般の保護、管理を目的とした活動のことです。
警戒区域内の文化財は、震災と原発事故により適切な保管環境を維持することが困難になってしまったため、放射線量を測定し安全を確認した上で、警戒区域外の一時保管場所に移すこととなりました。私たちは菊地・阿部・徳竹先生、博物館実習の受講生の仲間とともにボランティアとして参加しました。
作業はまず、あとから搬入される文化財を置くスペースを作るための片づけに始まり、続いて、すでに運び込まれた番号のついた文化財の中身がわかるよう、シールを貼りました。シールには箱の中身の写真と箱の番号が書かれており、文化財を整理するためには重要なものです。文化財が入っている箱は大量にあり、手元のシール番号とあわせるのが大変でした。

DSCF1618(16%)

DSCF1649(20%)

DSCF1647(20%)


警戒区域から運び出された資料が、一時保管場所に搬入されてきました。今回は警戒区域のうち3つの地域(大熊町、富岡町、双葉町)からトラック3台分、大型車1台分の文化財が運びこまれました。

DSCF1690(20%)


文化財を搬入する前に、箱に書かれている番号を読み上げてチェックし、ノートに記録していきました。この作業は、その後の文化財整理を円滑に行うために重要なものです。当日は風が強く、とても寒い中での作業となりました。

DSCF1895(20%)


建物の中に運びこまれた文化財は、バケツリレー方式で所定の位置に運ばれました。貴重な文化財を落とさないようにお互いに声を掛け合うなど、細心の注意を払い作業を行いました。中には重いものもあり、二人以上で運ばなければならないものもありました。

DSCF1796(16%)

DSCF1726(20%)

DSCF1900(16%)


警戒区域内から運びだせていない文化財はまだたくさん残っています。また、すでに運び込まれた文化財の保管場所は一時的なものであり、さらに設備の整った施設へ移動させる必要があります。文化財レスキューはまだ続くので、私たちも継続して参加していきたいと思います。

スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。