FC2ブログ

ガンバロウ福大!行政の「結」

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震に端を発する東日本大震災をきっかけに、福島大学行政政策学類の教員有志でブログを開始しました。福大行政に関わる情報共有・情報発信の場として、このブログが、読者のみなさんとわたしたちの、また、みなさん同士の結節点になれば嬉しいなと考えています。一緒に手を携えて、この難局を乗り切っていきましょう。     (2012年3月26日記)

連続公開講座「ジャーナリストが見た東日本大震災」(全6回)のおしらせ

昼の震災対策室より、大変お久しぶりの登場です。しみず@ブログ庶務担当です。
現在、大学はテスト期間に入っており、学生のみなさんはテスト勉強、教員はテスト作成と採点に追われています。そういう状況で、またもブログの更新が…(見苦しい言い訳)。僕も、あたためているネタがあるのですが、ブログに掲載できる文章にするのに手間取っています(汗)。

さて、そんなところに、大学院東京サテライト担当の今井さんから、「連続公開講座のお知らせ」が舞い込んで来ました。「ジャーナリストが見た東日本大震災」という題目で、日本を代表するトップ・ジャーナリストの方々が、「東日本大震災」について多面的な角度から講義を展開してくださるそうです。

今日から申し込み開始とのことですので、ご興味のある方は奮ってお申し込みください。

では、今井さん、よろしくお願いします!

*******

立教大学に開設した福島大学大学院地域政策科学研究科「東京サテライト@立教」では、10月から来年1月にかけて、連続公開講座「ジャーナリストが見た東日本大震災」を開催します。

詳しくはこちらをご覧ください(PDFファイル)。

なお東京サテライト@立教についてはこちらをご覧ください(行政政策学類ホームページ)。
スポンサーサイト